デリシャスパーティプリキュア19話感想「みんなでデコレーション!お兄さんへの贈りもの」

デリシャスパーティプリキュア




デリシャスパーティプリキュア19話「みんなでデコレーション!お兄さんへの贈りもの」の感想です。菓彩あまねがフルーツペンダントの力を得て4人目の追加戦士キュアフィナーレに変身することができました。ゆいに「明日はどんな自分になりたい?」と質問され、「私はみんなを笑顔にできるパフェのような人になりたい!」と自分の気持ちを伝えることができました。プリキュアに覚醒してウバウゾーを浄化する。

新しい仲間

デリシャスパーティプリキュアデリシャスパーティプリキュア

あまねはマリちゃんからグラスを受け取り、みんなでフルーツポンチを作って食べた。ゆいはとっても美味しそうに食べる。らんはあまねに「あまねん」と名前をつけ、みんなからあまねにプリティホリックのチークをプレゼントする。ここねはあまねに対して敬語だったが、呼び捨てでOKが出たので、名前で呼ぶようになりました。この恥ずかしいそうに名前を呼んでいるここねちゃんかわいい♡

「よかったら私のことはあまねと呼んでくれ、敬語も気にしなくていい」

「あまね…」

新しいプリキュアが加わったことでクッキングダムに報告する。あまねの情報からブンドル団のアジトは異空間に存在し、ゲートを使用して各世界へ移動している。ゲートから出た場合、特定の場所ではなくランダムに出ることが判明。以前からシナモンという名前が出てくるがマリちゃんとどんな関係があるのだろうか?シナモンが盗んだ犯人だと思われていたが、どうやら違ったようだ。

「操られていたとはいえ過去の自分をなかったことにはできない。だからこれからはみんなと一緒に頑張っていきます」

「そういえば以前盗まれた時はどうやってブンドル団から取り返したんだ?」

「その時盗み出したのはシナモンというクックファイターよ。レシピボンもすぐに見つかったわ」

「シナモン?それは誰だ?過去レシピボンを盗み出したのはブンドル団の仕業だと聞いている」

「ブンドル団が盗んだということはシナモンじゃなかった…」

「マリちゃんどうしたの?」

みんなでデコレーション!お兄さんへの贈りもの

菓彩あまね和実ゆい

19話から私立しんせん中学校の制服が夏仕様に切り替わっている。あまねは自分がジェントルーだったこともありみんなを傷つけたことを後悔していて、生徒会長を辞めると決めていたのだが、プリキュアになったことで気持ちが変わり、続けることになった。ゆいはなんだかんだで褒められて嬉しいのが表情に出ている。

「あまねちゃんやっぱり辞めちゃうの生徒会長」

「ゆい…続けさせてもらうことにしたよ。みんなを笑顔にしたいから…君たちのおかげだよ」

「あまねちゃんが頑張ったからだと思うけどな」

「もうすぐ兄たちの誕生日でね、お祝いとお礼を兼ねてケーキを用意しようと思うんだ。君達から心のこもったプレゼントをもらってすごく嬉しかったから、一緒に考えてもらえたらって」

菓彩あまね菓彩あまね

あまねは兄達の誕生日にケーキを作ろうと思うのだが、どんなケーキにしたいか相談するとデコレーションケーキに決まった。菓彩家でケーキを作ることになり、ゆあんはチョコクリームが好きで、みつきは生クリームが好きで2つ用意しようとする。

妖精達が自分のパートナーのセンスが抜群であると推しまくる。2つのケーキを作るため2つのチームに分かれて作ることになりました。私服も夏仕様に変わりました。

新たなプリキュアの登場に困っているブンドル団だが、ナルシストルーはまだ余裕な感じだが、流石にセレクトルーはイライラしている様子。他にも幹部はいるのだろうか?

「まさかジェントルーがプリキュアになるなんて…キュアフィナーレだっけ?」

「邪魔者が増えて煩わしいことこの上ない。ナルシストルーそろそろ結果を出してください」

「捕獲箱の改良とか結構役に立ってると思うけど?」

「それは結果とは言えません…っていうか早く行けっつーの」

「それではまいりましょう…ブンドルブンドル!」

ゆい&らんがチョコクリームケーキ。ここね&あまねが生クリームケーキの製造を開始する。実況&審査はマリちゃんが担当する。らんは胡麻団子を持参してきたのだがトッピングするのに困っていた。味見ばかりで全然進んでいません。あまねはデザインを決めていて、間に挟むフルーツはここねと相談しようとしていた。

「間に挟むフルーツはシンプルにして、見える部分は華やかにしたらどうかなと思うんだ」

「フルーツの種類は決めてるの?」

「それは君と一緒に相談しようと思って…」

「…は!それじゃラズベリーは?」

「うん!いいね」

菓彩あまね菓彩あまね

双子の兄は2人で1つのケーキだったので、どちら好みのケーキにするか喧嘩をしてしまい、それから誕生日には2つのケーキが用意されるようになりました。ゆいの瞳がキラやば!になっている。休憩時間になり兄の口からケーキの単語が出て来た。覗かれたと思いあまねは注意するのだが、ケーキの香りで何を作っているか気づかれてしまった。あまねの困って恥ずかしがるこの表情がとても可愛い。

「それにしてもケーキの完成が楽しみだな」

「!覗くなんて無粋だ」

「甘い香りとキッチン占拠から想像したまで、覗いてないんてないよ」

ナルシストルーはケーキのレシピッピを捕獲する。兄たちの思い出が消えてしまい、モットウバウゾーが召喚される。ゆいたちは駆けつけてプリキュアに変身、4人集合が今回が初めて。ウバウゾーの攻撃を回避しヤムヤムとスパイシーの必殺技で応戦。プレシャスも攻撃を仕掛けるのだが捕まってしまう。フィナーレが手を差し出しプレシャスをお姫様抱っこして救出に成功。

プレシャスのピンチにブラぺが駆けつけたが一足遅かった。もう少し早ければ大好きなゆいをお姫様抱っこできるチャンスだったのにね拓海。ブラぺの姿を見てシナモンを重ね合わせるマリちゃん。もしかすると拓海の父がシナモンなのではないだろうか?

フィナーレはクリーミーフルーレでプリキュアフィナーレブーケを発動させ、プレシャスが1000キロカロリーパンチでダウンさせる。プリキュアデリシャスフィナーレファンファーレで浄化に成功。マリちゃんはブラぺに問いかけるが、謝りたいとはどういうことなのだろうか?

「待って!あなたシナモンと関係があるの?もしそうならあの人に謝りたいの」

「私には関係ない」

ケーキが完成して妖精達はあまねにケーキを作り渡すのだった。誕生日だけどあまねの歓迎会でもあるのだろう。兄達は喜んでくれて、あまねは最高の笑顔をしていた。

デリシャスパーティプリキュア菓彩あまね

次回「あまねのマナーレッスン!あこがれのレストラン」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)