仮面ライダーカブト8話「怒れる豆腐」矢車の完全調和が壊れる時

仮面ライダー矢車想

カブトVSザビー

仮面ライダーカブトVSザビー

カブトが協力を拒否したことにザビーが攻撃を仕掛ける。しかし戦わない道を選んだ天道はZECTの影山を負傷させて戦いを終わらせる。

「何故戦わない?本部は君を敵とみなした」

「戦う理由がない。お前はその指示に従うだけか?」

影山を病院に搬送してカブトを倒すことより部下の心配をする矢車はかなり優しいですね。本部の三島から「甘いんじゃないのか?部下に気を取られてカブトを取り逃がすとは」「部下の命を守るということはチームの命を守るということと同じなんです!」次は必ず実行するようにきつく言われます。

スポンサーリンク

新聞で成分不明の猛毒を浴びて医師が死亡した記事を見つけた天道は、あの時のワームだと推測する。樹花の要望でひよりに豆腐のフルコースをごちそうすることになった。

加賀美は田所に矢車の部隊に所属して学びたいと頑張る。「人間は1人で強くはなれるわけじゃない。我々シャドウは甘くないぞ!」と入隊を許可されました。影山のお見舞いにやってくるとチームの足を引っ張ってしまったことを謝罪される。加賀美を紹介すると「この生意気坊主が!」と険悪そうにしている。矢車は影山に麻婆豆腐を作ってやると約束した。

完全調和

仮面ライダー矢車想
  1. スタンドプレーを許さない。
  2. 仲間同士助け合い、絶えずチーム全体のことを考えて行動する。
  3. そうすることで1の力を2にも3にも時には10以上にすることもできる。それがチーム全体の完全調和パーフェクトハーモニーだ。

三島から連絡があり、ワームが現れているとの情報が入ってきた。「戦いを避けるためとっさに嘘をついた」と勘違いしていた矢車の表情に変化が表れた。自分の思い通りに行かなかったことに怒りを抑えきれずに携帯電話を握る。

豆腐を買いにやってくると全て天道が買い占めて売り切れだった。「案外器の小さな男だ。この間俺に負けた腹いせか?」店主によると豆腐パーティーすると楽しそうだった。呼ばれてないの?寂しいねと冷やかされて表情が曇る。

加賀美は「矢車さんがいればお前の力は必要ない。俺の仲間を傷つけるようなことがあったら俺はお前を許さない!」豆腐を分けてあげようかと思ったが、矢車には分けてあげるのは嫌なようだ。

スポンサーリンク

結婚式場で白い服を狙ったワームが出現して、誰かに擬態していると操作を開始する。「我々シャドウの警備は完璧ワームが忍び込む隙はない」と自信があるようだが侵入されていた。結婚式場の中から聞いたことのある声が聞こえてきた。

仮面ライダーカブト天道総司

「おばあちゃんはこうも言いました。汝、天の道を行き全てを司るべし、何が完璧な警備だ?招かれざる客がもう1人入り込んでいるぞ」

聖歌隊の1人がワームに擬態していたのだ。毒液を回避しながらライダーキックで撃破する。

怒れる豆腐

仮面ライダーカブト天道VS矢車

 

自分の予想を超えて完璧だと思っていた警備をすり抜け、天道に指摘されてワームが倒される。怒りが抑え込むことができず手を握り凶変する矢車。サラで天道が矢車に豆腐を渡そうとする「これ取っておいたぞ入院している部下とやらに食べさせてやれ!」器を叩き豆腐が崩れてしまった。完璧で仲間想いで冷静な矢車がここまで怒り狂うとは。

 

「どうしてもやると言うのか?」

「らいだーはふたりもいらないカブトは俺が倒す」

「星がどれだけ輝いても太陽にはかなわんぞ!」

「太陽は俺だ!」

次回「蜂の乱心」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください