カードキャプターさくらクリアカード8話感想「時計とかくれんぼ」ユナ・D・海渡登場

スポンサーリンク



前回はクリアカード編で小狼が魔法を使い「雷帝招来」桜はFLIGHTフライト(飛翔)のカードをGETしました。小狼の魔法で剣が炎をまとっていましたね。かっこしい小狼に驚く桜。

今回は詩之本秋穂の家はイギリスの人が住んでいたと、そうエリオル君の家でしたね。日曜日に遊びに行くことになりました。小狼は用事があっていけそうにない。

スポンサーリンク

桜は「その次の日曜日はどうかな?あの卵焼きいま頑張ってて天気よかったら一緒におでかけ?」と一緒に遊びたいみたいで誘います。すると小狼は「俺でよかったら」花びらが桜についていて取ろうとしていい雰囲気になる。そこに空気のよめないケロちゃんが「おーい!二人だけの世界やないからな。卵焼きワイも食うからな!」

家に帰ると桃矢が引っ越しやさんのバイトが休みになった。どうやらケーキ屋さんのバイトもやってるみたいですね。あっちこっちやってるのはすごいけど大学生はそんなに時間あるのかな?「桜、夕飯にこんにゃく入れていいか?」

自分の部屋に戻ると桜はまた空間にのみこまれる。時計が出てきてすぐに元に戻りました。

桜と知世は秋穂の家にやってきました。私服がかわいいです!秋穂と海渡がお出迎えしてくれました。新キャラの「ユナ・D・海渡」「カイト」と読みます。エリオルの時と内装が変わっていて、エリオルは本当はクロウ・リードの生まれ変わりと言いそうになってしまう桜。

カードキャプターさくら8話感想「時計とかくれんぼ」ユナ・D・海渡

海渡は執事のようですね。桜と知世がお土産で買ってきた紅茶をいれてくれました。秋穂との関係は詳しく説明されませんでしたが、今後明らかになることでしょう。秋穂はコーヒーが苦手でカフェオレもミルクたくさん入れないと飲めないみたいですね。

用意してくれたケーキを食べて桜は「はにゃ~ん」と言っちゃった。中学生になったから恥ずかしいから「はにゃ~ん」を言わないようにしていたみたいだが、クリアカード編で始めて言いましたね。

このケーキは海渡が手作りしているみたいです。秋穂のお弁当もお菓子も全部。「これが仕事ですから」この言葉に秋穂は寂しい顔をする。

スポンサーリンク

ケーキを食べて終り書庫に案内します「どうしても欲しい本があり日本までやってきました」え?欲しい本ってさくらカードの本のことかな?桜はカードの気配を感じる。本棚は一部の本と棚が消えていた。触ると本があるみたいで、目には見えない。LUCID透過のカードをGETしました。透明にして見えなくするようです。

カードキャプターさくら8話感想「時計とかくれんぼ」桜と知世

秋穂が見せたい本があると戻ってきました。タイトルが無く、時計の国のアリスって本みたいです。ふしぎの国のアリスではなくて、この時計は空間にのみ込まれた時の時計ですね。文字が何語なのか読めないみたいですが内容は知ってるみたいでした。

エリオル家のみんなが登場しました。奈久留がスッピーに言います。奈久留ちゃんかわいいですね。

どうして日本に行っちゃいけないの?桜ちゃん困ってるんでしょう?怖いめにあってるかもしれないじゃないユエだって桃矢君だって」

「あの人たちに会いたいのはわかりますけど

「会いたいのもあるけど、スッピーだっけケルベロスが心配でしょう?」

「ま!いろいろありますが」

「素直になりなさいよ」

「あなたは素直すぎです。」

「行けばなにかできることがあるかもしれないじゃない」

「ないんだよ今は時が来るのを待つしかできることはないんだ」

次回「さくらのドキドキ水族館」

前回「さくらとお庭でおにごっこ」

次回は桜と小狼が水族館でデートです。クロウカード編では雪兎さんとデートでしたが桃矢がかき氷作ってバイトしていましたね。ウォーティーのカードをGETしたところでもありますが、小学生のバトルコスチュームが登場します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください