高速道路お盆の帰省ラッシュ渋滞予測東北のイベント

お盆の渋滞予測

夏休みの7月~8月の期間に旅行やお盆の田舎へ帰ったりする人もたくさんいることでしょう。2018年の7月8月は特に猛暑日が続いているので日本中のみんなが、もうんざりするするくらいの毎日を送っている。このため出かけるのを控えている人も多い傾向がみられています。外で働いてる人やドライバーの人は超過酷な仕事をしている、本当にかわいそう。

期間

8月8日~8月19日くらいまで渋滞が予測されている。

ピーク

下り線8月11日~8月13日まで

上り線8月14日~8月16日まで

渋滞は5km~10kmですが長いところでは25kmとなっているNEXCOのホームページで確認することができるのでチェックしてから出かけましょう。

ETC休日割引

ETCの割引日が8月11日~12日から8月9日~10日に変更になりました。

渋滞を緩和させるためにピーク時を少しずらさせる計画のようです。尚11日~12日はETCの割引はありませんので、なんで割引されないんだとか騒がないでください。

スポンサーリンク

高速道路での注意点

安全運転で冷静に行動してください。渋滞したらイライラしたり、急いで行こうとスピード出しすぎで事故を起こす人が必ずいますが、単独事故でも高速道路を利用する全ての人間の邪魔、迷惑になりますので事故を起こさないように注意しましょう。自分と自分の家族を大切にしてください。楽しい思い出が悲しい思い出にならないように無事に家に帰りましょう。

煽り運転するマナーが悪い人間がニュースなどで取り上げられますが、高速道路で止まらせるようなことはしないでください。追突してくださいと言ってるようなものですね。

高速道路に侵入してくる高齢者などもいますが、お盆の時期は比較的家でおとなしくしている人が多いことでしょう。

逆走しようとしている高齢者はお盆の時期は運転を控えてほしいですね。

「酒ないんですか?ワンカップないんですか?ビールないんですか?地酒ないんですか?」など店員に聞いている人をみかけますが、「高速道路で酒を販売するわけがない!」高速道路のサービスエリアではアルコールを取り扱っていません。高速道路で飲酒運転したら大惨事です。欲望に負けて飲んじゃう人間がたくさんいますからね。日常でも忘年会シーズンでも飲酒運転がなくなることはないんです。

サービスエリアにコンビニなどの店舗が入ってる場合も店内にアルコール類は存在しません。

東北のイベント

イベント
  1. 青森ねぶた祭 青森県青森市 8月2日~8月7日
  2. 山形花笠まつり 山形県山形市 8月5日~8月7日
  3. 仙台七夕まつり 宮城県仙台市 8月6日~8月8日
  4. 盛岡花火の祭典 岩手県盛岡市 8月11日
  5. 赤川花火大会 山形県鶴岡市 8月18日
  6. 第92回全国花火競技大会「大曲の花火」秋田県大仙市 8月25日

夏祭りのイベントは花火大会で、岩手県で8月11日に開催される盛岡花火。山形県で8月18日に開催される赤川花火大会。そして最後は秋田県で8月25日に開催される大曲の花火大会です。この花火は見ごたえがあり、各県の花火師たちが集合してお客さんもたくさんくるのでのもすごい渋滞が発生します。

仙台の七夕は小さい頃に迷子になったので行きたいと思いません。暑いし人混みゴチャゴチャだし、行くならクリスマスの光のページェントの方がいいです。寒いですけど。

スポンサーリンク

サービスエリア内での注意点

お盆のハイシーズンはどのエリアもたいへん混雑して渋滞して入れない場合もあります。トイレだけ利用するならSAを利用するより、PAを利用する方がよいでしょう。SAはトイレも渋滞しています。

2018年は猛暑が続いてるためドリンクが少なくなっています。どのメーカーも生産量を増やそうとしていますが、追いつかない状態であり入荷事態が困難な商品もあります。主にスポーツドリンク系や水など。薬王堂やスーパーからもアクエリアスやポカリなども姿を消していました。

コカコーラのメーカーさんに聞くと、その原因は猛暑だけでなく、広島の大雨が降った被災地に優先的に持って行かれてるようです。いろはす各種も在庫が無くなったらしばらく入荷しないことでしょう。欲しいなら今のうちに確保しておく必要があります。

売店のレジも15分くらい並ばないと会計までたどり着けず、レストランやスナックコーナーも待ち時間と料理提供時間が20分以上かかることでしょう。そんなに時間を持て余すならSAに寄らないで通り過ぎた方が無難です。確かに休憩は大事ですが、時間がかかりすぎるなら寄らない方が正解です。ご飯はスーパーかコンビニで軽いものを事前に購入して準備しておくのが良いと思います。休憩するならPAにしましょう。駐車スペースが空いてるといいですね。

一番快適に過ごすのは出かけないことです。ハイシーズンのお盆に出掛ける必要なんてないんです。お盆が終わってから1週間~2週間くらいの間に出掛けると、スイスイ快適なドライブができて観光地も空いてる場合があります。毎日が猛暑日で30℃以上超えてるのに観測史上最高の気温を更新しているのに出かける必要はない。

花火大会に出掛ける人はペットボトルを多めに持って行きましょう。熱中症に注意して楽しいお盆を過ごしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください