勇者特急マイトガイン21話感想「勇者特急調査指令」エグゼブ陰謀ウォルフガングが手先に

スポンサーリンク



勇者特急隊のデータを収集のためにウォルフガングが事件を起こします。いつものデータ収集かなと思っていたら、イッヒとディッヒが人質にされて命令で動いていました。この裏で誰が動いているのかは前回青戸工場に忍び込んだ組織の連中だった。果たしてウォルフガング達の未来は?放送日は1993年6月26日です。

舞人と浜田君は野球をしていて浜田君が相手チームのデータをPCに入力して予測していた。これはやっていいのか?浜田君はPC大好きですね~ウォルフガングは怪しい男から仕事を頼まれて制作資金の一部をもらっていた。博士は制作しているうちにどんなものに使われるのか、マイトガインを狙っていることも分かってしまい依頼を断るのだった。

スポンサーリンク

部品集めをしていたリーベ達が襲われてしまいます。リーベだけ無事で博士のとこに戻った。「ワシが仕事を引き受けたばかりにお前たちをこんな目に!」部下思いの優しい人になっていました。男から連絡があり勇者特急隊のデータを集めるように命令される。この心境の変化はサリーちゃんのおかげですね!今回は台詞ありませんが豆腐を自転車で販売してる姿が見れます一瞬ですけど!勇者豆腐ってどんな味なのか気になりませんか?

勇者特急マイトガイン吉永サリーアルバイト勇者豆腐

各地にロボットが現れてたり火災や事故が多発してマイトガイン、ボンバーズ、ダイバーズが出動する。早速データ収集する博士とリーベ。ボンバーズは合体しなかったので残りはバトルボンバーのみとなっていた。浜田君は過去のデータと照らし合わせますが似たような事件はなかった。じいちゃんが登場してアドバイスをくれました。

スポンサーリンク

「PCは確かにすばらしい機械じゃが、そればかりに頼っておると見えるものも見えなくなってしまうぞ!人間の行動はデータや確率だけで計算できるもんじゃない!」もっと気楽に考えることじゃよ!浜田君は画像を自分の目で見ることにした。すると事件現場に同じトレーラーがいることを見つける。

勇者特急マイトガイン浜田満彦

ロボットが出現してバトルボンバーが出動!ジェットダイバーが上空からトレーラーを追跡してアジトを発見する。男と取引して帰ろうとしたら新たに男が登場!エグゼブの立体映像が映されて私の部下になれと命令してきます。今まで取引していた男の名はセブンと言って、エグゼブは指をパチンと鳴らしてセブンを燃やします。怖い。ウォルフガング達は部下になることを約束する。エグゼブは姿を消す。

勇者特急マイトガインエグゼブ

マイトガインが突入してきてがトレーラーがロボットに変形して襲ってくる。暗闇の中センサーに反応しない加工がされていてマイトガインは苦戦する。しかし信号弾を発射して横一文字斬り!今回だけの技ですがスパロボVでは武器に名前があるでしょうかね?あるといいな(#^.^#)

勇者特急マイトガイン横一文字斬り

ごらんいただきありがとうございました。

次回「美しき悪の華」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください