魔法少女リリカルなのはDetonation~Reflection(アミタ&キリエ編)

「魔法少女リリカルなのはDetonation」を見る前に前作である「魔法少女リリカルなのはReflection」を振り返り登場キャラクターや専門用語など復習していきたいと思います。まず今作の主役であるフローリアン姉妹の2人。

アミティエ・フローリアン(CV:戸松遥)

愛称アミタ。キリエの姉で性格はかなり真面目で熱血タイプ。妹を止めるために地球にやってきたがキリエに倒されて負傷してしまう。なのはと意気投合してフォーミュラの力を渡す。

ヴァリアントアームズ:ヴァリアントコアをさまざまな工具に変形、ユニットをベースにして金属や無機物を変化させて武器にする。ヴァリアントザッパー、パニッシャー、ヴァリアントフェンサー、ガトリングブラスター、へヴィエッジ、ファイネストカノンなどを使用した。

フォーミュラ:エルトリアで開発されたエネルギー干渉術式。ナノマシンによってエネルギーの運用電力供給を行う。スーツは技術を応用した防護服である。靴にあるブースターで多少の飛行可能。

アクセラレーター:緊急救助用の加速システムで、ナノマシンを最大稼働させる事で高速移動が可能になるが、消費と負担が大きい。髪の毛と瞳の色が変わる。

スポンサーリンク

キリエ・フローリアン(CV:佐藤聡美)

愛称キリエ。アミタの妹でパパが倒れてからはちょっとすれ違い。姉がなんでもできて自分はできないためコンプレックスがあるかも?幼い時はボサボサのくせっ毛でした。遺跡板であるイリスと出会い相談したりして親友になるが、物語後半に裏切られてします。武装はアミタと同様のフォーミュラですが、設定が高くされていて生存耐久性がUPしている。

システムオルタ:アミタのアクセラレータよりも強力なシステムをイリスに改造されて追加された。消費と消耗が激しく短時間しか稼働できない。髪の毛と瞳が変わり視力をうしなわないようにナノマシンコートがされている。

惑星エルトリアEC4380

フローリアン一家が住んでいた星で平和に暮していたが、環境が悪化して人が住める星ではなくなってしまったため、コロニーに移住した。父であるグランツ博士は研究をしていたが病に倒れてしまった。

母のエレノアは子供たちに優しくて、グランツとは幼馴染でした。アミタのまっすぐな性格は母ゆずり?キリエの髪は父ゆずり?

スポンサーリンク

イリス

元々は惑星エルトリアの教会に住んでいた少女だがユーリに家族と自分の命を奪われていた。廃教会の遺跡板で眠っていた人工知能でキリエと出会い親友になる。世話好きで面倒見るのが好きみたいですが、ユーリに復讐するため利用するのだった。キリエ以外の家族には一度も姿を見せることなく、ユーリの居場所も全て計算していた。

侵攻武装形態アスタリア:ユーリの能力を利用して肉体を作り、自信が持つ能力の復活させた姿。身体機能とフォーミュラの駆使して高い侵攻能力を持つ。ウィルスコードを作成してユーリを操る。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください