勇者特急マイトガイン35話 決戦!轟龍VSグレート

エグゼブはジョーがマイトガインを倒さないことにイライラしている。卑怯でもなんでもいいから倒せと命令されるがジョーは拒否。あんたの指図は受けん!これだけは忠告しておく!私を甘く見ていると後で後悔するぞと脅されるが完全に無視。夜にサリーがお花を販売するアルバイトをしているとチンピラに絡まれてしまいます。お花いかがですか?マッチ売りの少女ですね。懐中時計を投げつけてジョーがまた助けに入ります。バラの花言葉を知っているか?バカは死ななきゃ治らないだ時計は踏まれて壊れてしまった。放送日は1993年10月16日。

サリーは助けてもらったお礼と時計を壊してしまったことをお詫びします。それから舞人の両親が列車事故で亡くなっていることを話す。巨大な悪が世界を狙っていると言い残して・・・だからお父さんの意志を引き継いで勇者特急隊を作って。父が残したものは父を殺した憎しみとこのオンボロ時計だけだ!すると壊れた時計の中からマイクロチップがでてきた。ウォルフガングに解析を依頼すると10年前にTR社が発表したオペレーションシステムだった。

スポンサーリンク

この発明でロボットの性能がUPして莫大な富を入手したそうです。宍戸博士の発明だと確信したウォルフガングはジョーに博士の消息を知っているのでないか問い詰める。共同で研究したこともあるみたいで尊敬していた。父は死んだ。いや何者かに利用されたあげく殺された!何?宍戸博士がお前の父親?犬猿の仲だった2人がここでまた力を合わせることになるとは思いませんでしたね。ウォルフガングはTR社の事を内密に調査をする。

轟龍が現れて決着をつけることになり、再び舞人VSジョーの戦いが始まる。そこにサリーちゃんが見守りにきました。旋風寺舞人Gマイトガインは素晴らしいパワーをもっているようだな!だが決定的な違いがある!それはパイロットの腕だ!正義なき力などなんの役にも立ちはしないということを俺が証明してみせる!G動輪剣の衝撃波でダメージを与える。真っ向唐竹割を決めようとしたが回避されブースターナックルで反撃されてダウンする。

ウォルフガングから通信が入り、TR社は裏で大量の武器やロボットを作っているそして指揮を取っているのはエグゼブ。更にジョーと舞人の父を殺した犯人だと知らされる。ワシと同じ科学者を食い物にして平然としている奴が許せんのじゃ!今度はワシを利用しようというつもりじゃろーが、科学者をなめてもらっては困る。

スポンサーリンク

そんな男の元でこの俺が踊らされていたとは(怒)ジョー勝負はこれからだ!いくぞガイン!俺にはやり遂げなければならないことがある。だから負けるわけにはいかないんだ!父さんたちの死を無駄にしないためにも!舞人の必死の姿にジョーの心に変化が現れる。

エグゼブから通信が入り、マイトガインを倒さなければお前は轟龍もろともこっぱみじんになる。ウォルフガングには秘密で轟龍に自爆装置をつけておいたのだ!マイトガインの動きを封じる。ご苦労だった!お前の役目は終わったと自爆スイッチを押す。ジョーはマイトガインを離して上昇する。しかし爆発しなかった。ウォルフガングは自爆装置を外しておいたみたいですね。どうやらあんたに借りができたようだな!勝負はお預けだ!どうしても倒しておかなければならない奴がいる。そいつはお前にとっても敵なのだ!

自爆とかだとガンダムWのヒイロ・ユイですね。どっちもいい役やりますよね。

次回 巨大かぼちゃの襲来


magical

投稿者: magical

アニメの感想とグッズ紹介、おいしいお店とおでかけブログです。
魔法少女系のアニメ主に魔法少女リリカルなのはシリーズ・プリキュアシリーズ・勇者シリーズ・カードキャプターさくらが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)