魔法つかいプリキュア30話感想「魔法の自由研究!」

今日みらいたちはマホウカイから帰ります。ジュンたちが自由研究に協力してほしいとお願いされます。

スポンサーリンク

「いきなり手伝ってって言っても夏休みはたっぷりあったでしょ?」優等生リコはお説教します。「カタツムリニアは夕方に出るからそれまでね!」なんでかんで協力してあげるんですねやさしい。

「お手伝いってこういうことだったの?」絵のモデルになってもらいみらいとリコは動かないように指示される。

ジュンは「そこ動くな!」と人が変わったようになる。エミリーは、はーちゃんの髪型を変えてもらいヘアメイクの練習をお願いされる。ケイはモフルンも絵を描かれて大図鑑作られる好きな食べ物とか質問される。

新しい敵キャラがようやく出てきました。2人よみがえったみたいですね。まだ実体は見せないけど声だけは聞こえました。速水奨さんと井上喜久子さんエクスカイザーの声だわ!エクスカイザーは1990年の勇者シリーズ第1弾のアニメですBLEACHの藍染隊長です。

スポンサーリンク

それぞれのメンバーが夢ができたみたいでジュンが「イメージ違うんだよな!」
白鳥の湖の本を見せて、はーちゃんが魔法でコスチュームチェンジさせる。そのままみらリコは飛んで行ってしまう。「今の魔法どうやったんだ?」なんでもできるはーちゃんの魔法に興味持ちます。

みらリコはリズ先生に助けられる。少しお茶を飲みながら話します。「立派な魔法つかいになってそれから何をやりたいかはまだ決まってない」

「立派な魔法つかいってどんな人なのかしら?」

「小さいころからお姉ちゃんはずっと私の憧れだった!今は魔法学校の先生を目指してるなんて本当にすごいなって!」

「それはね!リコがいたからよ!もっとたくさんの子たちにも魔法を教えられたらいいなと思った!リコもみらいも焦らず自分の好きなこと探してみたらいいんじゃにかしら」

今日は夢や将来について自分の道を決めるって大変勉強になるような話ですね
リコは素直になりましたね。前はお姉ちゃんにこんなふうに言わなかったのにね
みらいと出会って少し性格が変わってきたってことなんでしょうかね。

はーちゃんは自分がみんなとは違うことに悩んでいた。

そこに敵キャラ出現してきた。キュアップ・ラパパ!今日はルビースタイルです。ドンヨクバールは補習メンバーの筆やメモ帳などでできてます。

「返して!ジュンたちの道具を返して!魔法の勉強を頑張ってるんだよ邪魔しないで!」

「こいつはムホウの力だ!できて当然のものなのよ俺たちゃ違うぜ!お前たちの魔法は無駄な努力って言うんだ!」ずいぶんと大きく言ってきましたね。

「魔法の勉強が無駄な努力だなんて・・・」

「お前の力だけは違うものを感じるな!俺は魔法大っ嫌いなんだよ!」

「魔法はとってもワクワクもんなの!勉強は大変だけど素敵なことがたくさんあった!私はそんな魔法が大好きなの」

ルビーパッショナーレ発動するが敵に効果なし、ドンヨクバールが攻撃してくるがフェリーチェが撃退する。

ナシマホウカイに向かって3人は帰ります。次回はもしかしたら合体技が出るのかな?

次回「虹色のアレキサンドライト」

前回「新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!?」


magical

投稿者: magical

アニメの感想とグッズ紹介、おいしいお店とおでかけブログです。
魔法少女系のアニメ主に魔法少女リリカルなのはシリーズ・プリキュアシリーズ・勇者シリーズ・カードキャプターさくらが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)