仮面ライダーカブト7話「2号新登場 」ザビーに変身する矢車の使命

仮面ライダーザビー
スポンサーリンク



仮面ライダーザビー

仮面ライダーザビー

ZECT本部の精鋭部隊シャドウが率いるリーダー矢車想が新たなライダーザビーの資格者に選ばれた。「戦闘で重要なのはパーフェクトハーモニー完全調和だ。スタンドプレーはチームの調和を乱す。チームの勝利無くして本当の勝利はない!」と1人でワームに立ち向かった加賀美を指導する。

ZECT本部の指示でザビーの重要な任務はカブトを倒すことだった。

天道VS矢車の料理対決

仮面ライダーカブト天道VS矢車

天道は樹花の夕食は湯豆腐と冷奴にしよう豆腐屋にやってくる。残りひとつしかない絹ごし豆腐をめぐり料理対決をすることになった。場所はサラで審判はひよりが行うことになった。

「俺のかわいい部下に食べさせてやりたいんだが」

「俺のかわいい妹が楽しみにしている」

「互いの大切な者のために公平に分けよう」

「おばあちゃんが言っていたよ。二頭追う者は二頭とも取れって」

「なんなんだ君は?」

「天の道を行き全てを司る男」

「君に天を語るくらいの器があるのか?」

「器ならあるお前のよりでかい」

天道は中華風冷奴で、矢車は麻婆豆腐を作った。勝利したのは矢車だった。何故麻婆豆腐を選んだのか?ひよりは温かい料理が好きだったからだ。ZECTはワームの襲っている人間に特徴がないか調査して、行動パターンを見つけ出した。加賀美は天道にこれ以上関わらないように伝えるが、「ザビーに選ばれたのは調和とかが好きなやつじゃないのか?」と鋭い。

スポンサーリンク

カブトVSザビー

ワームが狙っているのは結婚式の人間だったが、天道は「ワームがそんなピンポイントを狙うか?」と疑問に思った。白い服を着た人間を狙っていたのに気が付いた。カブトとザビーはワームの集団と戦闘になる。

「カブト、クロップアップでワームを一掃する!」

「いいだろう」

ザビーはライダースティングでワームを倒すがもう一体逃走してしまった。

仮面ライダーザビーライダースティング

「我々は人類の平和の為にワームと戦っている。君も行動を共にしてほしい」

「俺は天の道を行く」

「君が組織に逆らうなら、我々がすべきことはひとつだ。カブトを倒す。それが俺の使命だ!」

次回「怒れる豆腐」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください