ハヤテのごとく2期4話感想「君は僕に似ている」バレンタインデー

桂ヒナギク




2月14日はバレンタインデーです。ナギは一人で厨房に引きこもり、ハヤテのためにチョコレート作りるのだが上手くいかない様子。西沢もチョコレートを準備して渡そうとするのだが、ハヤテに想いを届けることができるのだろうか?

君は僕に似ている

西沢歩橘ワタル

2月13日「絶対立入禁止!」と書かれた厨房の扉。気になったハヤテだがマリアはナギの様子を見守るのだった。西沢はワタルにチョコレートの味見をしてもらい評価をしてもらう。ワタルは好きならいつでも告白すればと、簡単に言うのだがサキからも批判され、ハヤテに告白したのだがごまかされてフラれたことを知っていたため、チョコを受け取ってくれないのではないか?と本音をストレートに言ってしまった。

「どうかな?」

「いいんじゃねーか?あんま甘すぎなくて特に美味しくもねーけどな」

「バレンタインというのは世界に誇る日本企業が年に一度、か弱い乙女心を後押ししてくれる唯一のイベントなの」

「受け取ってもらえないんじゃねーの?だって一度フラれてるだろ?」

すると西沢は落ち込み涙を流すのだがサキが「諦めたらそこで試合終了ですよ」とスラムダンクの安西先生の名言を言う。本命のチョコを受け取ってもらえないと思ったのか?せめて義理チョコにするか考えていた。

三千院ナギ桂ヒナギク

2月14日バレンタインデー当日、ナギは厨房から出てこなくて学校は休むようでハヤテ一人で学校に行くことになった。生徒会長のヒナギクは大人気で大量のチョコを渡され困っていた。過去にガムを髪につけられていた美希を見て男子をボコボコにしたことがあった。自分では女の子らしいと言っているのだが男子よりで、風紀委員の美希からも大きなチョコを受け取る。

「バレンタインって女の子が男の子にチョコを渡すイベントじゃなかったっけ?」

「私だってそれくらい知ってるわよ」

「それ全部食べるのか?太るぞ!」

「捨てられないじゃない…ひとつひとつ女の子の想いがこもってるんだし」

西沢歩桂ヒナギク

ヒナギクは牛乳を買ってよう外へ出ると、口内に無断で侵入しようとしていた西沢と警備員がもめていた。事情を察して自分が話を聞こうとするが袋にはチョコが2個入っていた。迷って本命と義理を用意していたのだがヒナギクは協力することになった。

「もしかして二人にやるわね!」

「違います…ずっと一人だけです」

「誰に渡すとしてもこの学校広いから、なんだったら二人っきりになれる場所にその幸せ者を呼び出してあげましょうか?」

「お願いします1年生の綾崎ハヤテ君を」

西沢歩

ヒナギクは生徒会室にハヤテを呼び出し西沢は義理チョコを渡した。急いで帰るその姿を気にしたヒナギクはハヤテに義理チョコを交換してもらうように強く言う。西沢は目的が達成できたと思う一方、想いを伝えることができず、せっかくのチャンスを無駄にしたことを後悔していた。そこへハヤテが追いかけてくると西沢は何も言わず抱きついた。

西沢歩西沢歩

「西沢さん?」

「返事は言わなくていいから…ただ想いを伝えたいだけだから、これを受け取って下さい」

桂ヒナギク西沢歩

西沢とハヤテの関係が上手くいくようにセッティングしてあげたヒナギクはどこか心に迷いがあった。そこへ西沢が感謝の気持ちを伝えようと戻ってハヤテに渡した義理チョコを渡す。ヒナギクはカッコよく受け取るのだが、美希はそんな様子を見ていてチョコが増加する理由を指摘した。

「私はきっと正しい選択をした…正しい選択を…」

「あの…さっきはありがとうございました」

「想いは伝えられた?」

「お礼がしたくて来たんですけど、これしかなくて一度人に渡したものなんですけど」

「名前は?」

「西沢です西沢歩」

「私は白皇学院生徒会長、桂ヒナギクこれありがたく受け取っておくわ西沢さん」

「生徒会長?あんな風にかっこよくなれたらハヤテ君も振り向いてくれるかも?」

「そんな風に男らしくところを見せるから年々チョコが増えるんだぞ!」

三千院家には神父が住みついてしまい、マリアはハヤテに学校でチョコを貰ったかどうか聞くと、西沢さんから本命チョコを貰ったことを報告する。すると神父は「バレンタインにチョコ貰う奴なんて全員死ねばいいんだ」と泣き出す。神父の姿はマリアには見えていない様子。ハヤテはどうしていいのか分からず、恋愛経験豊富のマリアに相談するのだが…

「何かアドバイスを」

「学校は飛び級で13歳で卒業して色恋の話はないし」

「恋愛をしない10代なんて灰色の青春なのかもしれませんけど」

「もしかして私の青春って灰色?」

「16年間恋人がいないダメダメな人生を送ってる僕ですからうれしいんですよ」

「17年間恋人なんていません」

「マリアさんは大人だからこんなつまらない学生生活を送っていないでしょうけど」

「送りました…そんなつまらない学生生活を」

マリアはナギと同じように飛び級で卒業したため、恋人どころか色恋の話もなく終わってしまった。ハヤテはそんなこと知らないで自分のダメなところを発言し怒らせてしまった。結局ナギもチョコを作ることを諦めて、チョコを作ってもらうことにした。

「バレンタインなんておかしメーカーの陰謀だろう。そんな企業に後押しされねば伝えれぬ想いなら伝える必要はない」

「マリアさんもチョコみたいですね誰に?」

「ここでハヤテ君ですよって軽くみられるのもいい気はしませんね。ハヤテ君には教えてあげません」

「クラウスさんやタマだったりして」

「私だって見せてあげますエプロン姿が伊達じゃないっていうことを!」

ハヤテは厨房でチョコを作ろうとするのだが最初にマリアがシンプルなチョコを作っていたのだが、ハヤテはケーキ屋でバイトしていたため器用に作っていた。マリアは負けたと思い自分のチョコをハンマーで粉々にする。本気を出し完成度の高いものを作ったのだが、ハヤテは見た目ではなく味にこだわって作り直していた。ナギが登場しマリアのチョコを見てツッコまれ逃げ出してしまう。

サキはワタルにチョコレートケーキを出そうとして落としてしまった。すると指でケーキを取り食べるのだった。口は悪いが行動は優しいワタルだった。ハヤテはいつもお世話になっているマリアにチョコを渡すのだった。

次回「Heart to Heart」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)