「ウェブサイトをブロックしました」と毎回表示されるのを消す方法

ウイルスバスター




PCでインターネットに接続してGoogleとYahooを開くと「ウェブサイトをブロックしました」ウイルスバスターが毎回のように通知して表示されるようになってしまった。Microsoft EdgeとGoogle Chromeのブラウザどちらでも同じようになってしまい、なんだこれは?✖で閉じても数分後には同じく表示されてウザすぎる。

私はネット回線契約した時にNTTフレッツ光のウイルスクリアだがの加入して、それがウイルスバスターに切り替わったのだっけ?10年以上の前のことだから忘れた(;^ω^)

この記事に辿り着いた人は、同じようにウイルスバスターの警告が表示されて困っているだろう。yahoo知恵袋にも同じような質問があったのだが、履歴やキャッシュの削除をすればいいのかと思い、実行してみたのだが全く意味がなかった。

ウイルスバスターに問い合わせメールを送るが、新しいバージョンに更新して、コンピューター全体のスキャンやら履歴の削除とPCの再起動など、同じようなことを返信されて実行してみたのだが全く効果がなかった。

そもそも既に最新版にアップデートしてあるし、PC再起動しても何の意味もない。なんだこれ?

2021年4月くらいからちょくちょく表示されて、1日数回だったから気にしなかったのだが、流石にうんざりだわこの表示。セキュリティレポートを確認すると1500件以上のWebの脅威をブロックしていてくれたのだ。なんだよこの件数は?今までこんなに表示されたことないのに…いかがわしいサイトを見たわけでもないのに、どうしたのだろうか?

全て「https://agafurretor.com」ばかりだった。検索してみてもよくわからないが、驚異の種類が不正プログラム関連と表示されているので、このウイルスを感知してウイルスバスターがやっつけたよと仕事してくれている。だが、いちいち報告しなくてもいいので、表示を消す方法を調べてみました。ちょっと設定変えるだけで表示されなくなるので試して欲しい。

Microsoft Edgeの場合

  1. 画面右上の縦の「…」
  2. 設定(歯車マーク)
  3. Cookieとサイトのアクセス許可
  4. 通知(ベルマーク)
  5. 許可の「…」
  6. URLを全部削除する。
  7. 送信前に確認する (推奨)オフになっている場合はブロックするのONかOFF(ここはあなたの好みに合わせてください)
サイトのアセス許可

Google Chromeの場合

  1. 画面右上の縦の「…」
  2. 設定
  3. プライバシーとセキュリティ
  4. サイトの設定
  5. 権限の通知
  6. 許可の「…」
  7. URLを全部消す
  8. 通知を送信するかどうかの確認をサイトに許可するのONかOFFの切り替え(ここはあなたの好みに合わせてください)

Microsoft EdgeとGoogle Chromeもほとんどやり方が一緒なので表示されているhttps://のURLを手当たり次第に消してしまいましょう。この設定でyoutube見ていてもPCで調べものしていても、ウイルスバスターの警告が表示されなくなりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)