太陽の勇者ファイバード45話「海底基地浮上」ドライアスVS警備隊

海底基地




太陽の勇者ファイバード45話「海底基地浮上」の感想です。火鳥は恋愛ドラマを見ていて愛があれば他の人間も助けなければなりません。このドラマは男と女の愛を語っている。美子に愛と恋のことを学ぼうとしたのだは難しかった。お互い魅かれあった男女が労りあい大切にしあう心。いつまでも一緒にいたいと思うようになる。

海底基地浮上

美子モモコ

「帰るのよね仕事が終われば、残念だわもっと知りたいことがあるのに」

「俺のこと知りたいんですか?じゃ先生は俺のことを愛したんですね」

美子は博士の買い物に付き合い、火鳥の言葉を気にしてしまいボーっとしている。モモコは博士とファイバードが関係していると調査をしているとゾルに拉致されてしまった。佐津田が目撃しハルカに連絡する。ガードスターは佐津田を乗せ出動する。自分のパトカーがガードスターだということをまだ理解していなかったのだ。

「佐津田刑事乗って!」

「何?誰だ?誰がしゃべってるんだ?」

暗黒宇宙神話

ドライアス火鳥勇太郎

ドライアスとジャンゴの狙いは博士たちを人質に取り、宇宙警備隊の邪魔が入らないようにする。暗黒宇宙神話があり、北極星と太陽とサタンギア星が半年に1回三角形を描くことで暗黒エネルギーを収集し、デビルの塔を再び建設しようとしていた。

美子は火鳥のオカリナの曲を流してシュラとゾルにダメージを与えるがドライアスの攻撃でレコーダーが破壊されてしまった。モモコはダサい助手がファイバードだと知り、散々馬鹿にしていた自分の責める。

「素直に全ての物を愛する心を持っているんですもの」

「あんたもしかしてファイバード様に惚れてんじゃないの?」

ドライアスVS宇宙警備隊

スーパーガーディオンサンダーバロン

アクアバロンに乗り火鳥たちは海底基地に侵入する。スーパーガーディオンとバロンチームはドライアスとタコメカ獣と戦闘になるが水中戦のため苦戦する。ファイヤージェットもオートコントロールで戦うが損傷が増える。

「そんなもんが役に立つか」

「ならこれはどうだ」

「人間の素晴らしさ、人を美しむ愛にあるんだ。それが分からねーか!」

ケンタと佐津田はフレイムショットでテシターを倒し、火鳥は罠にかかってしまう。佐津田は拳銃でシステムを破壊し火鳥は反撃に出る。シュラとゾルと交戦になり落下していく。博士たちを救助するがモモコがテシターに撃たれそうになりかばって負傷する。火鳥はゾルを投げ飛ばしシュラを落下させてお互いに負傷してしまう。

サンダーバロンはドライアスに攻撃を仕掛けるが海中でビームは効果がなく、サンダーカノンを切り落とされてしまう。スーパーガーディオンは分離して再び合体しガードフラッシュでタコのメカ獣を倒すが、ドライアスにデスブレードを投げつけられる。

海底基地が損傷しメインエンジンが使えなくなり補助エンジンで浮上する。美子は火鳥を心配して捜しにやってきた。全員が脱出することができたが、スーパーガーディオンとサンダーバロンはボロボロにされてしまった。

次回「出現!デビルの塔」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)