仮面ライダージオウ36話感想「2019ハツコイ、ファイナリー」

ソウゴと裕子
スポンサーリンク



仮面ライダー銀河の猛攻に太刀打ちできなかったジオウとタイムジャッカ―は一時的に手を組むことになった。銀河の力を自分のものにしようと企んでいたスウォルツはアナザーキバにも協力を求めるのだった。全員が祐子の前にひざまづくのだった。

タイムジャッカ―との協力

仮面ライダージオウキャスト

「女王様にふさわしい美しさ。輝くようでございます。実はお願いがございます。ギンガなる者を倒すためにお力添えを。」

「いいいだろうただし条件がある。全員私の前でひざまづけ!」

ゲイツとオーラはひざまづかなかったが、ツクヨミとスウォルツが無理やりそうさせた。ここおもしろい。満足した祐子は気が変わりそのまま立ち去る。慌てるスウォルツ。

「貴様状況が分かっているのか?」

「お前の意見など求めていない!」

いつも言ってるスウォルツの台詞を祐子が言ってしまい、ウールに笑われる。ここがめっちゃおもしろい。ソウゴは子どもの頃の初恋の相手に言葉をかけると、祐子は思い出した。順一郎に初恋の相手に会ったのは奇跡とおだてられてごちそうを作る。

祐子の冤罪を確かめるために過去に飛ぶゲイツ。祐子は恋人にできた女をマンホールで殴り殺害した。なんでマンホール?冤罪は全てうそだったのだ。

ギンガは街で暴れ出しジオウとウォズとタイムジャッカ―は止めようと協力する。祐子を守ろうとソウゴはかばう。天候が悪化してギンガの行動が停止する。祐子はソウゴを介抱して王様と女王になり世界を支配しようと話す。ガルルが攻撃を仕掛けてきてソウゴにキバウォッチを渡す。

祐子は関係者を消してソウゴの言葉を聞かなかった。そして天候が回復してギンガも活動を再開する。ジオウをかばい祐子はアナザーキバに変身して戦う。3人同時にライダーキックを直撃させて銀河を倒す。

ウォズとスウォルツ

ギンガウォッチを取得しようとしていたスウォルツからウォズが奪うのだった。結婚式場で恋人の邪魔をする祐子はまたもやマンホールを投げつける。ソウゴはキバウォッチを使おうとしたができなかった。ウォズがギンガウォッチを使いアナザーキバを倒すのだった。アナザーライダーって同じライダーのウォッチじゃないと倒せないのではなかったのか?設定が途中から変わっている。

ソウゴと裕子

「私に傘はいらないソウゴ。全人類の傘になれ!」

祐子はソウゴに想いを伝えるとウールに撃たれてしまい死亡する。いや祐子も怖いけどウールの方が怖いな。ソウゴは傷つき散歩していると自転車の調子がわるくなった女性出会う。

「ありがとう可愛い坊や。」

次回「2006ネクストレベルアップカブト」

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください