ISLAND4話「このせかいはひみつだらけ」枢都夏蓮の母親は?

スポンサーリンク



枢都夏蓮の行動

夏蓮が刹那にめちゃくちゃにして発言をした後にどんなことするのかと思ったら、話を聞くと島を出る準備が整ったみたいで協力することになりました。凛音に状況を説明すると「人が苦しんでいるときに手を差し伸べる、刹那のそういうとこ好きだよ」と協力してもよさそうですね。

ISLAND御原凛音

夏蓮が結婚することになりお相手は駐在所のおまわりさんだった。沙羅にも事情を説明すると協力をしてもらうことになり、作戦実行することになりました。おまわりさんも気持ちを分かっていてくれて、父に反抗することだった。

ISLAND枢都夏蓮

兄のスバルも戻ってきて、結婚式がスタートしました。「この結婚式は呪われている」と刹那がマスクをつけて妨害しに来た。素顔を見せると父は怒りますが、夏蓮が「アンタの身勝手なやり方にはもうこりごりだ!私は島から出ておふくろに会う」と逃げ出す。父は許さないと殴ろうとするが「殴りたきゃ殴れ」と言われできなかった。枢都守春(くるつすばる)にも止められて座り込む。

スポンサーリンク

島を出たらコンビニにファミレスに映画に行ってみたいと母に会うためにワクワクしていたが、バイクの運転操作をミスして海に落ちてしまう。助けてもらい船で島から本土に到着したが電車の改札にてこずります。田舎の人が都会に行くとこうなる気持ちはよく分かります。自由になった夏蓮の挿入歌がカッコイイ!

ISLAND枢都夏蓮

母親

ISLAND枢都夏蓮の母のお墓

「このせかいにはひみつがある」母が好きだった本は夏蓮も好きだった。なんかリトルバスターズみたいですね。母の居場所が書かれた地図を見て進むと人が住んでいないような場所だった。海が見える崖にお墓があった。そう母は既に亡くなっていたのだ。「先生にそっくり夏蓮さんでよね?」と抱きつかれてしまう。山吹桃香は母の教え子だった中宮すえはるは母のペンネームだった。

ISLAND山吹桃香

母は1年前に高速道路で事故に巻き込まれて亡くなってしまったようです。

夏蓮の入浴サービスシーンが一瞬しかなく、島帰ることになりました。お墓は海の見える場所にしてほしいとお願いされていた。母は島から出てきたのには理由があった。研究者として呼ばれたんですね。母は自分のやりたいことできて幸せだったことを聞かされた夏蓮も笑顔になる。

枢都夏蓮

凛音も夏蓮も変わったのに沙羅は変わってないと自分も変わりたいと思っていた。「頑張るだけじゃダメなんです私にはもう時間がないんです」

伽藍堂紗羅

次回「だからあなたをしんじてる」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください