東京ミュウミュウにゅ~11話感想「みんなが待ってる!走れいちご」

ミュウミント




東京ミュウミュウにゅ~11話「みんなが待ってる!走れいちご」の感想です。ミュウイチゴの戦闘能力が向上した結果、ドキドキして興奮すると猫になってしまった。このまま進むと人間に戻れなくなってしまう可能性がある。混乱するいちごを発見した白金は状況を説明する。東京タワーでエイリアンが作戦を実行し、汚染物質の詰まった繭が生成されていた。

猫になったいちごは白金とはぐれて行方不明になり、川に落ちてしまったところを青山に保護され部屋で寝ることになった。青山の犬とキスをしてしまうと人間の姿に戻った。青山に抱きつかれると興奮して再び猫に戻ってしまった。いつ人間に戻るか分からない状況ではまずいと思い、いちごは外に飛び出す。青山いちごに抱きついてんだから流石に気付こうよ。

エイリアンの目的

キッシュタルト

TV中継の映像を観ていると東京タワー付近に浮遊している人間を確認。キッシュはミュウアクアを入手して見せびらかしていた。白金は4人にミュウアクアの捜索を止め東京タワーへ向かうように命令する。

白金は一人でいちごを捜索し、ざくろがみんとと合流すると兄からのメールを受信した。「留学の返事は明日9時までだよ」この緊急事態にみんとはどんな返事をするのだろうか?ざくろはみんとをバイクの後ろに乗せ現場へ向かう。

キッシュたちの母星は砂嵐と灼熱の地獄で地上での生活ができなかった。祖先の時代から地下で生活を続けていた。青い空と水と緑ある星を求めていた。そして地球を発見し自分達の住みやすい環境へ変えようとしていた。全て自分達が生き延びるためだった。

「これ以上好きにはさせませんわ」

「我々に敵対する者は完全に駆逐しなければならない」

「イチゴがいないのはつまんないけど、少しは楽しませてくれるんだよね?」

ミュウミュウが駆けつけてエイリアンとの戦闘を開始する。カマキリのキメラアニマが複数出現し民間人を襲う。避難誘導しながらキメラアニマを浄化する。ミント飛行している時間が長い。ザクロが動きを封じレタスがとどめを刺すパターンで進めているが、パイが妨害する。ザクロは着地時に足を思いっきり開く。

「武器による命中率18.9%…衝撃波によるダメージ20.3%皮膚の貫通には4.45倍の威力を要する」

「もうすぐここは人が住めない場所になる」

「あなたたちはいったい?」

「お前達は何も知らない…人間の愚かさを醜さを…」

パイは全て計算しながら戦闘をして分析している。ザクロとレタスの攻撃を回避し余裕の様子。主力のイチゴが欠けるとこんなにも攻撃力が低下してしまうんだ。

「これが欲しいんでしょ?いらないの?」

「しまった!」

キッシュはミントにミュウアクアを見せて動揺させる。ミントが気を取られている間に、民間人が危険にさらされプリンが守りに入る。プリングリングを切り払いされダメージを受けてしまう。ミントは自分の判断ミスのせいでプリンが被弾してしまったことを気にする。更にキッシュに図星をつかれ、動揺を隠せず動きが鈍くなる。右足を斬られて出血して苦しむ表情がよく描かれている。

「今迷ったでしょ?バレバレだよ…」

「どうしていつものように動きませんの?」

「優柔不断って仲間の足を引っ張るんだよね」

「迷ったっていい…でも今はその時じゃない…ね?」

「はい!」

ミントのピンチにザクロが援護に入り想いを伝える。留学とミュウミュウ、どちらの道を選ぶか迷って戦えなくなっていたミントはザクロの言葉で気持ちを切り換える。カマキリの数が多くて周囲を囲まれてしまい追い詰められる。

みんなが待ってる!走れいちご

ミュウプリンミュウザクロ

イチゴはもえ達に出会い、ミュウミュウが東京タワーで戦っていることを知る。途中でデブ猫に遭遇してしまうが、白金が猫に変身して救助する。白金とキスしていちごは人間の姿に戻った。キスすると人間に戻れることを知った。

「白金なんでここに?」

「お前を捜してたんだよこのどあほう!こっちは大変だったんだぞ!この馬鹿!」

「キスすると元に戻るんだな…逆だとどうなるんだ?人間の状態でキスするとどうなるのか?試してみる?」

「馬鹿」

「行って勝利の女神になってこい」

白金にキスされるのかと試されてしまういちご。無断外泊で空腹だったためお腹が鳴ってしまい、赤坂のサンドイッチを渡される。大気汚染を食い止めるにはミュウアクアを使うしか方法はない。いちごは走りながらサンドイッチを食べるのだが、これホットドックじゃない?

ザクロスピュアで攻撃するがスタミナが切れてしまい大ダメージを与えることができない。連携攻撃で浄化を続けていた。みんないちごが必ず来ると信じていた。

ミュウミュウじゃなかったら危険なことをしなくてもいいし、青山と一緒にいる時間もできる。だが、ミュウミュウにならなかったら、みんなに出会えなかった。命の大切さを知り、青山だけではなくみんなのことも大事であると、世界を壊されるのを黙って見ていられないといちごは走る。

イチゴが到着しカマキリを浄化するのだが、後方からカマキリが出現しミントが浄化する。

「来て早々手間を妬かせないでくれませんこと?」

「たっぷりきっちりと地球の未来にご奉仕するにゃん♡」

次回「雨と涙」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)