仮面ライダー龍騎感想41話「インペラー」佐野満は口が上手い!

スポンサーリンク



ミラーワールドで大量のモンスター軍団を引き連れていたのは新しい仮面ライダーインペラーだった。龍騎が割り込んできて時間切れになり脱出する。

スポンサーリンク

東條の心に変化

香川は家族が無事か電話して生死を確認する。「先生も家族が大事なんですね」そんな様子を見て東條の心に変化が出た。「当然でしょ!英雄になるということは人の命に鈍感になることではありません」と注意するが蓮は「偉そうなこと言えるのか?お前は家族を犠牲にしようとした。それがお前たち英雄のすることか?大切なものがあるならどんな犠牲を払ってもそいつを守ればいいそれが人間じゃないのか?」冷たかったはずの蓮がここにきて温かいこといいましたね。元々ツンツンしていますが、最初から優しい人だったのかな。

仮面ライダー龍騎東條悟

東條が花鶏のバイトを辞めたいと連絡があり、おばさんがショックで放心状態になる。「帰ってきて、帰ってきてサトちゃん!」真司と蓮はどちらか優衣の護衛についていないといつどこで香川たちが狙ってくるか分からないので警戒する。

北岡と浅倉

北岡はゴロちゃんのパスタを食べているとドアを叩く音がした。浅倉が東條の居場所を聞きにやってきたが、最近新人ライダーが増えたため北岡も知らなかった。

「城戸のやつに聞いてみたら知ってるんじゃない?」と浅倉にパスタを取られ食べられてします。貝ごと噛み砕いてペッと吐き出す。「城戸の居場所を教えろ」OREジャーナルの住所を教えてもらい帰って行った。「浅倉もこういう時には役に立つかもしれないな。やっぱし戦いは少数精鋭でやりたいからな」

真司と浅倉

OREジャーナルで編集長は真司にモンスターの写真を見せるが驚かない。そりゃいつも見ていますから驚いたり不思議に思ったりはしませんよね。そこに浅倉威がやってきた。島田とめぐみは驚き声も出ない。「あの何かの加入ならうちはお断りなんで・・・あれ?浅倉威?わぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」パニック状態になる編集長。

仮面ライダー龍騎浅倉威

真司は浅倉に連れられて東條の居場所を聞かれるが教えなかった。「例え知ってても教えない俺も登場には頭にきてるけど、お前の手は借りない」

スポンサーリンク

ゾルダVSタイガ

令子は北岡にモンスターと神崎史郎の写真を見せる。ガラスや鏡が一連の行方不明事件の鍵になっているのではないか?そして北岡と浅倉が関係していると察する。北岡を連れて401号室にいる香川と東條に神崎史郎のことを聞くが教えてもらえなかった。

令子は東條のモンスターに襲われ気絶する。北岡は怒りゾルダに変身してタイガと戦う。ファイナルベントのエンドオブワールドを発射する瞬間にフリーズベントで停止させられてしまった。

仮面ライダーゾルダファイナルベント

「どういうつもりだお前!なんだって令子さんを狙った?」

「英雄になるために必要だから」

「英雄?何言ってんだ」

タイガのファイナルベントでデストワイルダーがゾルダを攻撃して引きずられる。マグナバイザーを連射、ナイトが駆けつけてタイガを切り払う。

仮面ライダータイガファイナルベント

北岡を心配した蓮は声をかけると「信じられるか?この俺があんなわけの分からない奴に、アイツが強いのか?俺が弱くなったのか?」意識を失い倒れ込んでしまった。

仮面ライダー龍騎北岡秀一が病気で倒れる

病院で目を覚ました北岡は蓮に病気のことを知られてしまった。これプライバシーにかかわることを話す医者はどうかと思う。敵同士でいがみあっていた仲なのに、友情が芽生えたのか?お互いにお前呼ばわり。

「お前が倒れた本当の理由を医者から聞いた」

「お前が気にすることじゃない」

「お前が病気だろうがなんだろうがライダーの世界に同情はない」

「お前なんだって俺を助けたんだ?」

「お前に貸を作っとくのも悪くないと思ってな」

「嫌な奴だな」

「お互いにな」

佐野満

仮面ライダーインペラーに変身する佐野満は警備員の仕事をしていて、高級車の人を相手を褒めて車の窓を拭きお金をもらっていた。花鶏の居場所を調べて真司と蓮に接触してきました。名刺を出して。

仮面ライダー龍騎佐野満

「いや~お強い!しかもこんなカッコイイ人達だなんて。すごいなぁ~俺も先輩たちみたいになりたいな。あこがれるなぁ~」

ライダー同士に派閥があり、条件は契約金みたいなものあればいいと金で雇って欲しいみたいですね。蓮はこんな奴は信用できないと外へ追い出す。続いて研究室で香川と東條に接触する。

東條は令子を襲ったことを香川に警告される。神崎優衣を消すために仲間が欲しいと。仲村を殺してしまったのがやっぱりまずかったみたいですね。

仮面ライダー龍騎佐野満変身

「いや~お強い!しかもこんな知的な人達だったなんて、俺頭のいい人って尊敬しちゃうんだよな。あこがれるなぁ~」って同じパターンで金欲しいだけじゃないか!そこにモンスターが登場して「俺の腕見せますよ!俺強いんですから」

龍騎サバイブがシアゴースト2体と交戦しているとインペラーが乱入してきた。「先輩コイツは俺に任せて!」スピンベントで突き飛ばし、ファイナルベントでモンスターの連続攻撃で更に膝蹴りで撃破する。自分の強さをアピールして売り込みつもりですね。

このシアゴーストは劇場版に大量に登場するモンスターで、TVでも使われることになるとは物語が終わりを迎えるということですね。

仮面ライダーインペラー

龍騎はサバイブを解除すると後ろからタイガが襲い掛かってきた。東條は何を考えているのかまったく分からないですね。

次回「401号室」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください