魔法少女リリカルなのはDetonation感想「ユーリVSマテリアル」

魔法少女リリカルなのはDetonationシュテル
スポンサーリンク



GET BACK

魔法少女リリカルなのはDetonationシュテル

引用元:魔法少女リリカルなのはDetonation公式youtube

物語が中盤くらいの注目する見どころ声優水樹奈々さんによる挿入歌「GET BACK」が流れてユーリとディアーチェ、シュテル、レヴィとの戦闘がはじまる。ユーリを操っている糸を断ち切るためにマテリアル3人の想いが溢れる感動するシーンである。挿入歌めちゃくちゃカッコイイし必死に止める3人の姿に涙。「必ず助けます!」とシュテルがなのはと同じこと言葉を言った時に心がぎゅ~っとなった。

魔法少女リリカルなのはDetonationレヴィ

引用元:魔法少女リリカルなのはDetonation公式youtube

レヴィの必殺技雷神槌が炸裂する。この技はフェイトのサンダーレイジのコピー技だと思われるが、名前をオリジナルに変えている。スマイルプリキュアのピースサンダーに似ている。泣いているユーリに攻撃するのは苦しいが少しだけ我慢して「ユーリが泣いていると僕らも辛い」

魔法少女リリカルなのはDetonationディアーチェ

引用元:魔法少女リリカルなのはDetonation公式youtube

ユーリのしんしょく攻撃がはじまると、ディアーチェは八神はやてからもらったデバイスグリモワールを使い魔法を発動させる。「あなたちまでいなくなったら私は!」と自分を制御できないユーリの拳がディアーチェに命中しようとした瞬間、魔法を展開して本のページが複数散らばり拳を受け止める。

スポンサーリンク

マテリアルの正体

マテリアル3人はユーリのことを思い出した。それはエルトリアの山岳地帯で死にかけていた猫であったのです。ユーリが家に連れて帰り委員会の許可を得てイリスと一緒に育てていた。1匹は2匹を守ろうとしていることから王様と呼ばれた。

エルトリアでユーリとイリスが出会い最初の方の映像に出ていたあの3匹の猫でした。前作でレヴィが「王様はごはんくれて遊んでくれた」と言っていたのは餌を取ってきてくれたことなのでしょう。

スポンサーリンク

シュテルとレヴィの鎖で動きを封じて、王様の必殺技ジャガーノートでユーリを停止させることができた。レヴィはユーリを抱きかかけて泣いている。無事に救出成功と思った瞬間!後方から攻撃が、シュテルが反応して防御するが倒れてしまう。

誰だ?この状況で攻撃を仕掛けてこれるのは?イリスか?シュテルの左腕を切り落として、レヴィも斬られて倒れ込む。ディアーチェに剣が刺さろうとした瞬間にシュテルがかばい貫通する。

シュテルも倒れて、現れた真の黒幕はディアーチェをぶん殴る!このアニメなんで少女をぶん殴るアニメになってしまったのだろうか?吹っ飛ばされたディアーチェは顔が腫れていて倒れてしまう。魔力攻撃で吹き飛ばすのはいいが殴るのは止めてほしい。かわいそうだ。

この後の展開でシュテルとレヴィがどのような選択をするかは、なのはファンなら予想できると思います。ゲーム版のような感じになるのでしょうか?それとも回復して再び立ち上がるのか?

男はユーリを連れ去り姿を消す。この男の正体は一体?そしてキリエとイリスの友情は裏切りで終わるのか?親友に戻るのか?

  1. ユーリVSなのは
  2. エルトリアで起きた悲劇ユーリとイリスの過去
  3. イリス群体量産機の大量生産
  4. 惑星エルトリア再生委員会所長ウィル・マスクウェル
  5. ディアーチェトリニティブラット
  6. 衛星軌道での戦闘ラストバトル

続く

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください