ISLAND9話「マタアエタナオマエト」カレンのサービスシーン!

ISLANDカレン・クルツ
スポンサーリンク



Recursion.01マタアエタナオマエト

ISLAND

9話から浦島の続編ではなく世界が変わりのNEVERISLAND(ネバーアイランド)の物語が始まります。自給自足の地下シェルターユーラシア公共区この場所では、数少ない食材をみんなで分け合っています。リンネは明るい感じになっていて、サラは巨乳になっています。カレンは食料を強奪しています。

田村ゆかりさんが歌うOPが「ひとつの永遠」から「Closing tears」に変わりました。こっちの方が私は好きです。

サラの「巨乳に見惚れてる」とリンネに指摘されますが、カレンはそこで食材を盗み出し刹那ともみ合いになる「タダで触らせてやらせる胸なんてねーんだ」と胸を触ってしまい油断して逃げられてしまう。

ISLANDカレン・クルツ

「女の子の胸触って油断しちゃうなんて最低」とリンネに言われる。サラも同感のようです。

「札を持っていようがいないが人間だろ」と刹那は言うとサラはふたりにお願いがあるとのこと。札とはいったい何のことなのでしょうか?

リンネは設計図を見て機械を作っていた。完成したので試運転をするため刹那が入ることになりました。すると機械の中と外では時間に差ができた。この機械は浦島にあったあのタイムマシーンではないか?

スポンサーリンク

サラの説明だとアイランドの技術は新しく作ることも修理することもできないみたいで、壊れたらおしまいの国のようです。廃棄された場所ではアヴァロンの子供たちが暮していた。サラは内緒で食料を持ってきていたのです。刹那はネオ・アヴァロンの捕虜となってしまい裸になっているカレンに迫られてしまう。教会の情報を得ようとしていた。

ISLANDカレン・クルツ

雪と氷の世界に包まれていてアイランドしか住める場所がなかった。外にある楽園アヴァロンを見つけようと遠征隊を送ったが、アヴァロンは存在しないことが分かった。人々の希望だった世界がないことを知ったら絶望してしまうため、遠征隊が全滅したと言うことにして命を奪った。

「アイランドを救う方法は必ずある諦めるな。俺がなんとかしてやる」と刹那は意気込みます。

スポンサーリンク

キャラクター

御原凛音:リンネ・オハラ
ISLANDリンネ・オハラ

アイランド最後の札持ち『世界を救う』と言われるCDを受け継ぎ、記録された設計図の機械を作り続けている。

伽藍堂紗羅:サラ・ガーランド
ISLANDサラ・ガーランド

アイランドを統治している教会の一人娘だが、内緒で子供に食料を渡している。

枢都夏蓮:カレン・クルツ
ISLANDカレン・クルツ

札無しの子供たちをまとめ上げる革命組織ネオ・アヴァロンのリーダーであり、教会の支配体制を崩して聖地アヴァロンを見つけだそうとしている。

次回「モウクヤミタクナイカラ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください