ハヤテのごとく2期22話感想「Keep On Dreaming」三千院ナギVS西沢歩

三千院ナギ




ハヤテのごとく2期22話「Keep On Dreaming」の感想です。ナギはハヤテの誕生日11月11日に腕時計をプレゼントするという目標を決める。ナギはバイトしたお金でプレゼントすると約束する。

Keep On Dreaming

桂ヒナギクマリア

喫茶どんぐりのマスターはボスが始めたメイド喫茶の仕事が忙しいため、ヒナギクにバイトをお願いしようと思っていたのだが、生徒会の仕事も多くは入れなかった。店はあまり忙しくないため高校生のバイトを募集するかどうか悩んでいた。有能なバイトはいないかと考えて、先日働いてくれたハヤテに電話するのだった。

ハヤテは執事の仕事があり断ろうとするのだが、マリアが変わりナギとハヤテを一緒に雇ってもらえないか交渉する。マリアはナギが少しでも自分で進んで行動したことが嬉しく、続くかどうかは分からないが、お願いするのだった。

「この子がナギちゃんね…大丈夫こんな小っちゃい子が」

「心配などいらんバイトなど楽勝なのだ」

「でも接客業は?本当に大丈夫?」

「私が自分でやるといいだしたのだ。だからやり遂げてみせるぞ!」

西沢歩三千院ナギ

面接をして更衣室で制服に着替えようとする歩が着替えていた。口論になりハヤテが覗くのだが下着姿を見てしまった。マスターはボスに呼ばれて出掛けるため、客数の少ない午前中はハヤテを中心に店番を任せるのだった。

「何故ハムスターがここにいるのだ?店の名前がどんぐりだからか?」

「ナギちゃんこそなんでここに?また迷子にでもなったのかな?」

「誰が迷子だ!迷子になんて一度もなったことないね」

「お嬢様何を騒いでいらっしゃるんですか?」

「うわああああダメ!ハヤテ君」

ハヤテは仕事の内容をナギと歩に説明して開店するのだった。早速お客様が来店するのだが、歩がつまずきナギがオーダーをとってきたのだ。お風呂もひとりで入れず、掃除や料理もできないナギだったが、賢く仕事もちゃんとこなせるのは驚き。

「何故私が自分のエサ代を稼ぎにきたハムスターと一緒に働かねばならんのだ?」

「下田旅行でお小遣い使い切っちゃったからそれで、どういう理由でアルバイト始めたか知らないけど、ちゃんとできるのかな?お嬢様に仕事なんてできるのかな?」

「お前だって大丈夫なのか?ハムスターがパリの一流シェフを目指したって、流行るのは映画の中」

「いらっしゃれました!」

「接客とはどういうものか教えてやる!いらっしゃいませご注文は?」

「ブレンド」

「かしこまりましたブレンド1つですね」

歩はハヤテのことを気にして目が会い、恥ずかしい格好を見られてしまったことで気まずい空気が流れる。ナギがハヤテの足を踏みつけ注意する。続いてのお客様にオーダーを聞きに行くと、まさかの超人気漫画家の先生だった。京○アニメーションによりアニメ化された○○の憂鬱、失望先生を連載している先生だった。

「私の大好きな○○・ヤマトが復活を果たしパワーアップして帰ってくるところだからな」

「俺就職決まったから戦いとかやめるわ…いっそこんな展開だめかな?」

「ダメに決まってるんだろうが!お前休載を挟んでどんだけ今の敵と戦っていると思っているのだ?」

「私もどうしていいか分からないんだ。平和のために戦う少年たちが、暴力で全てを変えていくという矛盾に敵も味方も人気キャラばっかなんだ。バトル漫画なのに誰も殺せないし、脱落もさせられないし、技のインフレにもなる」

「まずはコーヒーで一服しそれから答えを出すといい。ストーリーという名の自分自身の答えを」

ヤマトって絶対ガンダムSEEDのキラがフリーダムに乗りオーブの辺りの話だろうね。京都アニメーションと涼宮ハルヒの憂鬱と絶望先生の単語を変えているが、分かる人には分かるだろう。

西沢歩マリア

開店して2時間来客数は2人だけ、この店は潰れる可能性が高いとナギは考える。歩の腹が少したるんでいたことを指摘知るナギだが、歩はハヤテにたるんでいないことを確認すると恥ずかしがる。ハヤテは西沢が喫茶店にいてくれたことにより、緊張しないでバイトすることができていると感謝していた。

マリアはナギのことが気になり様子を見に来たのだが、SPによりナースコスに変装して来店するのだった。勿論3人共気が付いたのだが面倒になると思い、知らんぷりしていた。漫画家の先生が再び来店しナギに感謝すると、マリアに「結婚してください!」とお願いするのだった。

「この人をよく見てください!こんな格好をしていますけど実は男の子なんですよ」

「マジでか?」

「こんなかわいい子が女の子のはずないじゃないですか」

「危うく道を踏み外すところだったよ」

ハヤテは先生を諦めさせようと説得を試みる。瀬川に虎鉄のことで言われたあの時のことを思い出しあれこれ言ってしまい、先生を諦めさせることに成功したのだが、ハヤテはマリアに怒られるのだった。二人の様子を見ていた歩はもしかしてハヤテはマリアのことが好きなのではないかと思っていた。

今回のタイトル「Keep On Dreaming」は「夢を見続けます」と言う意味であり、エルドランシリーズ3作にあたる「熱血最強ゴウザウラー」のOP主題歌でもある。

次回「僕たちの行方」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)