太陽の勇者ファイバード33話「過去からのメッセージ」天野博士の妻

天野ユリ




太陽の勇者ファイバード33話「過去からのメッセージ」の感想です。天野博士の夢に亡くなったはずの妻であるユリから「ドライアス様に歯向かっているですってね宇宙警備隊と手を組みのはやめてちょうだい!」ユリは結婚指輪をしていなくて驚いて目を覚ました。

過去からのメッセージ

天野博士ハルカ

みんなで大掃除をしていてゴミを焼いていたのだ。焼却処分寸前の中から指輪を発見した。ケンタとハルカのおばあちゃんなのだが、亡くなったはずの先祖が出てきてドライアスに従うように言われた報告があり、ニュースで騒ぎになっていた。

天野博士は大学の時ににユリと出会い結婚した。学問一筋の博士とボランティアに携わるユリであったが、幸せは長く続かなかった。交通事故に巻き込まれそうになった老人を助けてユリが身代わりになってしまったのだ。博士はユリの意思を継いで世界平和のために立ち上がるのだった。悲しい話を聞いてハルカは涙を流す。

博士はユリに確かめるためにイタコメカを作るが失敗に終わった。夜に火鳥はユリの幽霊を目撃する。波に邪魔されてしまい博士の夢に出ることができず、これからも世界平和のために頑張ってほしいとの伝言を託される。

ジャンゴの母

佐津田もモモコも夢に先祖が出てきて、ドライアスに忠誠を従わせるような言葉を言われる。モモコの先祖は清少納言だとか。ジャンゴは夢枕マシンを作り東京タワーから配信していたのだが、自分の装置で母親が出てくる。「よくもこんなバカバカしい作戦を考えついな」とシュラに馬鹿にされる。「母ちゃんごめん!ワシがこんな夢を見てどうするんだ!」

ジャンゴ

ガードウイングが東京タワーから電波をキャッチし単独で攻撃を仕掛けると、閻魔メカが出現しガードチームが駆けつける。火鳥は東京タワーのテシターを倒し博士とケンタは階段を登るが疲労で倒れる。ケンタはテシターをフレイムショットで倒しまくり、博士は指輪をつけた拳でジャンンゴを殴りビルから落とす。気絶した博士はユリの言葉を聞いて立ち上がり夢枕マシンを破壊する。

グレートファイバード

グレートファイバードに合体してスーパーガーディオンと連携する。ウォータートルネードで吹き飛ばしグレートフレイムソードで両断される。敵が弱すぎてドライアスが出てこないと対応できないようだ。

ユリの墓参りにやってくる火鳥たちだが、帰りにユリの姿を目撃する。

次回「赤ちゃん救出作戦」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)