仮面ライダージオウ4話「ノーコンティニュー2016」エグゼイドの目的

仮面ライダージオウエグゼイドアーマー
スポンサーリンク



あらすじ

仮面ライダージオウソウゴとツクヨミと鏡

クリアできないゲームをプレイした人間が突然の意識不明となり、天才ゲーマーMが関係しているとゲームの世界に入っていったソウゴたちはアナザーエグゼイドを倒した。すると宝生永夢が姿を現しエグゼイドに変身する。

オーラがアナザーエグゼイドを復活させてゲームの世界から出てきた。宝生永夢は「君たちはこの件から手を引いてくれ」と協力することを拒否された。ゲイツはソウゴを倒すべき敵と見ているが、ツクヨミはマオウにならないように導きたいと願う。

スポンサーリンク

ゲイツは2016年エグゼイドの世界で宝生永夢と鏡飛彩に状況を説明するが鏡は「くだらない!未来だの歴史だの俺の時間を無駄にさせるな」と話を聞こうともしなかった。ブレイブの活躍はほとんどありませんでしたね。

子供の心臓がもたなくて父親がアナザーエグゼイドになるかならないか?オーラは契約を持ちかける。「今日からあなたが仮面ライダーエグゼイドよ」アナザーエグゼイドを倒しても何度も復活してくる。

ノーコンティニュー2016

仮面ライダージオウオーラとアナザーエグゼイド

「医者が救ってくれないなら俺が救うしかない邪魔をするな」と父親は宝生永夢の説得を拒否する。鏡の話だと臓器移植すら困難な状態でもう少し早く病院にこれば救えたみたいだ。ソウゴはゲーム以外に共通点があった。心臓のドナーにあった子供を狙っていた。その真相をしっていた宝生永夢は父親を取り戻そうとしていた。

スポンサーリンク

「あんたの気持ちも分かる。だが他の人を犠牲にするのは違う!Mが全部背負う必要はないよ!アナザーライダーは俺に任せてくれ!俺王様になりたいからさ民を救うのは王様の役目だろ!」

なんで持っていたのかわからないが、ライドウォッチを持っていてソウゴに渡した。

仮面ライダージオウエグゼイドアーマー

2016年にやってきたジオウはアナザーエグゼイドに有効なのはエグゼイドだと気が付いた。エグゼイドは力を失いジオウはエグゼイドアーマーに変身するのだった。必殺技のクリティカルタイムブレークで撃破する。

子供の命を救ってほしいとお願いしてウォッチを渡した。

「俺には王様になりたいって夢がある。だから俺は正しいと思う道を行く。もし道を間違えてオーマジオウになると確信したらいつでも倒してくれ二人の判断なら俺は信じられるから」

次回「スイッチオン!2011」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください