仮面ライダージオウ33話感想「2005いわえ!ひびけ!とどろけ!」

仮面ライダー轟鬼
スポンサーリンク



タイムジャッカ―のウールはかつて響の弟子だったツトムにアナザーウォッチを渡すのだった。ウォズは4月28日のソウゴの誕生日に盛大な祝福をどうのようにすればいいか悩んでいた。順一郎はおめでとうと言おうとしたがウォズが止めた。小学校の卒業アルバムに「王様になる!」と書かれていた。「この頃から浮いてたのね。」とツクヨミにツッコまれると、さらに上の奴がいた。鼓屋ツトムは「鬼になる!」二人で夢を叶えようとして語り合っていた。師匠の名はヒビキでもしかしたらウォッチを手に入れる手がかりになるかもしれないとツトムを探す。

アナザー響鬼

アナザー響鬼

画像引用元:TV朝日

アナザー響鬼はソウゴとゲイツに襲い掛かる。クウガとウィザードウォッチを使い応戦していると仮面ライダー轟鬼が現れる。

「古代には古代の力だ!」

「いや鬼には魔法だ!」

「鬼の不始末は鬼がつけるっす!」

タイムジャッカ―のウールが妨害してアナザー響鬼は逃走に成功する。ウールは響鬼ウォッチを入手しようと企んでいた。そこに桐矢京介が姿を見せる。「あれは響鬼じゃない。俺は桐矢京介響鬼だ。」お互い状況を確認するためにクジゴジ堂に集まる。鬼としてふさわしいか確かめるために特訓をすることになった。「俺達は死を清め邪気を払い全ての生命を祝福する。」この言葉にウォズは興奮して「我がマオウやろう!完璧にマスターして見せよう!祝福の鬼だ!」

スポンサーリンク

太鼓の練習

太鼓の練習

画像引用元:TV朝日

「祝え!」ウォズは張り切り今まで以上に熱が入る。「できもしない夢なんて見ない方がいい。叶えられなくて絶望するだけだ。」京介はソウゴに話す。とツクヨミはトドロキに話しを聞きに行くとアナザー響鬼と遭遇する。「我がマオウにふさわしい祝福だ!」とツクヨミの指示を聞かないでいると「人を祝うことを何にも分かっていないそんなのあなたが楽しいだけ!」この言葉にショックを受ける。

ツトムと京介

ジオウⅡとゲイツリバイブ

画像引用元:TV朝日

ジオウとゲイツはアナザー響鬼を追い詰めると正体はツトムだった。話しを聞こうとするとウールが再びウォッチを起動させる。京介白い響鬼に変身してツトムを守るためにゲイツを止める。京介は響鬼になれなかったただの鬼だった。

ゲイツリバイブ

画像引用元:TV朝日

桐矢京介役を演じるのは、仮面ライダー電王でゼロノスに変身して桜井侑斗を演じた中村優一さんである。

次回「2019ヘイセイのオニ、レイワのオニ」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)