WordPressの記事をコピペされないようにするプラグインの導入方法

WordPress
スポンサーリンク



まとめサイトにコピペされた

wordpressで作成した趣味のブログを始めてから、1年くらいが経過したある日の出来事である。まとめブログを作成している人間が、私のブログをコピペして、自分の記事のように投稿していたのをtwitterで見つけてしまった。

んん?(ー_ー)!!このタイトルどこかで見覚えが・・・ブログを覗いてみると私が書いた記事じゃないか!誰だこのまとめサイトを運営しているのは?

私のブログは主にアニメの感想やプリキュアつながるぱずるんの攻略などを書いている。たまに出かけたことや出来事などを書いたりもしているが、プリキュアや仮面ライダーを検索しなければほとんどの人はたどり着くことはない。

コピーされた記事は「プリキュアつながるぱずるん」の攻略記事とプリキュアのカードの能力だった。能力や画像は共通なので使ってもいいが、記事も全部一緒なのはあまりいい気分ではない。しかも仮面ライダーの感想などもいくつかコピペされていました。

なんだコイツ!私がゲームを進めて遊んで調べた能力を全部丸写しして自分の記事にするなんて、宿題忘れたから見せてと言ってる小学生のような人間だ。自分で努力しないで力を借りようとするナマケモノですね。

そこでコピー防止するための対策はできないかとインターネットで検索を始めて、見つけたプラグインが「WP-Copyright-Protection」である。これをインストールすることでコピーされるのを防ぐことができるのです。導入方法とその効果がどんなものかを書いていきます。

導入方法

プラグイン
  1. プラグインの「新規追加」を選ぶ。
  2. キーワードで「WP-Copyright-Protection」と入力する。
  3. インストールを選ぶ。
  4. 有効化を選ぶ。
WordPress

似たようなのが検索でヒットして、混乱するかもしれませんが、丸のリングが数個あるのが「WP-Copyright-Protection」です。これを最初からインストールしておけばよかったですね。他のプラグインと同様に設定の蘭に「WP-Copyright-Protection」と表示されます。

有効化の効果

右クリック

「WP-Copyright-Protection」が有効になっているかどうか確認するには、自分のブログをPCで開いてマウスの右クリックを押してください。本来ならこのように画面が出てきますが、有効になっていると出てきません。スマホの場合だとタップしても画像の保存と文字をコピーしたりなどできなくなります。

異常で「WP-Copyright-Protection」の導入方法の説明を終わります。みんなできたかな?これでまとめサイトをやってる人間共にコピーされなくて済みます。今までコピペしてきた人は急にコピーできなくなったら困っていることでしょう。自分の言葉で書きましょうね。

まとめサイトやコピペブログをしている人には、自分からコメントしたりしないようにしましょう。アドレスを悪用されたりするかもしれませんからね。どうしても気にくわない人は「コピペしてるよ!」っとGoogleに通報しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください