仮面ライダージオウ1話「キングダム2068」最低最悪~最高最善の魔王

仮面ライダージオウ

平成最後の仮面ライダージオウが始まった瞬間、ディケイド第1話のライダー大戦を思い出す光景が広がった。「お前たちに私を倒すのは不可能だ何故か分かるか?」と周囲の人間や兵器を破壊しているこの最低最悪の魔王となってしまったオーマジオウ。常盤ソウゴの50年後の姿だった。

クジゴジ堂

常盤順一郎

現在2018年9月光ヶ森高等学校に通う高校3年生の常盤ソウゴ。夢は「王様になる」みたいです。時計堂クジゴジ堂の店主、常盤順一郎(ソウゴのおじさん)に「受験どうするんだっけ?」と聞かれるが「やらないよ王様になる」と発言。いいな~そんな夢があって。小学生の時は魔法少女になりたかったけど。時計堂では時計屋さんなのにラジオの修理などの依頼があったりする。

「おめでとう君にとって特別な1日になる。赤いロボットには気を付けた方がいい」と見知らぬ男から声をかけられると姿が見えなくなった。大型の赤いロボットタイムマジーンが出現して襲われてしまう。「やっと見つけたぞオーマジオウ」と別の男が現れた。

スポンサーリンク

ツクヨミと呼ばれる女がタイムマジーンで助けてくれて、2068年の未来からやってきたと説明をされる。襲ってきたのは明光院ゲイツでツクヨミと同じ未来からオーマジオウになる前のソウゴを倒そうとやってきたのだ。

時間を越えて白亜紀や江戸時代にやってきて、ライドウオッチを持っていたソウゴだが反応しない。喧嘩をしていた人を和解させようとするが、川に落とされてしまった。そこに仮面ライダーゲイツはソウゴを倒そうと追いかけてくる。

また時間を越えると2017年11月30日、仮面ライダービルドの世界にやってきたソウゴは桐生戦兎/ビルドと万丈龍我/クローズに出会う。状況を説明すると確かに未来人だと証明されるが、過去への干渉をしてはいけないとツクヨミがやってきて記憶操作する。

ツクヨミが持っているこの銃は仮面ライダー555のファイズフォンに似ていてファイズフォンX(テン)と呼ぶ。命中した時にファイズがオルフェノク倒したように○/の文字が出ている。

アナザービルド

アナザービルド

タイムジャッカ―のウールが交通事故に遭いそうになった人を助け説明する。契約することで救われる命があるなら誰でも契約するだろう。「今日から君が仮面ライダービルドだ!」アナザービルドが誕生する。

スポンサーリンク

家に帰って順一郎に話すと夢を叶えるチャンスがあったがリスクもあり見送ってしまったようだ。「もう一度くらいチャンスがくるかと思ってたけど人生そんなに甘くない、時計の針は止まるし、巻き戻すこともできる人生は違う」そうだねチャンスは自分の手で掴まないとね。私はたくさんのチャンスを逃してしまった。

仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ

アナザービルドが襲ってきて「夢じゃなかったのか?だったら俺は王様になれるのか?俺はやっぱり王様になりたい世界を全部良くしたい。みんな幸せでいてほしい王様にでもなるしかないじゃないか!」

「ジオウの力は史上最強。その力を使えば世界は愚か過去も未来も思いのまま」と未来からやってきたウォズがジクウドライバーをソウゴに渡す。

「俺は魔王になるただし、最低最悪の魔王じゃない。最高最善の魔王になってみせる!」

ジカンギレードのケンモードギリギリスラッシュでアナザービルドを倒しました。

「なんで魔王になる道なんて選んだ?俺が今ここでお前の道を終わらせるだけだ!」と仮面ライダーゲイツに変身してゴーストライドウォッチをセットしてゴーストアーマーを身にまとった。

次回「ベストマッチ2017」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください