登米市職員が10万円着服!鈴木大喜が懲戒免職

宮城県登米市で9月1日に職員懲戒免職にしたと発表がありました。調査の結果、計10万8000円を着服したのは市登米総合支所市民課の鈴木大喜主事(26)と判明。

盗んだ金は全額返済され、市は刑事告訴しないそうです。金返せばいいという問題でもないですよね。市の職員が金盗んで何をやっているのか?バカじゃないのコイツ(-.-)盗んだのは10万円ってアルバイトで余裕で稼げる金額で人生ダメにするとは!まぬけ。

スポンサーリンク

事件発覚までの流れ

鈴木大喜は2016年4月に採用される。

2016年8月~2017年5月の間に、少なくとも6回にわたり同課に保管されていた窓口手数料と職員の送別会費を盗みました。更に担当していた「緑の羽根募金」の現金を着服した。その都度、全額または一部の返済を繰り返していた。

2017年6月市に匿名の文書が届き発覚。内部調査して本人に問い詰めると着服を認めた。「友人との飲食代に使った」そうです。

飲食代?10万円も使ったのか?自分の給料から支払えよ!なんでこんなクズ人間を市は雇っているのでしょうか?日常の勤務態度は良かったのか?文書が届くと言うことは内部告発でしょうね。

会社の金だけではなく「緑の羽募金箱」から盗むってクズだよね?せっかく募金した人の気持ちを考えると許せないですね。「募金されたのだから盗んでもいいや」と軽い気持ちでやったのか?

盗んでは返して盗んでは返しての繰り返しとは。後で返せばいいとか友達から金を借りてる感覚なのでしょうか?ダメでしょうこんなことをしてはいけないですね。

上司も鈴木大喜が金盗んでたのに気がついていたはずでしょう。かわいそうだから黙っていたのか?ちゃんと注意すべきですね。自分たちも処分されるとは、しかし部下がやらかしたんだから知りませんでしたではすみませんね。一般の会社なら注意くらいで済むかもしれないですが、市の職員なのですから市民の信頼を失いますね。

スポンサーリンク

まとめ

名前:鈴木大喜

年齢:26歳

部署:登米総合支所市民課

犯行:公金と緑の募金箱の金を盗む(2016年8月から2017年3月までの間に、複数回にわたり同課市民係で管理する窓口手数料等を窃取、後日返金するという行為を繰り返す。また緑の募金の業務を担当していた2017年5月に募金された現金を2回着服した。他の募金された現金を通帳へ入金する際に返金して処理するという行為や、職員の送別会残金を窃取していた。)

着服金額:¥100800

使用目的:友人との飲食代

採用日:2016年4月

処分日:2017年9月1日

対処:懲戒免職(クビ)

金額返金:2017年7月5日までに本人から全額返金

この窃盗犯は他の会社に面接にきたら注意しましょう。またやるかもしれませんからね、最後にもう一度名前を確認しておきましょう。鈴木大喜です。

通っていた学校

宮城県登米市立西郷小学校

宮城県登米市立南方中学校

高校は不明

鈴木大喜の住んでる地域

宮城県登米市南方町○岡の人間らしいと地域で噂になっているようです。家族の人はとっても恥ずかしいでしょう。窃盗する人間に育てたんですからね。一番悪いのは本人ですが。


magical

投稿者: magical

アニメの感想とグッズ紹介、おいしいお店とおでかけブログです。
魔法少女系のアニメ主に魔法少女リリカルなのはシリーズ・プリキュアシリーズ・勇者シリーズ・カードキャプターさくらが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)