仮面ライダージオウ37話感想「ネクストレベルアップカブト」矢車と影山

矢車想
スポンサーリンク



仮面ライダージオウはカブトは編へ突入する。東京に隕石が次々と落下して、地球外生命体ワームが出現して元ZECTシャドウの影山に擬態する。カブトウォッチを手に入れる鍵となるのが仮面ライダーガタックの加賀美新(かがみあらた)。

仮面ライダーガタック

ガタック

OPがカブトで始まるのかと思ったらいつものジオウになりました。ここドキッとした(#^.^#)隕石が落下した2箇所を別々に対応するソウゴとゲイツ。以前まではアナザーライダーが出現すると元のライダーの力が無くなっていたが、ブレイドの剣崎一真とアギトの津上翔一のように記憶も力も残っている。とツクヨミは何か変わってきていると推測する。

ゲイツとウォズはワームを倒すが、脱皮して進化する。採取界のボスキャラ三島がネイティブとなったあのワームが出現した。クロックアップして高速移動して攻撃を仕掛けるがウォズとゲイツはシノビとリバイブの力を使う。

影山瞬

影山瞬

ソウゴはジオウに変身するとガタックが現れ協力して撃破する。するとクロックアップで攻撃を仕掛けてきたのはパンチホッパーの影山瞬だった。パンチホッパーはTVシリーズで一度も使わなかったクロックアップをジオウで使いました。

影山はザビーとして組織を率いていたが、カブトにザビーゼクターを奪われてからシャドウから脱落して絶望する。矢車に助けられてパンチホッパーとなるが正義の味方の燃えカスが残ったままで、再びザビーに戻ることができたが結局見放された。最後はネイティブのネックレスを装着したため人からネイティブになり矢車に倒された。

「影山か?」

ガタックはキャストオフしてマスクドフォームからライダフォームへチェンジしてクロックアップで対抗する。ツクヨミは付近にいた親子を守るために力を使うとスウォルツが観察していた。ツクヨミとの関係を調べていたディケイドの門屋士がいた。

「力は強くなっているようだが、完全に覚醒するのは時間の問題だな。」

「その覚醒ってやつをするとどうなる?その女とお前が関係があるってことは調べがついている。」

ジオウは未来を予測してパンチホッパーに攻撃を当てる。続いてガタックはライダースティングを発射するとアナザーカブトが出現する。

「終わりだ影山!」

「弟に手を出すな!鏡お前はいいよな?」

アナザーカブト

この声はまさか?アナザーカブトの正体は矢車だった。一番変身したライダーの数が多いのではないか?ザビー、キックホッパー、アナザーカブト3ライダーを1人で演じている。

矢車想

矢車想

元ZECTシャドウのリーダーで仮面ライダーザビーに変身していた矢車想だった。パーフェクトハーモニーと言いながら仲間よりもカブトを倒そうとしたためザビゼクターから見放されてしまいZECTからも姿を消した。その後キックホッパーとして再び地獄の力を得た。

「カブトもどきの正体は矢車想。俺と同じで元々ZECTのメンバーだった男だ。」

「ZECTそんなのあったんだ聞いたことないけど。」

「パンチホッパーは影山瞬。矢車とコンビなんだ。地獄兄弟と言ってね。」

「兄弟なんだ。」

「兄弟なんかじゃない。シブヤはいつあんなに復興したんだ?1999年隕石が落ちてシブヤは壊滅しただろう?」

クジゴジ堂で加賀美に説明してもらうがシブヤ隕石から20年経過したようだがジオウの世界とカブトの世界は違うのか?ZECTの存在も大きくなっていないしワームのことも知らなかった。だがウォズの本にはカブトの情報が記載されてる。どうなっているのだろうか?

「どうやらだいぶ時空が始めている。」

ツクヨミは力を使った時に父と母と男のことを思い出した。士は話しを持ちかけて共に調査を開始する。ウォズはツクヨミのことを知っているようすだが、そこに影山瞬があわられた。え?別人じゃない太ってる。

「捜してるのは俺か?手伝ってほしいんだ。俺は兄貴を助けたい。」

「加賀美さんが言ってたよ。あんたワームなんじゃないの?」

「そうだ。でも人間としての記憶はそのままだ。だから兄貴があんな怪物になってしまったことが辛い。俺達は地獄を見過ぎた。これ以上地獄は見たくない。」

ソウゴとウォズは影山の罠だと思い誘われて工場へ向かった。そこへ加賀美が後をつけてやってきた。お人好しとか言っているが加賀美が一番お人好しなんだよ。弟がワームに殺害されていて同じ境遇を持ってるサソード剣と行動するようになったが実は剣もワームで実の姉を殺害していた。サソリのワームを倒すため「全てのワームは俺が倒す!」と言っていたが最後はカブトにお願いして願いを叶えてもらった。剣は登場しないようだ。一時的に剣も弟としていたこともあった。

地獄兄弟

「君は人が良すぎる。君をはめるための罠だったんだよ!これは!」

「確かに罠だ。でも狙いはそいつじゃない。お前だ。お人好しは誰だよ?他人を助けてる場合じゃない。」

「矢車!そいつは影山じゃない!」

「それがどうした?どうせ俺なんかワームしか相手してくれない。」

地球へ向けて巨大隕石が接近してきた。ジオウはフォーゼアーマーで宇宙へ向かい隕石を破壊するとさらに巨大な隕石があった。ウォズとガタックはアナザーカブトとパンチホッパーと戦う。ギンガフォームにあり必殺技でアナザーカブトを倒すと炎の中からキックホッパーが出現。

「カブトの力は宇宙の力、宇宙の力で私に敵うと思うか?」

「どうせ俺には宇宙の力なんてない。地獄の力だけだ。」

キックホッパー

キックホッパーはライダーキックを命中させて逃走する。加賀美と影山の姿も無くなっていて道に落ちていたのは手紙とカップラーメンだった。これは拉致された可能性が高い。「今俺を笑ったか?」川の中を歩いている矢車を見つけたゲイツ。

ツクヨミは士に案内され2058年の世界へ到着する。そこで見たものは?

次回「2019カブトにえらばれしもの」

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください