東京ミュウミュウにゅ~8話感想「自信を持ってクルージングは初恋風味」

東京ミュウミュウにゅー8話




東京ミュウミュウにゅ~8話「自信を持ってクルージングは初恋風味」の感想です。急にレタスがみんなの役に立ちたいと話し始めた。恋の炎に燃えているいちご、高きを求めるみんと、自分の道を究めるざくろ、日々の鍛錬を怠わらない歩鈴を見て、自分ももっと頑張ろうと意気込む。れたすは張り切りすぎて疲れてしまい酷い顔になった。態度の悪い客が入店してくると、れたすの顔を見て驚いて帰ってしまいました。

「私もっともっと頑張って役に立ちたいんです!」

「何言ってるんですの突然?」

「みんな頑張ってるな輝いてるなって」

自信を持ってクルージングは初恋風味

東京ミュウミュウにゅー8話 東京ミュウミュウにゅー8話

今度の週末は臨時休業となりカフェミュウミュウはお休み。お得意様を集めて東京湾クルーズで新作スイーツお披露目イベントを開催するそうです。白金はいちご達にも楽しんでもらおうと参加を認める。白金はれたすの体調を気にしていて、れたすは謝る。

クルーザーに乗り込むときに歩鈴の兄妹がやってきた。ルーチャ、ヘイチャ、チンチャ、ホンチャ、ハナチャって同じ顔出し適当に作画しすぎ。れたすは泳げなくて船酔いもして足を引っ張ってしまった。全員ドレス姿に変わりとても美しい。

ハナチャはマイペースで遅れることが多いのだが、なんでも丁寧な対応をする。ケーキを食べようとしたのだが、出遅れてしまい残っていなかった。れたすはハナチャに自分のケーキを半分にして分けてあげた。

白金はいちごをダンスに誘いリードする。いちごは相手が白金なのにドキドキしてしまい空気を吸ってくると逃げてしまう。青山一筋のはずが、他の男にときめいてしまった。

れたすは使用済みの積み重なった皿を片付けようとするのだが、カタカタ揺れて倒れそうになり、とっさにテーブルクロスを引っ張り揺れを止めた。周囲の人達から拍手をされ目立ってしまった。

また失敗してしまい落ち込むれたすは、独りでいると海から何かを感じた。そこに白金がオレンジジュースを持ってきておまじないをかける。

「どうせ私なんか…」

「どうせ私なんかってとか思ってたんだろ?観てりゃわかるさ役に立ちたいって張り切ってる割には、空回りしてるみたいだしな」

パイとタルトが作戦を開始して海が汚染され大量のキメラアニマがクルーズ船を襲う。海中から飛び出して攻撃してくるため反撃する隙が無い。ハナチャが捕獲され海中に引きずり込まれてしまった。れたすは助けようとするが泳げなくてどうしていいか迷っていた。そこに白金が登場し言葉をかける。

「落ち着けれたす!自分を信じろ!」

「私がやるしかない!」

ミュウレタスに変身して海に飛び込む。キメラアニマを感知して後を追うのだが追いつけなかった。その時身体が人魚の姿になりキメラアニマを浄化することができた。ハナチャの救出に成功するが呼吸ができなかった。眩しい光が包み込みレタスを助ける。

ザクロスホイップでキメラアニマを吊り上げ、行動不能に追い込みミュウイチゴは必殺技で浄化する。歩鈴はタルトと仲良くなるのだが、今後は旧作と同じになるのだろうか?

事件は解決し、白金はれたすを褒める。れたすの心にもドキドキして白金に好意が出て来た。

「お前はあれを飲んで自分はできると信じた。だから泳げないのに海に飛び込むことができたのも、子供を助けるのができたのも自分自身の力なんだ。自分にブレーキかけてたら、できるもんもできない。もっと自信を持て!」

今回の物語はレタスがミュウアクアの影響を受けて二段変身したのだが、旧作では19話になる。半分以上のスピードで進んでいるが、この時点で蒼の騎士が登場しているのだが、新作ではまだのようです。

次回「恋のキューピッド!デートマル秘大作戦!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)