Z/X Code reunion6話感想「はたらかないゼクス」由仁とシュリの脱走

オーバーブースト




Z/X Code reunion6話「はたらかないゼクス」の感想です。前回に纏とゾンネがオーバーブーストして一体化した姿は戦闘能力が格段に上昇する。ランクAとBチームは全員オーバーブーストできているのでランクEチームも全員できるように訓練を開始する。毎日ランニングさせらて「うちもう嫌だ働きたくなーい」と由仁は声を上げる。

はたらかないゼクス

由仁シュリ

学園内トップの生徒を選んで次期生徒会役員にする話があった。戦闘時は指揮官として他の生徒の指揮を行い、自動的にランクSになり士官待遇で全員個室となる。そこへ次期生徒会候補のランクAチームが現れ嫌味を言われてしまい、イラが怒り訓練訓練と暴走する。

深夜にユニはアムと一緒に寮を抜け出そうとすると、お尻を押してくれたシュリの姿があった。「脱走とは由仁殿は頼もしいね!無断で外出するのは軍隊では脱走ね。由仁殿の覚悟気に入ったね」シュリと由仁は一緒に山道を進み、お墓巡りで武士道マップにチェックしていた。

「ちょっと待って!」

「旅は道連れ世は情け」

山を3つ越えることを目的と知り熊も目撃情報もあるので大変危険な旅になる予感。ユニはマップを確認すると六月中に達成したらポイント3倍鬼神野武士道道場をスマホで検索した。すると見るからに怪しいサイトがあり「シュリちゃんまさか武士ってここで習っただけなの?」

あづみはトイレに起きると由仁とシュリの姿がいないことに気が付いた。2人は脱走した可能性があり、イラにバレたらどんな騒ぎになることやら、イラが部屋に入りカギを落としてしまうとシュリが音に反応しないことに気が付いた。

由仁は逃げたのはいいけど、この先どうしたらいいのか迷っていた。テントの中で寝ていると鳴き声が聞こえた。お化けだと思ったらシュリのゼクスである絶刃職人ムラマサだった。スタプリのまどかさんみたいだけどシュリとは契約していないのか?

ムラマサは父を超えて食べることも寝ることも忘れ理想の刀を造った瞬間、刀と一体化してしまっていた。ブラックポイント誕生の時に武士の元へやってきたのだが、鬼神野道場にシュリが現れ気に入りムラマサを受け渡した。契約はしているムラマサはシュリを認めていないため剣は鞘から抜けないようだ。

早朝、由仁はアムと一緒に近くも町まで歩くことにした。途中で熊に遭遇し悲鳴を上げて逃げる。シュリが悲鳴に気づき走るが間に合うか?アムは木に登り由仁も枝を掴もうとするが失敗して転倒する。熊が襲い掛かろうとした瞬間アムがかばいオーバーブーストするのだった。

オーバーブースト

ムラマサオーバーブースト

由仁は猫のコスプレしたような姿となり、熊を追い払うことに成功した。シュリが駆けつけると熊が追いかけて来た理由を知っていて奥義を取得した姿を見て高く評価する。イラはあづみたちに脱走兵のシュリと由仁の山狩りを行うことになった。

「見つけ次第発泡することを許可する。脱走兵に情けは無用」

「極端すぎよ」

「これは戦場の常識だ」

「ここは学校ですけど…」

山から下りてきたシュリとオーバーブーストした由仁が返ってきた。契約者とゼクスにより無限のパターンがあり戦闘時以外にも発動することが確認できた。「そういうわけで昨夜からの修行の成果が出たってことかな?」と言い訳しようと思ったのだが「夜間の無断外出が帳消しになるわけないぞ!このクソ共がぁぁ!」水入りバケツを持たされると重くて辛そうな由仁のバケツを持つシュリの姿があった。

「旅だけじゃないね。修行も一人より二人ね」

「ありがとう!」

次回「蒼天への誓い」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)