3年A組6話感想「犯人は魁皇高校教師?水越が水泳部を辞めた理由」

3年A組
スポンサーリンク



景山のフェイク動画を加工したのはベルムズ。諏訪の協力で、喜志のフェイク動画の顧客リストを入手した柊。景山を追い込んだのは魁皇高校の教師だとマインドボイスに投稿した。第2幕のスタートとなる。

ヒーロー編開幕!

3年A組

「これから信じる信じないゲームをはじめよう!」柊がメガネをかけている時は信じて、外している時は信じないってゲームのようだ。テーマは「上辺だけで見ないで、本質から目を背けない。」

生徒にシャワーやスマホの操作など許可を出したが、結城美咲がマインドボイスに画像を投稿してしまった。フォロワーを増やすためにやったみたいだが、何故フォロワー増やすために画像投稿したりするのか?何が楽しいの?鞄と携帯電話を再び没収する。

柊は学校の教師に電話をかけて、ベルムズに景山のフェイク動画を依頼した人がいるので、夜8時まで名乗り出るように課題を与えた。結城は鞄を持って行くふりをして自分のスマホだけを取っていた。

3年A組

誰が景山を追い詰めたのか?クラスで茅野が司会となり話し合いを始めるが、例えが全然意味分からなくてツッコまれた。奴隷扱いとしてやらされてるのかと心配した宇佐美は諏訪に尋ねた。茅野は自分から進んで司会をやったようだ。宇佐美は茅野と仲良くできましたね。

  • 校長先生は景山がスター選手でマスコミが出入りするのを良く思っていなかった。
  • 森崎先生はブッキーのことが好きで、景山をライバルと思っていたら可能性あり。
  • 佐久間先生はキモイ。独占欲が強い。
  • 武智先生は推薦など応援していたが、空回りが多い。
  • 坪井先生は厳しく水泳部を辞める人が多かった。犯人の可能性大。

水越が水泳部を辞めた理由

3年A組

景山と同じ水泳部にいた水越涼音は2年の夏に辞めた。蓮と付き合っていたことがバレてしまい、みんなの前で写真をバラまかれて、お前なんかいらないと傷つけられた。坪井は水越に期待していたが彼氏ができたから手のひら返したと恨んでいた。

3年A組

景山のタイムに近づいている水越に厳しくしていたが、胸が苦しくて病院に蓮に付き添ってもらっていた。坪井は「明日から部活来なくていい。男といちゃついている奴が練習来ても迷惑なんだよ!」と冷たくする。

3年A組

トイレで結城は水越にスマホを持っているのを見つかり、協力を求められるのだった。柊は女子トイレの洗面所だけを盗撮していた。そこで水越はフェイク動画を作ったのは坪井先生だと動画を撮影し、ネットを使って追い詰めようとしていた。

「私は水泳部の顧問坪井先生に、パワハラとセクハラを受けました。付き合ってる男性がいるのを知り、練習に参加させてもらえず退部に追い込まれました。きっと澪奈も同じ目に遭ったんだと思います。フェイク動画を作ったのは坪井先生に違いありません。」

茅野は夕飯を取りに柊のところへやってきてそのことを見ていたが、先生を信じていた。

柊の過去

柊は教師になる前に特撮作品のスーツアクターをやっていた。郡司刑事は現場事情を聞と、世界を敵に回しても誰かを守る人間だと評価していた。呑み込みも早くて次の主演作品を柊がやろうとしていたのだが、病気「癌」になってしまった。そこの社長は相楽孝彦で娘は柊の元交際相手である文香だった。

犯人は坪井先生

3年A組

柊は夜8時に教室に戻り、水越の動画がマインドボイスに投稿されて坪井先生へのバッシングが止まらなかった。柊は教師とネット動画でやり取りして水越に話させる。

「たった1日病院に行っただけなのに。なんで私から水泳を取り上げたの?私は水泳が好きだったなのにどうして?蓮と付き合ってるのにむかついたんでしょ?澪奈に対しても私と同じく追い詰めたんでしょ?」

校長先生が間に入り本当のことを伝えるように指示を出す。本当のこととはなんだ?

水越は誰よりも頑張って練習してきたがそれがいけなかった。練習を休んだ日に母から坪井に連絡があり、病院で医師の話を聞いた。水越は運動性の致死性の不整脈だった。ハードな練習をすることで、命を落とす可能性があることを知った。母から説得するようにお願いされるが、大会を目の前にしている水越には残酷な現実だった。水越を守るために坪井本当のことを伝えずワザと傷つけるようなことをした。本人は病気のことを知らなかった。

「結果的にお前を苦しめていたんだな。本当に申し訳なかった。」

「ずるいよなんで今更。そんなのないよ。」

「水越。今の話を聞いても坪井先生を疑うのか?お前は逆恨みをしてこの動画を撮った。」

「どうしようどうしたらいいの?」

柊は結城が動画を投稿するのを止めていてネットには流れていなかった。

「よかった・・・」

3年A組

「何が良かったんだ?お前がこの動画をネットに流そうとしたことには変わりない。この動画がネットに流されていたら坪井先生がどんな目に遭っていたか?よく考えたのか?お前の不穏な発言で、身に覚えのない汚名をきせられ本人が!家族が!友人が!傷つけられたかもしれないんだ!お前は取り返しのつかないことをやろうとしたんだ!」

柊は水越を蹴り、教室のドアに押しつけて罵声を浴びせる。それをかばおうとした生徒にも怒りをぶつける。ここがものすごい迫力のある演技でした。水越役の福原遥さんと菅田将暉さんすごい!

ネットを使ってバイトの不適切動画や偽の情報を投稿拡散してる。現代の私たちに対してのメッセージでもある。本当に正しいのか?間違っているのか?見極めるのはむずかしいとは思うが、安易に他人の間違った情報を配信するのは間違っている。もし違ったらどうするのか?投稿した人間だけでなく拡散した人間も悪いのではないか?

ちょっとふざけただけの動画でも1回インスタのストーリーならすぐ消えると思っても、録画され複製されたら終わり。配信したらどこの誰が不適切動画を投稿したなど、一斉に調べられて顔も名前も学校の住所も全部知られてしまう。そうなってしまってからでは遅い。人生オシマイダー!家族も責任取らされ、一家は猛オシマイダー。

株にも大きな影響を与えて、多額の損害賠償を請求され貯金も全部無くなる。一生働いても払いきれない額であろう。もう苦しい未来しか存在しない。すき家などで動画を投稿したバイト君たちは今どうしているのだろうか?

「目を覚ませ!何がしょうがないんだよ?オイ!何を反省してるんだよ?変わってくれよ!何がいけなかったのか?上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ。目の前で起こっているものをちゃんと目で受け止めて!頭に叩き込んで胸に刻むんだよ!お前らそれをしないから何回も何回も同じことを繰り返すんじゃないのか?本質から目を背けたらダメなんだよ!」

3年A組

「お前に言ってんだよ水越!お前たちはもう感情に任せて過ちを起こそうとする年じゃないんだよ。考えて答えを出すんだよ。自分の言葉に自分の行動に責任を持てよ!お前のたわいもない言葉でひとつで、誰かを救うことができるかもしれない。でもその一方で傷つく誰かがいるかもしれないってことを忘れるな!お前の言葉ひとつで簡単に命を奪えることを忘れるな!いいな!」

柊はメガネを外して、名乗り出なかった教師を追い詰めるため隣の教室を爆破させる。生徒は無事だがネットでは教師へのバッシングが多かった。茅野は信じる信じないゲームを理解していた。本心じゃない時はメガネを外していた。

相楽は特撮に造形物と大量の火薬を仕入れていた。柊に協力していた。最後の言葉は「さぁ追い詰められました?武智大和先生。」

福原遥

6話の主役となった水越涼音役の福原遥さんの声を聞いていて、なんか聞いたことのある声だなと思い調べてみたら、プリキュアアラモードのキュアカスタード/有栖川ひまりを担当している声優さんでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください