デリシャスパーティプリキュア21話感想「この味を守りたい!らんの和菓子大作戦」

キュアヤムヤム




デリシャスパーティプリキュア21話感想「この味を守りたい らんの和菓子大作戦」の感想です。らんはパンダ軒で新メニューのかき氷をどんなふうにするか悩んでいた。するとあまねに出会い相談していたのだが、らんがよく行っていた、はごろも堂という和菓子の店に紙が貼ってあった。閉店することを知りショックを受ける。近くにデパートができて和菓子屋さんが入るようだ。60年も続けてきた店を終わらせるという決断をしないといけないのはとても辛い。

「なんかこうパンダ軒特製ってのが欲しいんだけど…うわぁぁぁぁ!」

「どうした?」

「日頃よりご愛好いただきありがとうございます当店は今月をもって閉店いたします…ほげぇぇぇ!」

「なじみの店なのか?」

「ここのお菓子美味しくてよく来てた」

この味を守りたい!らんの和菓子大作戦

デリシャスパーティプリキュア (1)デリシャスパーティプリキュア (1)

らんは和菓子屋さんが閉店しないようにするにはどうしたらいいか考えていた。ここねはキュアスタで宣伝すること、ゆいはあまねにお願いして放送で呼びかけてもらえばいいと案を出した。らんはあまねにお願いするのだが、許可を得るため放課後みんなでお店に向かうのだった。

店舗の中でも食べることができて、らんは宇治金時のかき氷を注文する。あまねは水無月を食べる。氷の節句に無病息災を願って食べられるようになったもの。旧暦では6月1日で、現歴は6月30日に食べることが多いそうです。

「何と美しい緑。そして頂上からの曲線は豊かな京都の山の稜線のよう」

「いつもこんな感じなのか?」

「ほわぁぁぁ口の中に京都が広がる。時おり感じる抹茶の苦みがその中にある甘みをより引き立ててくれる。まるで慣れない着物でゆっくりしか歩けないけど、その分じっくり観光できたみたいな感じ!」

「すごいなかき氷を食べてここまで感動し、そしてそれを表現できるとは」

「食には歴史がある。私は歴史を食していると思っている」

「ここで是非ここのお店を紹介させてください。それから学校のみんなにもはごろも堂さんに来てもらえるように宣伝します。こんなお店の閉店なんて寂しすぎます。私達に任せてください!」

らんはキュアスタで紹介させてほしいと許可をもらうのだが、その様子を見ていたあまねは何か考えていた。

今回も失敗するであろうナルシストルーはいつものように嫌味を言われていた。

「何をブツブツ言っているのですか?横文字ばかりですね」

「俺様にふさわしい」

「かき氷ゴーダッツ様のお好きな甘未です」

「ゴーダッツ様のために華麗にかき氷のレシピッピを奪ってきてやろう」

「期待していますっていうか、いつもそんなこと言ってる…ではブンドルブンドル!」

らんとあまね

デリシャスパーティプリキュア (1)菓彩あまね

帰りにあまねはらんに声をかけ、キュアスタに投稿するのはいいが、学校での宣伝はしないと話をする。あまねは大人なので、はごろも堂の人が閉店する理由が他にあるのではないか?無関係な自分達が干渉すべきではないと考えた。らんはお客さんを呼べば閉店しないと意見が分かれてしまう。

「なんで?はごろも堂の人もありがとうって…」

「それはらんの思いに対してのお礼だと思う」

「はごろも堂閉店しちゃうよ…あまねんはそれでいいの?」

「はごろも堂には、はごろも堂の事情というものがある」

「デパートにお客さんとられちゃうからでしょ?じゃあお客さんをはごろも堂にいっぱい呼べば大丈夫じゃん!」

「とにかく我々が干渉すべきことではない」

「らんらんは嫌だよ絶対はごろも堂を守るんだもん!全校放送してもらわなくていい…らんらん自分で考えるから」

らんは学校でゆいとここねに昨日の出来事を話す。ここねもあまねの意見と同じで、らんが突っ走ってるように感じ、理由をちゃんと聞いたのかと問いかける。ゆいもおばあちゃんが野菜に元気がない時は水を上げればいいというわけでなく、他に理由があるのかもしれないと例え話をするのだが、らんは怒ってしまった。

「あまねのいうことも分かるな始まりがあれば終わりもある。お店の人にどうして閉店するかちゃんと聞いた?らんが思ってる理由とは違う理由があるのかも?」

「もし他に理由があるなら知りたいかな」

「らんらんが間違ってるってこと?もういい一人でなんとかするもん!」

らんはチラシを作って学校で配布するのだが、店に行くと全然生徒達がいなかった。店の人にはごろも堂を続けて欲しいと想いを伝えるのだが、閉店は決めた理由を聞かされる。1つは年齢の問題。2つは新しい店がそこにできるなら譲ろうとする気持ちがあった。何度も新しいものと古いものは入れ替わっていくものだと。

「はごろも堂の味はどうなるんですか?」

「それは寂しい気持ちがあるけれど、お客さんの気持ちに少しでも残ってくれたらいいかな」

店に入ると最後に常連さんが食べに来てくれていた。そこにはレシピッピの姿があり、店主はそれだけで十分だった。らんは自分が続けてほしいという気持ちだけで行動していたことを知る。ナルシストルーがレシピッピを奪い、みんなが駆けつける。

プリキュアに変身して応戦するが、かき氷のウバウゾーはプリキュアを全員、型に入れてかき氷にしようとする。マリちゃんは必死に止めるとブラぺが助けに来た。ヤムヤムは必死に守ろうと単独で突っ込むと、フィナーレが加勢する。ダブルプリキュアパンチでダウンさせ、フィナーレの必殺技で浄化に成功する。

「はごろも堂の思うではヤムヤムが守る」

「はごろも堂を思う気持ちは私も同じだ」

「歴史というものは、単に出来事や事実が継承されていくことではない。人々の瞬間や思いがそこにはある。人は人にそれを伝えたくなるんだ。そしてそれが積み重なり歴史となっていく。らんの食べ物への思い、そしてはごろも堂への思いは、この店を町の歴史として人々の胸に刻むことだろう…」

あまねちゃん大人すぎる。そしてらんはキュアスタに投稿することを決め歴史が刻まれた。

次回「ブラぺ引退!伝説のクレープを探せ」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)