映画[名探偵コナン ゼロの執行人]見てきた感想ネタバレ!安室透の活躍!

劇場版22作目となる「名探偵コナン ゼロの執行人」が2018年4月13日の金曜日に公開となりましたので、一番最初の上映で見てきました。キャッチコピーが「それが、お前の真実か」「真実を暴く者VS正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務(シークレットミッション)ミステリー」ということで安室さんがどんな活躍をするのか期待。

名探偵コナンゼロの執行人

今回の映画でのメインキャラクターは、公安警察所属の「降谷零」警察庁警備局警備企画課「ゼロ」に所属する公安警察の捜査官であり、「バーボン」として黒の組織に潜入捜査をしていたり、コナンたちの前では私立探偵「安室透」と名前を使い分けたりしている。声優は古谷徹さんで機動戦士ガンダムのアムロ・レイである。みなさんご存知でしょう。

小学生の頃は毎週見ていたんですが、仕事してからはあんまり見なくなり「ゼロ」ってのが気になって調べてみたら、公安の組織からきたんですね。ここからいつくかに分けて映画の内容とネタバレ含む感想となりますので、どうしても気になった人だけご覧ください。

スポンサーリンク

映画の流れ
  1. サミット会場爆破
  2. 毛利小五郎が容疑者として逮捕
  3. 安室と風見と橘の関係(過去)
  4. ITテロ発生
  5. 犯人逮捕
  6. 衛星落下
映画のみどころ
  • 毛利小五郎と妃恵理の夫婦シーン
  • 安室のドライブテクニック
  • 博士と少年探偵団のドローン
  • 公安の力
  • インターネットを使ったテロ
映画の感想

5月1日にサミットが開催される東京に建設された大型施設「エッジ・オブ・オーシャン」で開催前に爆破事件が発生して、公安の人たちが死傷してしまう。現場に残された指紋が毛利小五郎のものだと特定され、探偵事務所を調べられる。爆破現場の映像をTVで見た灰原は安室がいたとコナンに話す。

名探偵コナンゼロの執行人毛利小五郎が爆破容疑者で逮捕

ドローンを開発した阿笠博士は少年探偵団の歩美、光彦、元太にドローンを預けていた。このドローンが東京を救う鍵となるとは誰も思っていなかっただろう。

探偵事務所を調べている公安の風見はコナンのスマホを抜き取りデータを入れた。コナンは工藤新一用の電話に蘭から電話がかかってきてお父さんが警察に捕まってしまうことを伝える。コナンは自分のスマホが無くなっていたのに気がつき、捜すと事務所に落ちていた。

毛利小五郎のPCから「エッジ・オブ・オーシャン」の見取り図など遠隔祖操作したデータが出てきて取り調べられる。事故原因はレストラン厨房のガス漏れだと事故で処理されそうだったのに、ガス栓は最新の技術でネットから遠隔操作できるような設備になっていたことを裏付けされ、犯人だと証拠も揃っていた。

安室が関わっていてることに気がついて問い詰めるがあしらわれてしまう。怪我もしているようだし何か鍵を握っているのは間違いない。コナンは灰原に爆破された施設を調べるようにお願いする。

名探偵コナンゼロの執行人灰原愛

灰原が爆発現場で使われたのは炊飯器みたいなのネットでの遠隔操作可能な電化製品だと特定した。爆弾ではなくガスを充満させて炊飯器を発火装置として使ったのだ。バラバラになった部品をドローンで撮影して照合させるとはすごい手間がかかったことでしょう。

毛利小五郎が送検されることになってしまい、弁護士をやってる母の妃英理(きさきえり)を訪ねる蘭たちだが、弁護しようにも不利になることが明らかなので他の弁護してくれそうな人に依頼するが断られてしまった。しかし、公安の事件を弁護してきた橘鏡子(たちばなきょうこ)が担当するとやってきた。裁判では全敗しているが恵理の意見を言わせようと依頼するのであった。このキャラクターと担当したのが上戸彩さんです。

この時点で送検やら弁護やら公安、警察庁、警視庁、公安など専門的な言葉が多いため子どもは見ていても何を言っているのか理解できないと思います。この映画は大人向けですね。

名探偵コナンゼロの執行人江戸川コナン

高木刑事から裏情報を聞き出すと近くには安室さんがいた。どうやってコナンの居場所を突き止めたのか?スマホに現在地を特定するアプリでも入れたのだろう。メ安室と風見が目暮警部にも話を聞くとまたもや安室が現れる。風見と話をしているのを見つけて何を話しているのか気になった。風見の腕の袖に発信機&盗聴器を取り付けて、警視庁の情報を盗聴するコナン。

スポンサーリンク

橘弁護人は小五郎を犯人にさせようとしている感じがして、弁護しようとする気がまったく感じられない。橘弁護士の情報を英理の部下が調べていると、橘の部下がゲーム会社に忍び込みデータを盗んでいたところを公安に逮捕されて事情聴取した後に自殺したことを知る。

そして事務所を閉めることになった。夜に都内の電化製品が次々と暴走開始、スマホの発火や電子レンジやTVが爆発、洗濯機が泡まみれになり数カ所で同時的に事件が発生してパニック状態になる。警察と消防が出動するが被害が防ぐことができない。

映画名探偵コナンゼロの執行人

コナンはITテロはだとインターネットに接続される電化製品や機種は接続をきることで、爆破されないと目暮警部に伝える。捕まってる毛利小五郎の仕業ではないと解放されました。いや~よかったですね。橘弁護士は小五郎が帰ってきたため終了となる。やはりPCを中継されて遠隔操作されていた。NORって遠隔操作がばれないシステムが使用されていて全て犯人の仕業だった。

安室はコナンと接触して風見の袖に仕掛けてある盗聴器を外す。「これでよく公安が務まるな!」風見はコナンを子どもとしてみていたが、なぜか「安室は人殺しだ」と伝えた。一体なんのことなのでしょうか?

5月1日に火星を探索していた人工衛星みたいなのが地球に戻ってくる。大気圏突入時にパーツが燃え尽きて、パラシュートが開いて太平洋に落下するはずが、NAZUに不正アクセスがありコントロール不能に。落下予測地点は警視庁だった。アクセスコードも変えられてしまい東京都民が大型施設「エッジ・オブ・オーシャン」に非難する。

映画名探偵コナンゼロの執行人毛利小五郎の台詞俺の側を離れるなよ

「俺の側を離れるなよ!」小五郎が英理にカッコイイ一言を。ここで英理が顔を赤くするとこが印象に残りましたね。コナンは安室と一緒に犯人を追う。カーナビもショートして交通事故が多発する都内をスケボーで爆走する。こんなの回避できないでしょと思いながらみていたら上から壊れたがれきが!安室が車で防いでくれて危機一派。フロントガラスに亀裂が入ると殴って割りました。

犯人は○○○でした。まさかこの人だと思わなかったてっきり○○さんかと。逃走する犯人を取り押さえる安室。

映画名探偵コナンゼロの執行人安室さんの犯人逮捕

何故こんな事件を起こしたのかは自殺した橘弁護士の部下である羽場って人が関係していました。詳しくは映画でご覧ください。でも羽場は公安によって自殺したと見せかけているだけで、本当は生きていたんですね。

アクセスコードを聞きだし衛星の落下は防ぐことができたが、パラシュートが開かないとかでパーツごと警視庁に落下するのは確実。コナンと安室は公安の力で爆薬を準備して阿笠博士のドローンに設置して、爆破の衝撃で軌道修正する作戦を立てた。ドローンを操作するのは少年探偵団。

作戦は成功して警視庁の直撃は避けることができたが、落下する場所は「エッジ・オブ・オーシャン」に変わっただけだった。何やってんの!非難してる場所に散るなら意味がない。

映画名探偵コナンゼロの執行人安室透のドライブテクニック

安室がコナンを乗せて車で時速180kmで走行する。渋滞のためこれ以上進むことができないと思ったら、ドリフト走行から車体を傾けて爆走など凄まじいドライブテクニックです。いやいやこんなの無理だから!車道ではなく鉄道の線路に着地して対向車ではなく電車きたのに、鉄道の橋と電車をすり抜け車のサイドミラー破損。車ひっくり返りそうだしもうボロボロかわいそうや。

映画名探偵コナンゼロの執行人安室透の時速180km

これフロントガラスない状態で時速180km出してるカットすごい。ビルから車ごと飛び出してコナンがいつものサッカーボールで軌道を曲げて被害を最小限に抑える。コナンを掴みビルのガラスに銃を連射して突き破り着地成功。ハラハラドキドキ緊張したカッコイイシーンでした。

映画名探偵コナンゼロの執行人安室透の銃発砲

負傷しながらもコナンは最後に安室に問いかける。「おっちゃんを犯人にしようとしたのはなぜか?」安室の答えは「君の全力がみれる」つまり毛利小五郎が犯人として追い詰められることにより、コナンが全力で捜査して真実にたどり着くことを信じていたんですね。これからも協力していけばいいなと思います。

次回作の映画は怪盗キッドみたいですが、山口勝平さんの出番が多くなることでしょう。個人的に映画は黒の組織が関わっていないと迫力があった方がよいですね。

スポンサーリンク


magical

投稿者: magical

アニメの感想とグッズ紹介、おいしいお店とおでかけブログです。 魔法少女系のアニメ主に魔法少女リリカルなのはシリーズ・プリキュアシリーズ・勇者シリーズ・カードキャプターさくらが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)