CLANNADもうひとつの世界「智代編」TV未放映!生徒会長が恋人

CLANNAD坂上智代
スポンサーリンク



あらすじ

CLANNAD坂上智代

この物語は主人公の岡崎智也が、古河渚ではなく別のヒロインと恋人になる「もうひとつの世界智代編」である。CLANNADでおそらく一番人気の坂上智代と恋人同士になったらどうなるのか?これはTV本編では放送されておらず、DVDやBDの特典映像として収録されている。

生徒会長と不良の交際

CLANNAD坂上智代

朋也と智代が恋人同士になり1年が経過した。智代の目的は桜並木の伐採を阻止するために転校してきた。しかし、生徒会総選挙で生徒会長になったら活動が忙しくなり、お昼も一緒に食べれなくなってしまった。学校では智代と朋也の関係はどうなっているのか?何故生徒会長が不良と一緒に行動しているのか?と思われるようになってしまったのだ。

ある日、下校する時に校内放送で「朋也悪いが先に帰ってくれ学園祭の打ち合わせがあるのを忘れていた。」と使用目的で使ってしまった。校長室に呼ばれてしまい、生徒は面白半分で投票した可能性がある。智代の前の学校で荒れていた内申も見られてしまった。生徒会長の自覚があるのかと注意をされた。

学園祭

CLANNAD坂上智代

学園祭の準備で忙しくなり、朋也と智代はすれ違いお互い一緒にいる時間が作れなかった。学園祭当日に智代は熊のぬいぐるみを着てパトロールをしていた。朋也とソフトクリームを食べようとして、キスをする瞬間に生徒会の男から声をかけられた。KYな人だ。

桜並木伐採の同窓会の会長たちに挨拶をしないといけない。もう30分も待たせていて、伐採阻止に協力してもらうことになっているため機嫌をそこなうとダメみたいだ。この学園祭が終わったら今度は目的の桜並木の伐採阻止の活動をするみたいで、時間がとれなくなってしまうみたいだ。智代はソフトクリームを朋也に渡して行ってしまう。

「あんた岡崎智也だな?自分が有名人だって気づいているか?」

「不良のろくでなしだからだろ?」

「坂上智代の彼氏だからだ!前から言いたかったんだ彼女にまとわりつくのは止めろ!アンタが足を引っ張ってるんだ。」

智代は高見に登って行く人間に興味があり、朋也が足手まといだとみんなが思っている。朋也も分かっていた自分は何もしてあげられないと。さらに朋也は先生にも注意されてしまう。彼女が問題を起こしているのは朋也に関してのことだけだと。

伐採の支援を頼んでる人が朝に智代が朋也の家から出てきたと、起こしにきているだけというだけだが不良は悪く見られてしまい良くない噂も流れる。このことを生徒会の男に教えられた。

別れ

CLANNAD坂上智代

朋也は智代に「別れようお前には目標がある。でも俺と一緒じゃそこに辿りつけないかもしれない」

「嫌だ!私がいなかったらお前が困るぞ。誰が毎朝お前を起こす?弁当を作る?テストの勉強だってどうするんだ?私はお前が好きなんだ。一緒にいたいんだ!」

「俺の想いは恋じゃなかったんだよ。智代たくさんの期待に答えろ!それでいつか俺ってすごい奴と付き合ってたんだって思わせてくれ」

「分かった約束しよう。こんな女と付き合ってくれてありがとう」

ふたりとも目の色が変わり苦しみながら別れてしまった。それから朋也はひとりで頑張って遅刻しないように登校して勉強していた。智代はいろんなことで表彰されボランティア活動したりしていた。朋也は就職活動をしているが不採用ばかりで決まったのはリサイクルショップだった。

卒業式

CLANNAD坂上智代

雪の中の卒業式の帰り道、朋也の前に智代が現れた。

「元気だったか?報告しようと思って、ここにある桜は切られないことになった。長かったゆずれない目標だった。」

「夢を叶えたんだな」

「その変わり失ったものもある。好きな人と一緒にいられる何ヶ月の時間だ。私はお前が好きだ。前よりずっと好きになった。ずっと見てた。私がいなくてもお前はちゃんとやってた。」

CLANNAD坂上智代

「弁当は無理だったけどな。就職活動は、はねられまくった内申悪くてな。最近やっと決まったんだ場所はこの街の中だから通勤は楽かな?どんなふうにお前とどんな話してた?どんなふうに笑ってた?お前も来年は卒業だ。きっと街を離れて遠くへいける。ずっと遠くへ行けるんだよ?でも俺は違うずっとこの街の中だよ。ずっと同じ場所にいるんだ。そういう人間なんだよ」

CLANNAD岡崎朋也

「なら私がお前の側へ行くそこへ行く」

「お前はもっといいとこへ行けるんだぞ?いい大学へ行って、たくさん出会いがあって、期待されてそれに応えて、もっと高いところがあるんだぞ!俺の側なんかよりずっと」

「なんかなんて言うな!私が選んだのは先生の評価やテストの点数でできた高い場所よりも、私にとっては大きな価値がある。だから朋也の側に行く!全力でそこに行く!」

「どっちが先輩だかな。行くよちょっと遅れたけれど俺もお前の側へ。なんだよ泣くなよ」

CLANNAD坂上智代

桜並木の伐採をされないように活動するために朋也は智代と別れて、卒業式に再び恋人に戻りこれから一緒の時間を過ごしていくことになりました。いや~智代ちゃんカッコイイし可愛いしこんな子いないですね。朋也も智代を思って別れようとするなんて、相手の事を思っての行動ですね。

CLANNAD坂上智代

踏切の前にいる朋也でしたが、遮断機が上がった時に彼女が自分の側に来てくれるってとこが感動しました。

何か目標や夢を叶えるために何かが犠牲になってしまうものですからね。悔いのないように生きていかないといけませんね。自分が望んだ通りに行けばいいけど、うまくいかないことが多い。

高校や大学なら恋人作ったりすることもできるが、社会人になれば仕事優先になり、恋人つくるにも出会いが少ない場合が多いし時間もゆとりもない。もし付き合い始めても、時間が合わなかったりして距離ができる。結婚して子供がいてもすぐ離婚する人も多い。全部がアニメやゲームのようにハッピーエンドに行くわけがない。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください