魔法騎士レイアース25話感想「光と夢の中のノヴァ」アルシオーネの復讐

アルシオーネ
スポンサーリンク



魔法騎士レイアース25話「光と由真の中のノヴァ」の感想です。

魔法騎士VSアルシオーネ

鳳凰寺風

セフィーロで行方不明になっていたアルシオーネが姿を現わすのだった。

「やっと生意気な魔法騎士に一矢報いることができたわ。」

負け続けていたアルシオーネは一撃でセレスを倒して屈辱をはらすことができた。魔神相手にこれほど能力が上昇しているとは何をしたのだろうか?風は「戒めの風」でセレスの落下を防ぎ海を助ける。魔物に詳しいアスコットによると、アルシオーネの乗っている魔物は、セフィーロの魔物ではないと判明するのだった。魔法騎士に復讐しようとするアルシオーネ。

獅堂光

「何故攻撃するんだアルシオーネ。もう戦いは終わったのに。」

「終わってなどいないわ!この身であじあわされた屈辱決して忘れはしない。全てを懸けて仕えた人からの仕打ち。決して忘れはしないは。」

アルシオーネを光は説得しようとするが攻撃を止めない。

オートザムのザズはアルシオーネみたいな怖いおねーちゃんは「こういう怖そうな姉ちゃん好みじゃないな。」と会話する。「魔神から聞こえた声も女の子でしたよ。」とイーグルが話す。操縦者の姿は確認できなかった。ザズは髪の毛が短くて身長が低い女の子が好みのようです。

セフィーロは意志の世界なので、年齢が若く見えても何百歳だったりすることもある。

「セフィーロはオートザムが落とします。」

ザズの声優さんは金丸 淳一さんで、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」風見ハヤトや「ママレードボーイ」須王銀太をやっていました。

スポンサーリンク

アルシオーネの変化

アルシオーネ

「よくもやってくれたわねオバサン。」水の龍で応戦する海。

アルシオーネ聞いてほしい。セフィーロが危ないんだ。このままじゃこの世界は滅んでしまう。前に戦った私たちのことを、よく思っていないのは分かっている。でもあの城にいてくれないか?」

「ははははははははははは」笑いだし様子が変わってしまう。

「愚か者どもよ。滅びるしかない終わりへの道で、まだあがこうと言うのか?セフィーロの柱は消滅した。この世界は滅びるしかないんだ。もうすぐだ。すべてが私の物になる。」と言い残し姿を消す。光は夢で聞いたことあるあの声だ今度はノヴァと言う少女が光に語りかける。

「こんにちは光。私はノヴァ。光のためだけに生まれてきたんだよ。もうすぐ会えるよ光。」

光の顔色が悪くなり海と風が異変に気が付く。

「悪意と憎悪に包まれた光はなんだ?」クレフはランティスと念話で話す。ザガートとランティスに魔法を教えたのはクレフで、ザガートに匹敵する魔法力を持っている剣士のようだ。プリメーラもずっと昔から住んでる妖精で、魔物はセフィーロの魔物と気配が違い。何者なのか分かっていなかった。

エメロード姫が消滅しなければセフィーロへは戻ってこなかった。今戻ってきたのはオートザムの命令を受けたのか?とクレフはランティスを疑う。

魔法騎士VSイーグル

イーグル

イーグルがFTOで出撃し、データを取るオートザム。魔神が生きていることが判明して、光、海、風の3人がNSXで魔神から降りると
FTOからイーグルも降りる。魔神は機械ではなく生きている。生命反応があると分析したザズ。

「相手が何を望んでいるのか確かめなきゃ、私は何もできない。セフィーロに進軍する理由。相手が何を望んでいるのか分からず戦うのは絶対嫌だから。」とイーグルに目的を問う。

「あなたたちはこのセフィーロをどうしたいですか?」

「守りたい。」

「新しい柱が誕生するまで?」

「柱については考えたいことがあるんだ。」

「セフィーロの柱システムを手に入れる。意志の力は万能です。その力を使えばできないことはない。」

「違う柱は万能なんかじゃない。」

「セフィーロの柱システムはオートザムが頂きます。」

「ダメじゃああ!セフィーロの柱には童がなるのじゃ!」

もう一つの国ファーレンの飛鳥がやってきた。

次回「魔法騎士とファーレンのアスカ」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください