ご注文はうさぎですか4羽「ラッキーアイテムは野菜と罪と罰」

ご注文はうさぎですかココアとチノ
スポンサーリンク



好き嫌い

ご注文はうさぎですかココア

ココアとチノはお互い朝食で出された苦手な食べ物があった。ココアはトマトジュースで、チノはセロリ。美味しく食べてる笑顔がくもっちゃうのが分かりやすい。そんなに嫌いなのかな?セロリは残せばいいけど、最初からトマトジュースじゃなくてオレンジか牛乳にしてもらえればいいのにね。

ご注文はうさぎですかチノ

「私よりチノちゃんの方が好き嫌い多いよ。我慢して食べないと大きくなれないよ」

「心配はいらないです。ココアさんと同じ年の頃には私の方が大きくなってます」

ご注文はうさぎですかココアとチノ

学校のお昼にお弁当に入っているセロリを頑張って食べます。寝る子は育つと言われていますが、チノのクラスメイトにスタイルいい人とリぜのことを聞かれますが「寝不足、お昼寝日和、カフェインはダメだよ」と3人は生活習慣が良くないみたいです。

ご注文はうさぎですかリゼ

身長を伸ばすにはジャンプするのとバナナが効果があるみたいで、チノは帰り道スキップして帰ります。しかしスキップでは効果が少ないと思い赤いタイルのとこだけジャンプしながら帰ると、うさぎに気を取られて柱に激突する。その様子を見ていた千夜が「チノちゃんが暑さのせいで」と勘違いをしました。

ご注文はうさぎですかシャロ

バナナを買いにスーパーにやってくると、シャロが1500円以内に抑えようとタイムセールを待っていた。高いとこにある商品を取ろうとするが身長が足りない。ふたりでジャンプしていると目撃したリゼが「ん?なんだあれは?新しい訓練か?」取ってあげたら、すっぽん汁だった。「背が小さくてよかったぁ~」と喜んでいるシャロ。

ご注文はうさぎですかリゼ

好き嫌いを克服しようとセロリとトマトジュースに立ち向かうココアとチノだったが気分が悪くなった。表情をくもらせていると「誰にやられた?」とリゼが心配する。声を大きくしてみると存在が大きく見れるかもしれないと、大きな声で発声練習する「いらっしゃいませ!」お客さんがきた瞬間に「るらっしょいませぇ~!」とお客さんは止まってしまった。ココアが止めに入る。

ご注文はうさぎですかココアとチノ

たくさん食べて、たくさん寝て、ココアさんより大きくなる目標とするが、チノが大きくなってしまったらココアがモフモフされる側になります。「私抱きついたりしないんで」この発言にココアは大きくなっちゃダメと言いますが、千夜からチノが夏バテしてるようだからたくさん食べて寝るように言われる。チノは戸惑う「どっちですか?」

コーヒー占い

ご注文はうさぎですかチノ

やり方はコーヒーを飲みほし、ソーサーに逆さまにします。底にできた模様で占うのですが、おじいちゃんは当たりすぎて、チノはカプチーノしか当たらないようです。ココアの明日の運勢は雨模様水玉、外出しないのが吉。リゼは将来器量のある嫁になる。夕食後にティラミス1つに足りずキッチンに侵入した。実は甘えたがり、褒めると調子に乗る。適当に流しておくのが無難。「この毛玉め!ただの性格診断じゃないか!」とティッピーにチョップする。

スポンサーリンク

ココアと千代は学校でお弁当を食べようとすると空中からあんこ(うさぎ)が落ちてきて弁当に直撃する。よく鴉にさらわれるみたいだ。コロッケパンを買って食べようと千夜の前に出たら慌てた様子でココアを止める。昼休み前にトイレに行った時からパンツが見えていたのかな?「ココアちゃんの水玉が!」帰りに上から水が降ってきて制服が降れて濡れてしまった。

ご注文はうさぎですかココアと千夜

シャロの店に行くと、あんこに噛まれたことがあり苦手なようだ。千夜はシャロの手相を見ると「片想い中で、まったく相手に通じない障害だらけの相ね」怒ったシャロはお金を投げるとココアに命中してしまう。

図書館

みんなで図書館にやってきて勉強会をする。シャロは特待生で授業料が免除されてるみたいです。ココアは千夜に数学と物理の勉強を教えることになりました。国語と英語と歴史が絶望的みたいです。「ココアさんは教え方があれなので頼りになりません」グサッ!

ご注文はうさぎですかシャロ

「チノちゃんみたいなが妹だったら毎日だって教えるのに!」

「私もシャロさんみたいな姉が欲しかったです」

「私いらない子だぁ~」

スポンサーリンク

チノは何処の学校に行くのか迷っていますが夢は家をついでバリスタになる。ココアはパン屋か弁護士、千夜は家をついで繁盛させる。シャロは貧乏生活から脱却すること。チノは制服とブレザーどれが似合うと思いますか?

ご注文はうさぎですかチノご注文はうさぎですかチノご注文はうさぎですかチノ

シャロは学費免除のためお嬢様に入ったことを後悔していた、ココアたちと同じ学校だったどうなっていたのか?せめてリゼ先輩と同じ学年だったら。「本当は分かってるんでしょ?学校以外でもこうやって会えるんだもん。私たち大人になってもずっと一緒!」と千夜は優しい一言。

ご注文はうさぎですか

図書館でチノは本を捜していたが、タイトルが思い出せない。ココアが本を見つけ出した。

「今まで気が付かなかったけど、私たち本の趣味が合うのかもしれないね」

「ちょっとは頼れるお姉ちゃんになれたかな?見つかってよかったね!」

「ココアさんこれじゃない」

これじゃないのかよ!タイトルは「罪と罰」って本だった。これは明らかに違うでしょ!最後の最後に4羽のタイトル持ってきた。

次回「ココアと悪意なき殺意」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください