妹さえいればいい4話感想「奇跡さえ起こればいい」

伊月の小説「魔法学園5巻」の本編ができていなくて、最初にあらすじを書こうとしているのだが、かなり悩んでいる。本編の内容が決まっていない状態でネタバレせず、あらすじを考えるって難しいですね。

OPが始まってと思いきや、ナレーションがいつもはないのに「魔法学園」をちょっと語りながらスタートしました。

スポンサーリンク

今回はバレンタインということで、アニメの世界は2月ってことになりますね。それと確定申告について簡単に、わかりやすく説明されているので、これから社会人になる人にとって必要なことなので、ここで覚えてしまいましょう。

妹さえいればいい4話ンペリアルチョコレートスタウト

春人が伊月に特別清算のバレンタインビールを持ってきました。黒ビールみたいですね。なんかBLっぽいような感じの鬼畜攻めの練習をする春斗に伊月がおねだりしています。

妹さえいればいい4話BL

すると那由多と京がやってききました「なにやってるの?」

みんなは黒ビールを飲みますが那由多はルートビアを飲みます。沖縄で出会ってから大好きになったみたいですね。春斗は伊月と写真を撮影してtwitterにUPしてホモアピール。

那由多はアニメもドラマも映画も全部断ったみたいですね。理由は

「余計な仕事に時間を取られて伊月先輩と会えなくなるの嫌じゃないですか」

伊月のこと大好きな那由多ちゃんかわいいな。好きな人と一緒にいられる時間は特別ですからね。これからもお幸せに!

那由多からバレンタインチョコが渡されましたが、伊月は「何かはいっていないだろうな?」と問いかけます。

「市販品なので大丈夫です。本当は手作りで私のいろいろなあれを入れるつもりでしたが、みゃーさんに止められました」

妹さえいればいい4話那由多バレンタイン

何を入れようとしたのだろうか?京からも義理チョコを渡される。春斗ももらっちゃったみたいですね。千尋が作り置きしてくれたビーフシチューがめっちゃおいしいみたいです。隠し味にチョコが入ってるみたいですね。

「ずいぶんと楽しそうだな(怒)」

妹さえいればいい4話編集

伊月の部屋に激しい形相をした編集者がやってきた。北海道で刹那をカンヅメにしてイラストをあげさせたみたいです。読者から届いたチョコレートを持ってきてくれたみたいですね。ここで始めて京を顔を会わせました。

伊月と春人のチョコの量を比較すると伊月の方が少し多いみたいです。実際には伊月に対してではなく、キャラに対して贈られたチョコみたいです。なんで2次元キャラにチョコを渡すのでしょうか?

「伊月先輩本人を愛してるのはこの世で私だけですからね!」

「お前の作品を楽しみにしている読者の期待を裏切るなよ!」

翌日、京が伊月の家に訪れるが、来客の予定があるからダメだと返される。これか税理士が来て確定申告の話があるようです。

作家は個人事業主なので確定申告をして税金を取り戻すのです。難しい話しかもしれませんが、このアニメのいいところで伊月が分かりやすく説明してくれてます。

出版社から作者へ印税が支払われるときに

確定申告

あらかじめ国税庁に源泉徴収で引かれるが、多く取られてすぎてしまう。

確定申告

確定申告で正確な所得を申告することで、払いすぎた税金が戻ってくる。

確定申告

どうですか?とってもわかりやすいですね。

スポンサーリンク

伊月のところに税理士の大野アシュリーがやってきました。BGMがなんか大人っぽいって見た目も大人ですね。

妹さえいればいい4話大野アシュリー

住民票は実家でこの住んでる場所は事務所扱いにして経費にしましょう。小説家は他の自営業よりも必要経費が少ない。必要経費と認められるものをどれだけ増やせるかが、税理士の腕の見せどころみたいです。

アシュリーは伊月のことを少し調べたみたいです。

「あなたは妹が好きなの?」

「愛してます!」

「この子は見たことがある気がするわね?」

「俺妹のメインヒロインで主人公の妹の高坂桐野氏です税理士の先生にまで知られているとは流石!」

「このいかがわしい姿の幼女二人は?」

「僕は友達が少ないのメインヒロインで主人公の・・・」

「こんな幼女がヒロインで作者はロリコンなの?だったら資料扱いで問題なさそうね」

「だめだ!この子たちは純粋に俺がめでるために買ったものだ!それを資料などと無粋なカテゴリーにいれたくない!」

「経費にすれば帰ってきたお金でまた新しいフィギュアが買えるわよ?」

「よろしくおねがいします。」

妹のことになると必死になる伊月の姿が素晴らしかったですが、最後はアシュリーに丸く収めこまれました。

「このお兄ちゃんのことが大好きな妹が、お兄ちゃんのパンツをかぶって毎日オナニーをしちゃうのはそんなゲームなのかしら?だめ兄妹なのにそんなこと!禁断の関係にはまっていく美しき妹妻というのは?」

エロゲーのタイトルや内容を説明して、ネットでのちょっとした購入ものやAVやガチャの課金など、全て必要経費としてでっちあげるつもりみたいです。購入履歴調べられた時に音楽購入したとか言ってましたが、結局全部聞いてきた女怖いわ!

後日に春人がやってきた時にアシュリーさんが来て遭遇してしまった。

「去年のあなたとの税金対策楽しかったわ!」

春人はエロゲーやエロマンガの内容を詳しく説明するように言われ、100本くらいのエロゲーを所持している。さらに、メイドさんが好きみたいで控えめな性格の女の子が・・・

「私がメイド服を着てあげるのはどうかしら?なんならエッチなご奉仕もしてあげましょうか?あなた今私のいやらしい姿を想像したわね?メイド服をはだけた私が小さな口で、あなたのペ○スを咥えている頭の中を想像していたのでしょう?」

妹さえいればいい4話大野アシュリー

伊月は来年もお仕事を依頼するみたいで

「そんなあなたにはサービスでお兄ちゃんと呼んであげるわ!」

最後のEDはアシュリーのキャラソンで「第六感のミストレス」が流れます。声優は沼倉愛美さんでアイドルマスターの我那覇響(がはなひびき)です。

次回「小説さえ書けばいい」

前回「取材さえあればいい」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください