3年A組8話感想「柊が生徒に伝えたかった想い」ガルムフェニックス

スポンサーリンク



武智が警察で取り調べを受けていて、ネットで犯人は武智だと大荒れになっていた。景山澪奈のフェイク動画の依頼主が見つかり、全て問題解決に見えたが、柊の目的は復讐でも金でもなかった。景山が自殺した原因は武智だったが、それが全てじゃなくてここからが本番だった。

自習

今日の課題は自習で鞄と携帯電話を返すのだった。連絡もSNS投稿も好きにしていいが、柊と共犯だと思われないように注意するように「グ!クル!パ!」大事な決断をする時は、グッと踏みとどまりクルっと頭をひねらせてパッと正しい答えが出る。第二部のクライマックスです。

諏訪はトイレで喜志の留守電にメッセージを残す。「全部私のせいだから。なんで私に澪奈の動画を頼まなかったの?今までありがとうさよいうなら。」警察の取り調べて喜志は全てを話し、フェイク動画を依頼したのは武智で、黒幕はベルムズのバックにいる人間と一緒。諏訪も澪奈に酷いことをしたことを反省していた。謝りたいのに謝れないのはしんどい。

宇佐美たちは写真を撮ってもらったりと自由に過ごしていたら、堀部瑠奈が武智の動画がフェイクだと知った。石倉に見られてしまいクラスに話しが広がる。余計なことする奴いるよねクラスにひとりくらい。

景山と一緒にいた男は武智ではなく柊だった。西崎は過去に景山がドーピングした動画が出回り、さらに拡散炎上させたのだ。堀江が解析したらフェイクだと知り話すが、もうどうしようもなくなってしまった。

柊は生徒たちが気づいて、犯人は柊なのかどうなのか?自分たちで決めろと話す。

大臣の関係まで相楽文香に知られてしまい、フェイク動画を依頼して全てバレてしまったが、影山を殺した犯人ではなかった。郡司は五十嵐に文香の戸籍を調べると相楽文香は捜査一課の五十嵐の実の娘だったのだ。

相楽社長の会社ではガルムフェニックスを演じていたスーツアクターの田中が、社長が事件に関係しているのか調べて柊に電話した。

「自分のやってることが正義だと言えるのか?」

「正義かどうかは分かりません。でもこれが俺の切り開いた道なんです!俺はヒーローになれませんでした。それでよかった子供たちの夢を壊せませんから。田中さんはいつまでもヒーローでいてください。」

西崎はこの動画をマインドボイスに投稿しようとするが、反対する人と意見が分かれる。武智は悪者になっていてこのままにしていいのか?「ネットにさらされたらその人の人生が一遍するって西崎がよく分かってるんじゃないの?」

「このクラスには私も含めてブッキーに救われた人間が大勢いる。公表するにしてもしないにしても、何がベストなのかしっかり見極めないと!」

「その動画をUPすれば今度はブッキーに殺人の疑惑が向けられる。私たちの言葉ひとつで命を奪えるわけだから、責任は重大だよね?」

伝えたかった想い

景山の防犯カメラの動画を見て、当日持っていた鞄が違うことに気付き、動画そのものがフェイクなのではないかと疑い始めて解析する。防犯カメラはクリーニング店からの角度だったが、電話してみると防犯カメラは取り付けられていなかった。この動画もフェイクだった。

景山を追い詰めた犯人は武智だと知っていたが、証拠がないために自白させるためにフェイク動画を作成した。

「景山の時みたいに何もしないで後悔したくないんだよ!」西崎は動画を投稿しようとしたら堀部が飛びかかり止めた。堀江も知っていたけど何もしなかったのを後悔していた。「景山の時と今回は違う。だからもっとちゃんと考えよう。」

柊はこの様子を監視カメラで見ていて泣いていた。茅野は景山からもらったタオルを渡す。

「届いてたんだな。ひとりひとりが目の前の問題にどう向き合うのか?想像力を働かせて、いろんな可能性をかんがみる。自分だったらどうするか?相手が自分だったらどうするか?それぞれの想いをぶつけ合う。俺の伝えたかったことがちゃんと届いてるんだな。」

自分たちの想いを伝えるため柊と話そうとやってくるが、そこには柊はいなかった。郡司刑事が乗り込んできて柊と話す。郡司刑事の脚を撃つが追い込まれる。

「あなたには分かるはずだ。悪意あるナイフで汚れなき弱者を傷つけないように!」

「お前は間違っている。これは立派な犯罪だ!」

「分かってますよ。それでもやらなきゃならないんです。そのために俺はこの命を懸けたんだ!」

「嘘だろ?」

殴られて倒れ込んでしまったが、その時ヒーローが駆けつけた。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください