求人情報と面接時の内容が違いすぎブラックと悟り10分で帰ってきた

履歴書
スポンサーリンク



仕事をしているがもう少し給料の高いのがないか調べていました。ハローワークの求人にはブラックしかないので、今度はインターネットを活用して探していました。見つけたのは求人ジャーナルである。そこで給料と休みと通勤時間がいいところがあり飲食店の面接に応募していました。数日後に連絡があり履歴書を書いて面接をしてきました。

求人情報と面接時の内容が違いすぎブラックと悟り10分で帰ってきた。

中卒、高卒、専門学校、大卒、再就職、誰もが就職活動を経験すると思うが、私が面接時に断って帰ってきたことは今までになかった。何故こんなことになったのか求人情報と面接時の流れをまとめていきます。

求人情報

地域や人により求める条件は異なるが、需要なのは給料、賞与、昇給、休日、通勤時間だと思う。正直昇給やボーナスなくても給料が高ければ気にしません。後はプライベートを満喫する時間があるかないかです。

  • 給料24~27万円
  • 週休2日制
  • 通勤30分
  • 賞与昇給あり
  • 通勤手当あり

※お気軽にご応募下さい。面接時履歴書をお持ちください。

最初にWEB応募して1週間も連絡が来なかった。もしかしてちゃんとエントリーしてなかったのか?求人ジャーナルの問い合わせに連絡するとようやくメールが届いた。本来連絡して1週間も連絡よこさないってのはおかしい。2、3日が普通で早いとこは1日で電話くれます。

仕事をしているので休みの日に履歴書をサクサク書いて、面接に行きました。

求人情報と面接時の内容が違いすぎ

「給料は月額24万円になります」

給料24万円なのでそこは問題なかった。よしよし。

「休みが月6日です」

「休み6日?求人情報に週休2日制って書いてありましたが?」

「・・・・・・・」

え?何?求人情報と違うと指摘したら何も話さなくなったよ。

「転勤あるんですけど大丈夫ですか?」

「転勤?転勤あるなら転勤ありとなんで記載しないんですか?どこに転勤あるんですか?」

「県内の○○店と〇〇県の○○店になります。」

「無理!」

休日のこと聞き返してるのに転勤の話に切り替えてきて、こっちの質問には答えようとしなかった。これはダメだわ。

「職務経歴書お持ちですか?」

「職務経歴書?履歴書ご持参下さいと記載されていたが、職務経歴書欲しいとは書いていなかったぞ!他の求人には職務経歴書必要なら記載されてるし、欲しいならちゃんと記載して!担当者から連絡もらった時も履歴書としか書いてなかったぞ!なんなんださっきから?」

「・・・・・・・」

「求人情報の記載をしたのは○○さんだけど、その人とやり取りしているんですか?」

「面接に来ることは知っていました。」

「何故こんなにも求人情報と条件が違うんですか?」

「私が記載したわけではないので分かりません。」

面接行く前にどんな店なのか偵察した時

ふたりで行って最初の料理を注文し早くでてきた。その後数名の客が入店し、あわただしくなってきた。半分くらい席が埋まり冷麺とサイドメニューを注文したが冷麺だけ出てこなくて、アルバイトが伝票だけ置いていった。

その伝票には冷麺も記載されてあったのに冷麺は何故かこなかった。20分経過し忘れているのではと「すみません冷麺頼んだんですけどまだですか?伝票だけ持ってこられたんですけど。本来伝票は全ての料理が出たら持ってくるものではないのですか?」

「すみません」と申し訳なさそうに謝罪されたが、この人が悪い訳ではないので、問題は厨房の人数だ。遠くから厨房を覗くと2~3名いるのが確認できた。10組くらいの料理を少人数で作るのには時間がかかるのは分かるが遅すぎる。他の注文してる人もまだかな?と顔に書いてあるようだ。

20分と少し経過して冷麺がようやく出てきた。その後「すみませんお水ください」と注文してもなかなか持ってきてくれない。セルフならテーブルに水のボトル設置してくれた方がいいのだが、この店にはないようだ。

食べ終わり水が来ないけどもういいや帰ろうと立ち上がった瞬間「おまたせしました」と水が出てきた。伝票「水¥0」なんだこの対応は?注文して水出てくるのに10分もかかるってどんな店?料理20分なら納得できるが、水くらい早く持ってこれないのだろうか?ハンディに水を入力する暇あるなら持ってきた方が早い。

あきらかに店を回すための人数不足とアルバイトのスキルが低い。これではクレームがいつ発生してもおかしくない。

最後の会計時にふたりで¥5000ちょいだったのでクレジットカードで支払いをしました。暗証番号の設定をしていないので、サインを記入が欲しいはずが控えだけ渡された。

「サイン書かなくて大丈夫ですか?」

「え?あ!サインお願いします。」

「ごちそうさまでした。」

この店は味はいいけど、対応が遅すぎる。

面接官を質問攻めにしてみた

「この店は1日何人くらいで仕事をしているんですか?」

「正社員1名と大学生と高校生のアルバイト数名でやっています。」

「正社員1名だけで?この店の広さなら3名くらい欲しいのでは?」

「・・・・・・・」

「だから料理提供時間が20分もかかり、水のおかわりに10分もかかるのか?」

「・・・・・・・」

「クレジットカードのサインもらうの忘れそうになったよね?」

「・・・・・あ!」

私のことを思い出したようだ。

「すみません断っていいですか?履歴書返してくれますか?」

「え?あ?あの面接に来てくれた人の履歴書は本社に送ることになっていますので」

「本社とはこの求人情報を記載した男のとこか?時間取らせてすみませんでした」

「お疲れ様でした」

条件が違いすぎて話がかみ合わなくなったことで断る確率100%だった。その後店の客層や売上など細かいところも聞きだし、治安が悪そうな人が多いとのことだった。

この求人もブラックだったということです。ハロワもネットもブラックで嘘だらけの求人では、何を信じて応募すればいいのだろうか?求人情報が面接時と異なる場合はさっさと断って次を探しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)