佐野SAで従業員がストライキ!ケイセイ・フーズの今後はどうなる?

佐野サービスエリア上り
スポンサーリンク



8月の上旬にフライデーの記事で東北自動車道の佐野サービスエリア上り線にて、業者とのトラブルで商品が納品されず、店内がガラガラの状態だと記事が記載され、お盆の帰省ラッシュシーズンの繁忙期に従業員がストライキするといった異常事態が起きたとyahooニュースの記事が記載された。

佐野サービスエリア

佐野サービスエリアは栃木県にあるSAで上下線で問題が起きたのは上り線である。

[住所]佐野市黒袴町字東山1010

[駐車場]大型53台 小型218台

[運営]株式会社ケイセイ・フーズ

ネクスコのドラぷらはを見ると7月のスタッフブログが投稿されていたが、現在は403エラーになり開くことができなくなっている。多いSAは4回ほど更新しているが、このSAはあまり力を入れていないようだった。忙しすぎて倒産しような危機状況ではブログをやってる余裕などないであろう。

ストライキの原因

佐野SA上り運営会社ケイセイ・フーズ岸敏夫社長の経営方針にはついていけません。これは授業因と取引のみなさんの総意です。解雇された部長と支配人の服齲蝕と、経営陣の退陣を求めます。

このSAで全従業員が一斉にストライキを起こしたのは、社長への不満のようである。このような事態になったのはよほど酷いことが積み重ねて起きたのでしょう。

何故この時期にストライキを起こしたのかは、計画的に進めていた可能性がある。この地域のSAなら利用者が多く、毎日売上高くて大変だと思う。ハイシーズンはGWと夏の繁忙期と冬の年末年始である。夏が一番売上が多いので利用者が多くストライキを起こせば注目してもらえるのが狙いだ。

支配人と部長が解雇されるとは、誰が会社を指揮するのだろうか?残された従業員が通常業務を行うにしても続くわけがない。社長馬鹿じゃないの?本社は建設関係の仕事のようなのでサービス業のことは分からないのではないだろうか?

支配人と部長は部下からの信頼があったのでしょう。家族もいるのに相当な覚悟が必要だったと思う。一部の従業員ではなく全員で一致団結の行動を起こしたのはすごいことだと思います。

スポンサーリンク

今後どうなる?

支配人と部長の解雇を取り消して再スタートしようとしているようだが、一度失った信用を取り戻すのは難しい。ケータリングカーにて商品を販売しているとのことだが、業者は納品したくてもすぎにはできないだろう。

ネクセリアとの契約が3年ごとの更新になるので、このようなことをする会社とは契約を打ち切ることになるでしょう。従業員も会社を退社して再就職する方向へ向かうのではないか。

自分が勤務している会社が倒産しそうだと知ったらいつまでもいるわけがない。

佐野SAは他の会社が入れ替わったり、SAの従業員を雇用する形でリスタートするにしてもまだ時間がかかることでしょう。

今回起きたのは佐野SA上りであったが、他のSAでも同じようなことが起きる可能性はないとは言えない。

従業員のことを大切にできない社長に誰もついてはいかない。

佐野SAを利用できなければ次の羽生にアクセスが集まり売上が上がることでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください