仮面ライダーW運命のガイアメモリAtoZ感想「最凶のエターナル」

エターナル
スポンサーリンク



「劇場版仮面ライダーダブルFOREVER AtoZ運命のガイアメモリ」の感想です。2010年8月7日東映系で公開され2011年1月21日にBlu-ray&DVDが発売された。劇場のみに登場するのが白色の仮面ライダーエターナル。NEVERの大道克己を演じるのは松岡充さんです。

エターナル

NEVERの大道克己が財団XのヘリコプターからT2ガイアメモリを奪う。克己が手に入れたのはエターナルで他のメモリは空中で爆発して風都の街にバラバラに散るのだった。残りのメンバーは自分のメモリを求めて捜索に出るのだった。

エターナル

亜樹子は竜から風都タワー花火大会のチケットをもらい、デートすることになったが生憎の雨だった。探偵事務所では雨漏りしていて騒いでいた。フィリップは降水量について調べてゾクゾクしている。近くにいた子供に声をかけられて母親が迎えにきてもらい喜んでいた。

「母親が来ると嬉しいのかい?どんな気持ちなんだ?」

「お母さんが来るのは当たり前でしょ?」

フィリップ

子供はフィリップに挨拶をして帰って行った。すると街では倒されたはずのドーパンドが暴れて親子を助けようとする。「早くその親子を!」黒い服を着た女性が助けてくれてフィリップはシュラウドだと思っていた。

マリア

左翔太郎が駆けつけて仮面ライダーWに変身すると、倒れたフィリップの身体を女が抱きかかえてくれた。照井竜はアクセルに変身しナスカとウェザーと交戦する。エンジンマキシマムドライブで撃破する。

フィリップ左翔太郎

「絶望がお前たちのゴールだ!」

照井竜

Wはヒートとルナを使い戦うが建物が倒壊してCycloneのドーパントが助けてくれた。誰なのか不明だが姿を消してしまう。ジョーカーマキシマムドライブジョーカーストレンジで撃破するとメモリブレイクされると、ウォッチャマンとサンタちゃんだった。

マリア・S・クランベリーとNEVER

大道克己

マリアは国際特務調査機構の捜査員でNEVERを追っていた。A~Zの26個のT2ガイアメモリはスロットなしで人体に入り勝手に呼び合いドーパントに変えてしまうようだ。マリアは仮面ライダーに協力を求めてきた。

「さっきは立派だったら坊や!」

「坊やは止めてください僕は子供じゃない。」

フィリップの様子がおかしくなったことに翔太郎は気づいたが、話してはくれないようだ。

NEVERと呼ばれるネクローバーの傭兵部隊で、リーダーは大道克己、泉京水、羽原レイカ、芦原賢、堂本剛三の5人。

板野友美と河西智美

フィリップはマリアが落としていったオルゴールを届けにホテルへ行く。クリーンとエリザベスは高校生ルートでメモリを3つ入手して翔太郎へ届けるのだが、クイーンはメモリと呼び合いっていた。この頃AKB48が人気でしたね。クイーン役を板野友美が演じ、エリザベス役を河西智美が演じてCDも出していました。そこに登場したのはNEVERのレイカだった。メモリを返してもらおうと翔太郎はレイカの手に触れると冷たかった。

「そこの美人返してくれる。冷めて。」

「言ったね気にしてること!」

「お前大道克己とか言う奴の仲間?」

「体質合わなっぽい。やっぱ私の運命の1本は最初に会ったこの子なのかな?」

羽原レイカ

レイカは翔太郎を蹴り飛ばし、ヒート・ドーパントに変身してバイクで逃走する。翔太郎もWに変身してバイクで追いかける。近くにいた京水はルナ・ドーパントに変身しミュージアムの分身を作り出す。このバイクのシーンがこだわって作られている。

泉京水

サイクロントリガーになり、攻撃を仕掛けると剛三が現れ妨害する。Wは投げ飛ばすと「あ?やべぇ!」と声を上げる。そりゃそうだ相手はドーパントではなく人間なのに投げてしまったのだから。

堂本剛三

「ようやく出会えたぜ俺のメモリ!」

折れた骨を無理やり元に戻しメタルのメモリを拾った。3体のドーパントに囲まれ苦戦しているWはサイクロン・ドーパントに助けてもらうのだった。フィリップは本棚を使い検索を始める。園崎家のガイアメモリと化学薬品等を使ったNEVERは財団Xの投資対象の座を争っていたのだ。結局選ばれたのはガイアメモリだったがNEVERはその後も実験を繰り返していた。

仮面ライダーエターナル

大道克己エターナル

調査機関と合流することになったとマリアから連絡がありフィリップたちは開発予定地にやってきた。そこにはNEVERの大道克己が待っていた

「よう兄弟。お前は他人に思えない。」

「なんのことだ?」

「地球の全ての記憶をその身に映し出された超頭脳の持ち主なんだろ?運命的に誕生した科学の怪物。俺達は同じ化物だ。」

「フィリップは化物じゃない。死人のお前と一緒にすんな!」

「死人のNEVERの力を味あわせてやる。俺は仮面ライダーだ!」

「ふざけんなよ仮面ライダーはこの街の人達の希望なんだ。戦争屋が名乗っていい名前なんかじゃねー!」

「俺は新しい街の希望だ間違ってはいない。」

「僕が行くよ翔太郎。」

WファングジョーカーWファングジョーカー

フィリップがファングメモリを使いファングジョーカーへ変身する。圧倒される姿を見て竜はアクセルに変身すると、賢がトリガー・ドーパントになり撃ち込んでくる。アームファングで斬りかかろうとするが、切り払われ叩き落される。

芦原賢

「フィリップこうなったらエクストリームで勝負だ!」

エクストリームメモリとプリズムを使い反撃しようとするが最凶のライダーの前に倒されてしまう。エターナルマキシマムドライブを使われ変身が解除されメモリが使用不可になってしまった。

エターナル

「さぁ地獄を楽しみな!終わりだ過去のライダー」

「僕たちのメモリが機能を無力化されている。」

「俺のエターナルメモリは特別でね。一度発動すればT2以前のガイアメモリを使用不能にする。エターナルの名の元永遠に!」

マリア

亜樹子が狙われマリアはサイクロン・ドーパントに変身して守るのだった。マリアはNEVERの仲間でガイアメモリを集めるために近づいてきたのだった。メモリは25本奪われてしまい残された1本が勝利を握る。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)