CLANNAD15話感想「困った問題」かわいい春原芽衣が登場!

伊吹風子と一ノ瀬ことみの章がひと段落して、やっと渚の物語に戻ってきました。春原は渚に協力しようと演劇部に名前を貸すことにしたが、先に杏たちが協力することになり春原は思いっきり転びダンボールに激突する。みんなで放置する冷たいな。今回から制服が夏服に変わりましたね。

顧問のお願いをするために幸村先生のとこにやってきたが、2年生の仁科りえに話しをしてくれと言われた。どうやら顧問の掛け持ちができないみたいです。幸村先生は元々演劇部の顧問だったが仁科たちが合唱部を作りたいので顧問になってとお願いしていた。音楽の先生は吹奏楽部の顧問をしているので余裕がないみたいです。合唱部も吹奏楽部も一緒のような気がしますが違うのですね。仁科さんはことみにヴァイオリンを貸してくれた優しい生徒だった。

スポンサーリンク

朋也は春原の寮に遊びに来ていたが、春原はまだ帰っていなかった。すると美佐枝さんが妹から電話がきたから朋也に出るようにお願いされる。きっと妖怪みたいなのだと思いふざけて電話の応対をする。

「え?何?もしもし今のお兄ちゃん?明後日そっちに行こうと思うんだけど、お土産は何がいい?」

この声は田村ゆかりさんではありませんか?キャラクターはまだ登場しませんが声だけ聞けた。めっちゃかわいい声!!明後日に寮に来るみたいですね。

翌日、朋也と春原は渚の手紙を見てるのを目撃する。内容は「演劇部は諦めろ!さもないと痛い目に遭うぞ!」机に入っていたようだ。犯人は合唱部だと言い切る春原だが渚は「あの子たちはそんなことしないです。みんなで歌をうたおうとしてるんです。そんなことするはずがないです!」と反論する。春原は放課後までに調べると行動開始する。

CLANNAD15話感想「困った問題」古河渚

放課後に春原が合唱部の杉坂を呼び出した。3年の教室に入って行ったのを目撃したとの情報を入手したのである。こういったことだと春原は役に立いますね。

「手紙を出したのは私一人の考えですから、仁科さんたちには関係ないです。悪いのは私だけです。お願いですりえちゃんの邪魔しないでください」

CLANNAD15話感想「困った問題」杉坂

渚は事情を説明してもらった。仁科りえは小さい頃からヴァイオリンを弾いていてコンクールでもいい成績を認めてもらっていた。留学をしようとしていた直前に事故に遭い握力が弱くなってしまい上手に弾けなくなってしまった。だから合唱部を作ろうとしていた。ヴァイオリンはできなくても歌だけならと。

春原が激怒する!「そんな奴の言うことを聞くな!そんなふうに人の同情を誘おうとする奴は卑怯者だ!そんなハンデでひいきされたいだなんて考えが甘すぎるんだよ!渚ちゃんは悪くない!さっきのコイツの言葉は忘れろ!」

CLANNAD15話感想「困った問題」春原陽平

「もう知ってしまいました。合唱部の人たちは本気で音楽を頑張ろうとしているのに演劇部は・・・諦めます。だから仁科さんたちと素敵な合唱部を作ってください」

スポンサーリンク

春原のこんなに怒った姿は始めてみましたね。確かに杉坂の言葉に同情してしまいますが、春原の意見も正しいと思います。かわいそうだとか思わせて気を引くのは卑怯だし、すぐ泣いて同情ひかせようとするのも好きじゃない。

春原も朋也と一緒でスポーツ推薦で高校に入学できたがサッカー部での上下関係が気にいらなくて退部させられたみたいです。夢を諦めたのは一緒でその境遇にあまえるのは許せなかったみたい。

「岡崎さんとても楽しかったです。今まで頑張ることができて、演劇部は再建できなかったですけど、もっと大切なもの見つけることができました。こんな私でもここまで頑張ってこれたのは岡崎さんのおかげです。」

CLANNAD15話感想「困った問題」朋也と渚

「俺は何もしてないよ。お前が強くなったんだよ。あの坂で悩んでいた頃よりさ。不器用で泣き虫でもここまで頑張ってきた。だから強くなれたんだ」

「岡崎さんがいなかったら私何もできませんでした」

渚は背を向けて泣き出すと朋也はそっ肩に手を置く。この二人のシーンが感動していると思ったら杏ちゃんが飛び込んできた。邪魔しにきたのか?

「こらー!合唱部の泣き落としに負けて、幸村先生をゆずっちゃったんですって?あんたどうしてそうなのよ!人に遠慮ばっかしてたら夢なんか叶えられないわよ?」

朋也は春原を連れて宮沢の図書室へ行く。とっておきの星座占いをしてもらいます。「ラッキーカラーはオレンジ色ラッキーワードはバスケットボール。真剣な姿勢をみせることで周りの人は感動します」春原は何か思いついて飛び出す。

CLANNAD15話感想「困った問題」宮沢有紀寧

帰りに智代が柔道部に加入するようにしつこくされていた。すると風子が参上した。「坂上さんはお姉ちゃんの結婚式に出てくれました。今度は風子がお役に立つ番です。あらゆる敵をなぎ倒す必殺技ヒトデヒートをお見せする時がきたようです。ああああ!そちらの受動部の方も結婚式に出てくださった人です。風子どちらかに肩入れすることはできません」風子はなんのために登場したんだろうか?

朋也が睨みつけてその場を乗り切った。「行くぞ智代」と手を引っ張ってあげました。優しいな朋也君は。「お前結構いい奴だったんだな」と智代の好感度がUP!智代は生徒会選挙に出ようとしていた。

CLANNAD15話感想「困った問題」春原陽平

春原はバスケ部と試合をして合唱部の奴らが感動して顧問をゆずってくれる作戦を計画していた。春原が他人のために頑張ることはなかったが今回が始めて!

渚を連れて逃げ出す朋也は本当のことを話す。

「バスケの練習は口実で春原は俺のことを好きなんだ!俺のことを好きなんだ愛しているんだ!」

CLANNAD15話感想「困った問題」古河渚

このビックリする渚が早苗さんと一緒ですよね?すると渚がものすごい発言をしています。

「僕と岡崎がなかよしなのは知ってるでしょ?」

「なかよしでも踏み越えてはいけない一閃があると思います」

「岡崎がどうしても必要なんだ!岡崎じゃなきゃダメなんだよ!」

「ダメですだって岡崎さんは私の恋人ですから」

「お前らいつの間にバカヤロー!」

「すみません岡崎さんを守らまければと思いとんでもない嘘を」

「あのすみません今走って行ったの春原陽平じゃありませんでしたか?」

CLANNAD15話感想「困った問題」春原芽衣かわいい

春原の妹の春原芽衣が現れました。めっちゃかわいい。春原がどうしても岡崎が必要なんだよ岡崎じゃなきゃ

CLANNAD15話感想「困った問題」春原芽衣かわいい

次回「3on3」

前回「Theory of Everything」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください