職場にいる高齢者が仕事できなくて困った時の対応策は?

効果はばつぐんだ
スポンサーリンク



困っていること

会社で一緒に仕事をしている高齢者がいるのだが、失敗しても「ごめんなさい」謝罪もないしヘラヘラしているのが不快に思っている。仕事内容は簡単に説明すると、レストランでお客様から注文をもらって厨房に伝えて出来合った料理を提供する。特に難しくもないでしょう。ファミレスに比べたら少ない方でめったに間違えることなどない。

とある日の出来事

4名様テーブルに4つ料理を持って行ったら、1つ商品がラーメンではなくてカレーを注文したと言われた。伝票にはラーメン2個と書いてあったので、本当にカレーなのかと再確認したら他の人も確かにカレーと言っていたとのこと。謝罪してカレーだったと厨房に伝えて提供した。伝票をみると担当者の名前が○○だった。またか!オーダーミスで作られたラーメンがもったいないので、厨房に食べていいか確認して許可をもらい5分で食べました。

「誰間違ったの?」と厨房の人から聞かれて私は答えた。「一人しかいないでしょ?」厨房の人も誰がミスをしたのかすぐにわかったようだ。何故すぐにわかるのか?それはいつも間違える人が一緒だからである。

「もしかして私間違った?」と聞かれたので「ええ!そうですね」と答えた。ヘラヘラして食材がロスになってることも、私たちがお客様に変わりに謝ってあげたのに私たちにも厨房の人にも謝ろうとしない。間違えるのがあたりまえになっていいるんだろうか?ちゃんと確認するように主任に注意されているのにやらない。反省しないから同じことを繰り返す。

私がラーメンを食べている間に、トイレに行ったらしくその帰りに係長にめちゃくちゃ怒られたみたいだ。「係長に誰が言ったの?」と言われた。「さぁ~ラーメン食べてたからわかりません厨房の人じゃないですか?」すごいしょんぼりしていた様子だった。

「係長に誰が言ったの?」ではなく、自分がミスして謝ろうとしない態度は誰が見ても不快に思います。そこを直さないといけないのを理解しているのか?誰かがチクったのは間違いないですが、怒られて当然ですね!お前が100%悪い。

対応策
効果はばつぐんだ

新しく入社した人が間違えるなら「ちゃんと確認しようね」と教えてあげられますが、何十年も同じ仕事をしているのに、なんで間違えるのでしょうか?そんな高齢者(60歳過ぎ)にどのように教えればいいのか困っちゃいますね。ポケモン風に説明すると主任や私たちに注意されても「こうかはいまひとつのようだ」ですが、係長や上の人に注意されたら「こうかはばつぐんだ!」です。

厨房の方でも問題児の高齢者がいて、仕事できないくせに俺仕事できるアピールがうぜえ人がいる。3連休に厨房の人数が少なくて手伝いましたが、ありがとうの一言もなかった。ありがとうの感謝の気持ちも言えない大人が仕事できるわけがない!二度と手伝ってやらんわ。自分の部署を手伝ってもらったら「ありがとう」の言葉を必ず言いましょう。

高齢者って身体が老化して思うように動かなくなり、行動するのが遅いってのは理解できますが、注文されるのはちゃんと聞いて確認してほしですね。注文されてない定食作ったりして自分で夜に持ち帰ったりしてるからね。お前わざと間違ってるだろ?とツッコまれるのも時間の問題だ。

強く注意するとパワハラだとか騒ぐ人もいますので、難しい社会になってしまいました。最終手段として解雇にするしかないでしょう。だっていらない人材だもん当然ですね。5月に入社してきた高齢者が2名辞めました。4か月しかもたない私の会社にも問題があると思いますが、私は楽しければ問題ないので平和に暮らしています。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください