仮面ライダージオウ感想18話「スゴイ!ジダイ!ミライ!2022」未来の創造主

仮面ライダーウォズシノビアーマー
スポンサーリンク



謎のアナザーライダーが出現して、もう一人のウォズが仮面ライダーに変身する。アナザーシノビを倒してゲイツが進む道を手助けするのだった。オーマジオウがいない未来からやってきたウォズは今後どんな行動をとるのか?仮面ライダージオウ18話「スゴイ!ジダイ!ミライ!2022」の感想です。

変わろうとする未来

ジオウVSアナザーシノビ

タイムジャッカ―のスウォルツが倒されたアナザーシノビを再び蘇らせ逃走する。ウォズも姿を消すのだった。

ソウゴの提案であのウォズや、このウォズとか混乱するから呼び方を決めるのだった。今までいたのは黒ウォズで新しいのは白ウォズに決定した。

スウォルツは2022年で仮面ライダーシノビから力を奪い取って、2019年アナザーライダーを誕生させた。この時代から未来へ進んでもオーマジオウのいない未来へたどり着くことはできない。ソウゴたちの力ではアナザーシノビを倒すことはできない。

白ウォズはソウゴにアナザーシノビと関われば歴史が変わってしまうかもしれないと止めるが、ソウゴは飛び出していく。

「未来の自分を信じられるなら、力を捨てる勇気だって持てるはずだ!」

倒しても再びアナザーシノビに変身させられてしまう。イオウはタイムブレークでとどめをさす。スウォルツは再びウォッチを使おうとすると断られる。

「止めろ。俺の未来は俺自身が切り開く。確かに今は誰かを守る力はないけど、俺は未来の自分に懸ける。」

白ウォズはシノビウォッチを入手することに成功した。

スポンサーリンク

ウォズフューチャーリング

仮面ライダーウォズシノビアーマー

無理やりウォッチを埋め込まれアナザーシノビになると、仮面ライダーウォズは攻撃を仕掛ける。ジオウはアナザーシノビを守ろうとするが、シノビウォッチを使われて、フューチャーリングへと姿を変える。

「仮面ライダーウォズ、フューチャーリングシノビの前に崩れ去るアナザーシノビであった。」

ジカンデスピアをヤリやカマに切り替えて必殺技の忍法時間縛りの術で倒すのだった。

ほとんどの人間が未来を変えようとしているため、黒ウォズは困っている。白ウォズはゲイツにシノビウォッチを渡そうとするが断られるのだった。ゲイツとツクヨミのいた時代に存在しないライダーも誕生し、オーマジオウが倒された未来、新しい歴史が生まれていた。

オーマジオウを倒すには、持っていないライドウォッチが勝利の鍵となるのか?ディケイドウォッチを使うようになってから、他のアーマーを使用しなくなりましたね。最初からアーマーいらなかったんじゃないかな?ライドウォッチ集めてジオウの姿で歴代ライダーの必殺技を使用できるとかの設定でよかったのではないか。

次回「ザ・クイズショック2040」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください