Z/X Code reunion5話感想「オーバーブースト」衣奈は纏のお姉ちゃん

ゼクス




Z/X Code reunion5話「オーバーブースト」の感想です。「大丈夫よ!纏は本当はとっても強い子なんだから、何でもできるんだから、ほら自信を持って!」纏は姉の夢を見ていた。イラは戦力が見えてきたため、チーム戦を行うことで底上げしていこうと訓練を指導する。今度の相手はランクDで最下位を抜け出すには勝利するしか道はない。

模擬戦

ゼクス

ランクDのメンバーから挨拶されて纏は手を捕まれブンブン振り回される。ドライブシャフトを起動し模擬戦が開始される。ルールはフラグと呼ばれたイヤリングを所持している人に攻撃して倒した方が勝利となる。衣奈がフラグを所持することになり指揮をする。

「シュリちゃん前に出すぎ!」

「援護に向かわなきゃ…えっとお願いあづみちゃん!由仁ちゃん!」

「もう仕事したくなのにな…」

開始早々シュリが切り込むが前に出すぎて全方位囲まれてしまう。衣奈は助けに向かうよう指示するが、纏はシュリのことが嫌いなため無視。あづみは嫌な予感を感じていたのだがリゲルとユニとアムが向かう。

下方から巨大ロボットメタルフォートレスが出現し戦力を分断されてしまう。ランクDのリーダーついていたのはゼクスではなく、他のゼクスの幻術だったのだ。纏は恐怖で暴走しゾンネとオーバーブーストするのだった。全方位にニードルを発射して敵味方関係なく攻撃してしまった。衣奈が被弾してしまう模擬戦は敗北してしまう。

「びっくり纏ちゃんさっきの何?」

「来るな!誰も纏に近寄るな!」

インプリメント第二段階のオーバーブーストを成功させたのはEチームで纏が最初だった。ランクAとBチームは発動させているのだが、纏はこの力をコントロールすることができるのか?過去に誰かを攻撃してしまった夢を見て夜に起きてしまう。纏が起きたことに気が付いた衣奈は海について行く。

「纏ちゃんはどうして学園に来たの?」

「誘われたから…悪い?」

「私は守りたいものがあるからここに来たんだ」

「守りたいもの?」

「とてもとても大切なもの…その気持ちが私に力をくれるのよ。あなたの攻撃からはとても強い恐れや怒り…そして悲しみを感じたわ」

「お姉ちゃんはいつでもどんな時でも纏の味方だった。あの日ブラックポイントができてゼクスが襲って来た時も…」

過去に纏は姉と一緒に過ごしていたのだが、ゼクスが襲ってきて逃げていると姉と離れ離れになってしまった。「助けが欲しいのか?」気が付くとゾンネが側にいて、心配してくれた警察官に恐怖を感じ攻撃してしまった。その日から姉にも会えていなかった。それからずっとゾンネと生きて、誰も傷つけないように一人の道を選んだのだ。

オーバーブースト

天ノ川衣奈纏

模擬戦2回目が開始され再び衣奈がフラグを持つ。纏は離れようとするが側で支える。衣奈の言葉に姉の面影を重ね合わせ再びオーバーブーストするのだった。ロボットに潰されたかと思ったが反撃を開始する。

「大丈夫よ纏ちゃん!あなたは強いわ自信を持って!」

「お姉ちゃん」

「がんばろうね!大丈夫だよ落ち着いてもう少し我慢して!怒りも悲しみもコントロールする息を吸って」

「大丈夫だよお姉ちゃん…今度は纏がお姉ちゃんを守るから!見ててお姉ちゃん」

ランクDチームのメタルフォートレスに攻撃を命中させてフラグを持ったキャラにもダメージを与えて模擬戦を勝利する。纏は衣奈に心を開き抱き着くのだった。

「纏ちゃん頑張ったね!」

「ありがとう全部衣奈お姉ちゃんのおかげだよ」

「纏ちゃん?

「纏って言ってお姉ちゃん」

次回「はたらかないゼクス」

纏ば最初にオーバーブーストするとは思いませんでした。過去が明らかになり衣奈との絆が深まりましたが、衣奈が学園に来た理由が不明のままです。守りたいものとは一体何か?パートナー同士の合体ってのは面白いです。次回は由仁がオーバーブーストするのか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)