妹さえいればいい11話感想「主人公にさえなればいい」伊月の告白!

締切ギリギリで2日寝ていない状態の伊月は、遊びに来た京に原稿を託して倒れる。京は編集部に届けに行くが健次郎がダンボールのベットの上に寝ていた。いつもの様子のようだが、生活不規則と言っていましたね。那由多の原稿もあがってこなくて担当の編集の人が困っていた。すると京はLINEで連絡して部屋に行くことになる。

那由多は全裸で待っていて京も全裸にさせられてしまい。ってなんでいつも裸になってしまうのだろうか?京に膝枕にしてもらいながらスマホで原稿を仕上げる。あっという間に終わりましたね。担当と話せばいいんじゃないかとアドバイスするが、担当と話をしても原稿は上がらないときっぱり答える那由多。

妹さえいればいい那由多と京

担当は印刷所や構成や営業部に謝罪しなければならないみたいで、いつも締切を間に合わせないガキのために頭を下げるのが仕事。担当を辞めたら可児那由多の作品を一番最初に読めないじゃない。ものすごく那由多の作品が好きなことが伝わってきました。

スポンサーリンク

全員集合して語り部のゲームをやります。あるところに兄と美少女の妹がいました。悪い全裸の魔女カニ子ちゃんが出てきて、妹を狼に変えてしまいました。私と結婚してくれたら元に戻してあげる。妹は元に戻ると兄は妹の方が大切で、魔女は去りました。

妹さえいればいい那由多

引き下がった魔女は呪いをかけました。「ちん○んブラブラソーセージ」妹は一生全裸になり兄はちん○んが1m以上になりました。

二人は旅に出ることになり、魔女の手先のモンスターに襲われます。洞窟を発見して奥に進みました。洞窟の奥には剣がありましたが、ちん○んが邪魔で剣を振れません。聖剣がなくても自分には立派な剣があるじゃないか!

スポンサーリンク

この状態で京が語り部になります。「兄は自分のアレで、おちん○んで怪物に攻撃しました!」京頑張ったなすごい恥ずかしいこのアニメ。

なんかグダグダなってきた話ですが最後まで終わり、京と千早は帰ります。春斗は伊月に「那由多ちゃんと付き合っちゃえよ!こっちにも事情があるんだよ!好きなんだろ?」あれ?春斗はまだ京のこと好きなんですね。諦めたのかと思っていました。

伊月は那由多のことが好きで結婚したいと認めました。もし結婚してしまったら出版社関係は大騒ぎすると確信する。「大人気作家の先生結婚お相手は同業者の男性」これが見出しとなると予想。可児那由多の方が売れているので、伊月は主人公になりたくて同じ対等になるレベルに達したら告白すると説明するのでした。

妹さえいればいい那由多

那由多は伊月のベットで寝ていますがこれ聞いているよね?健次郎から連絡があり魔法学園のアニメ化が決定した。

次回「妹さえいればいい」

スポンサーリンク


magical

投稿者: magical

アニメの感想とグッズ紹介、おいしいお店とおでかけブログです。 魔法少女系のアニメ主に魔法少女リリカルなのはシリーズ・プリキュアシリーズ・勇者シリーズ・カードキャプターさくらが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)