ドキドキプリキュア41話感想「ありすの夢!花がつないだともだち」

四葉ありす




ドキドキプリキュア41話「ありすの夢!花がつないだともだち」の感想です。ありすは小学校の頃からずっと園芸部に所属していて花の世話をしていました。夢はお花屋さんになることでしたが、四葉財閥を引き継ぐため、夢は叶えられなくなってしまいました。マナはありすの夢を叶えてあげようと考える。

ありすの夢!花がつないだともだち

相田マナ四葉ありす

フリーマーケットに参加してありすのお花屋さんを出店するのでした。コスモスにゼラニウムにシクラメンを準備するのだが、高らかな笑い声をあげて麗奈が登場しました。超巨大なビニールハウスで育てた超高級花セレブを出店させて参加していた。亜久里は初対面だったので名前を尋ねると自己紹介をする。

「どこのお猿さんが迷い込んだと思ったらありすさんのお友達でしたのね」

「出た!」

「どなたですの?」

ドキドキプリキュア四葉ありす

六花は面倒そうな顔をしているのだが、麗奈はありすに嫌がらせしようと考えるのだが、ありすは一緒にお花屋さんをできて喜んでいた。せっかくお客さんがきたのだが麗奈が高級なバラを進めて客を奪う。六花も亜久里も不快に思っているのだが、ありすは綺麗な花を感心していた。

「あんな高価な花を激安で売るなんて」

「やる口が卑怯ですわ」

「流石麗奈さんです。いつ見ても本当に綺麗な花たちですわ」

四葉ありすレジーナ

元気のないおじさんが通りかかるとありすが声をかける。ありすの笑顔に引かれてコスモスの花を取る。元気に咲いている花を見て気持ちが落ち着いたのか購入していった。「ありがとう」と感謝され喜んでいたありす。マナはレジーナにも花を贈りたいと考えているとレジーナが現れ、自分よりも美しいものは許せないと姿を消す。

「ありす本当のお花屋さんみたいだったよ」

「本当ですか?うれしいですわ」

「お花屋さんって花と一緒に愛も届けてるのかもね」

ラジコンで遊ぼうとしていた学生のプシュケーを奪い、花や植物が全てに枯れてしまった。闇の鼓動を感じることができず付近にジコチューの姿はなかった。ありすは小さい芽が残っていることを発見し、麗奈と一緒に応急処置を行う。根を水で綺麗に洗い枯れていない根だけを残す。新しい土に植え替えて水を与える。

「なんでなの?いつも意地悪する私になんで?」

「この応急処置の仕方は麗奈さんが教えてくれたことですわ。麗奈さんがたくさんの愛情を注いでいるのを知っています。初めて出会ったその時から…」

回想が始まります。幼いありすと麗奈は出会い花を見ていた。麗奈は自分を美しく飾ってくれる花を大事に育てていた。ありすのガザニアが枯れそうになっていて対処法が分からなかった。すると麗奈は応急処置を教えてくれた。麗奈は昔からありすとお友達になりたかったのだが、気を引くためにいつも意地悪ばかりしていた。それなのにありすは既に麗奈のことをお友達だと思っていた。

「あの時から麗奈さんは私の大切なお友達ですわ」

「お友達?何を馬鹿なことを…」

ロゼッタVSレジーナ

キュアロゼッタレジーナ

セバスチャンの調査で、四葉の人工衛星にて成層圏にジコチューとレジーナを確認。ジャネジーを発射して植物を枯らしていることを知ったありすは飛行機に乗り宇宙へ出撃する。1人しか乗れないためマナ達は地球で待機していることになる。ありすは飛行機の操縦をどこで覚えたのだろうか?なんでもできるお嬢様である。

キュアロゼッタに変身して初の宇宙戦。レジーナを説得しようとするのだが失敗する。宇宙空間で自由に動き回るレジーナ強い。ロゼッタは攻撃を受けて地球へ落下するが諦めていなかった。羽が生えてエンジェルモードになると、そこにはハート達の姿があった。どうやって宇宙までやってきたのか?

「花を枯らすのは止めてください」

「やーだよ!人間て花を見ると元気になるでしょ?」

「何故だか分かりますか?そこに命があるからです!レジーナさんの中には美しいものを素直に美しいと感じる心があるはずです。受け取って下さいこの愛を!そこに命がある限り諦めてはいけません!」

マナは麗奈にプリキュアだと説明して協力してくれた。財閥のお嬢様は飛行機に乗せて運んできてくれたのだ。涙を流してこれまでしてきたことを反省し素直になれました。麗奈も操縦できるとは金持ちはなんでもあり。

「これまで意地悪をしてきたのはお友達になりたかったから、あなたは既に私を友達だと思ってくれていた」

「初めて会った時から」

「あたしねそういう友達ごっこ一番むかつくの」

レジーナはマナを呼び出し話をするのだが攻撃を仕掛けてくる。ロゼッタリフレクションで防ぎ、エースはレジーナに攻撃するが反撃され、ジコチューは根の土を粉砕しプリキュアに全体ダメージを与える。地球に種を発射し植物を全滅させようとするが、ロゼッタは自分の生命エネルギーを使用し守ろうとする。

「私は負けません!花は人々を笑顔にします。マナちゃんや麗奈さんたちは私にとって花と同じ、私にできることは全力でその花を守り抜くことです。そしてレジーナさんも守る花の一つなのです。コスモスの花ことばを贈ります。乙女の純真!本当のあなたは純真で愛に溢れています」

レジーナはロゼッタの言葉に動揺しジコチューが弱体化する。合体技プリキュアロイヤルラブリーストレートフラッシュで浄化に成功する。地球に戻ったありすと麗奈はお互いに花を交換するのでした。これまで漠然に会社を引き継ぐと考えていたのだが、か弱き花は人を笑顔にする。そのためには偉大な愛が必要であることを学び、四葉財閥を大きく育てていくことを誓うのでした。これがありすの新しい夢である。

次回「みんなで祝おう!はじめての誕生日!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)