仮面ライダージオウ感想19話「ザ・クイズショック2040」

白ウォズとゲイツ
スポンサーリンク



仮面ライダーウォズとアナザーシノビの登場に混乱したソウゴたちだが、ゲイツとツクヨミがこの時代にやってきたのは、オーマジオウになるソウゴを止めるため。オーマジオウが倒された未来が存在することが白ウォズから告げられ、覚悟を決めるのだった。

そして、新しい仮面ライダークイズが登場するジオウ感想19話「ザ・クイズショック2040」の感想です。

仮面ライダークイズ

白ウォズとゲイツ

「お前の知識をよこせ!」とアナザークイズが出現してソウゴとゲイツが戦おうとする。直後に堂安主水が仮面ライダークイズに変身する。

「俺はお前たちとも戦う〇か×か?正解は〇だ。」

「お前たちの攻撃は決まる?〇か×か?正解は×だ。」

「俺の攻撃に吹っ飛ばされる〇か×か?正解は〇だ。」

「俺のキックは決まる〇か×か?正解は○だ。」

クイズを出題され答えられないとダメージを受けてしまう特殊なライダーのようだ。ジオウとゲイツは倒されてしまい。アナザークイズに攻撃しようとしたらオーラが邪魔して逃走する。

黒ウォズの説明によるとウォズの本にはアナザーライダーのことは書いていなくて、仮面ライダークイズは未来からこの時代にやってきたと推測する。ソウゴはウォズと一緒にクジコジ堂に戻ってくると順一郎は時計の修理にやってきたお客様を対応していた。その男は仮面ライダークイズだった。

白ウォズはゲイツに接触して、ライドウォッチを入手しアナザークイズを倒すように言われる。力を奪うライダーとしての記憶はなくなる。

クイズは2040年から2019年にやってきて、アナザークイズの正体は父親だった。才能は認められていたが、結果が出なくて評価されていなかった。研究に没頭して家族と離れ亡くなってしまった。母は2040年に病で寝込んでいる。母は父に愛されていなかったと思っている。そのことを聞くためにやってきたのが目的だった。タイムジャッカ―のウールが力を貸してアナザークイズを誕生させる。

スポンサーリンク

クイズの目的

アナザークイズとウォズ

黒ウォズは研究者の連続失踪事件の新聞を持ってきた。アナザークイズを追い詰めるジオウとゲイツだが、またもや邪魔されてしまう。

「君にも引っ込んでいて欲しいものだ。タイムジャッカ―オーラ。今のままでは君はジオウを倒せない。救世主にはなれないと自覚してもらおう。」

仮面ライダーウォズはジカンデスピアを装備してアナザークイズを圧倒する。更に、シノビウォッチを使用して必殺技を決めるのだった。

ゲイツは変身してクイズに戦いを挑むのだった。

次回「ファイナルアンサー2040」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください