ドキドキプリキュア46話感想「エースとレジーナ!誕生の真実!」

レジーナ




ドキドキプリキュア46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」の感想です。亜久里はエターナルゴールデンクラウンの影響で全ての真実を知り、ジョーと真琴と共にトランプ王国へ向かい、レジーナとの決着をつけようとしていた。二つの神器がぶつかり建物が倒壊し互いに消耗した瞬間、ベールがジコチュー軍団を率いて二人を倒して神器を奪い取ろうとする。そこへキュアハート、ダイヤモンド、ロゼッタがラブリーパッドの力を借りて駆けつける。

トランプ王国の悲劇

レジーナキュアエース

「私と彼女は元は一つの命アン王女から生まれた光と影なのです」

「そんなこと言って惑わせようとしても無駄よ!あなたを見てるとムカムカするんだから!」

「それはあなた自身を見ているからです。真実を知る勇気があるのならお見せしましょう」

エースの衝撃発言で全員が疑問に思い、レジーナにエターナルゴールデンクラウンを渡し王国の記憶を見た。ハート達も手を繋いで真実を知ることになった。回想が始まり平和だったトランプ王国で国王に抱かれたアン王女の姿があった。王妃は出産で命を落としてしまいました。

母の分まで生きろと愛情に包まれ成長していきました。剣術を習いレディとしての嗜みも学ぶようにと国王から言われる。この台詞は亜久里も言っていたが王女の記憶から受け継いだものだろう。

王女は謎の病に倒れてしまい現代の医学ではどうすることもできず、体力を消耗して命を落とすのも時間の問題だった。国王は神を恨みアンを助けることができず苦悩していた。王冠にある知識を解放すればもしかしたら救うことができるかもしれない。しかし、その王冠には伝説の戦士プリキュアが倒した闇が封じられていた。使用したら闇を解き放ってしまうことになる。

「神よ…あなたは妻だけでは飽き足らず娘までも奪おうというのか?」

「一つだけ手がありますエターナルゴールデンクラウンです」

「これを使えばアンは助かる…闇が解き放たれたら平和に暮らしている民はどうなる?」

国王とキングジコチュー

王女王様

国王は王妃の言葉を思い出し、王女を助けるか?国民を犠牲にするか?究極の選択肢を選ばねばならなかった。闇と手を結んでもアンは喜ばないと分かっていたが、このまま何もせず娘が失われるが父として辛かった。国王のプシュケーは闇に染まり剣で氷を打ち砕いた。アンの命を救う選択を選び、王冠の知識を得て闇を解放した。

「アンが死んでしまったら世界も終わったも同じ、アンさえ助かれば世界など、どうなっても構わない!」

「最愛の娘を救うために禁忌を犯し、世界を破滅へと導く!これぞ正しく究極のジコチュー!貴様こそ私の器にふさわしい」

アンの病は感知したのだが、闇が国王の体に憑依して城から海に落下しキングジコチューへ姿を変えた。国王の声を聞いた瞬間にキングジコチューになったのだろうと思いましたが、その通りでした。ジコチュートリオやリーヴァ、グーラなど幹部が数人いたのだろう。王国は一気にジコチュー軍団に支配され、プリキュア達も戦ったがソードと王女を残し倒されてしまった。

「この世に愛など必要ない。愛などくだらんものがあるから苦しむのだぁぁ」

「私の命を救ってくださったのはお父様の愛です!」

「我が名はキングジコチューこの世の全てを破壊するのだぁぁ」

エースとレジーナ!誕生の真実!

キングジコチュー王女

王女はミラクルドラゴングレイブを使いキングジコチューを石化して鏡の中に逃走するのだが、ベールに追跡されソードを逃すために時間を稼ぐ。倒すことができなかったのは自分の命を救ってくれた父だから、国民を守るための王族であるが父を助けたいという想い。図星を突かれてしまい王女のプシュケーが黒に染まる。

「何故キングジコチューにとどめをささなかった?三種の神器の力さえあれば完全に消し去ることもできたはずだ…そうか…お前父親だから消せなかったんだな?自分勝手な奴め。国民を守る王族が国民を犠牲にして肉親を守るとは流石親子…揃いも揃って最悪のジコチューだ!」

「父から受け取った愛。世界中の人々の笑顔を守る愛。ジコチューと愛は憑依一体。そのどちらを選べばいいのか?私には答えを出せません。世界の行く末をこの二つのプシュケーから生まれしものの戦いに託します」

ベール王女

王女はジコチューになる瞬間にプシュケーを半分に割り、1つはキングジコチューの元でレジーナとなり、1つは茉莉の元に円亜久里として、肉体は卵となり人間界でアイちゃんになった。エターナルゴールデンクラウンとミラクルドラゴングレイブをレジーナが使えること、ロイヤルクリスタルを手に入れようとしたこと、パパとの思い出がなかったこと、全ての謎が明らかになりました。

「パパは世界を滅ぼそうとしてでも娘のあたしを救い出そうとしてくれた。そんなに大きな愛を貰ったことある?地球とか宇宙とかそんなものより大きな愛を貰ったことある?そんなあたしがパパを捨てるわけない!あたしは最後までパパのために戦う!」

「私には王族としても責任があります。レジーナとキングジコチューを倒さない限り、トランプ王国の復活はありません!」

「答えは出てないけど、私達のありったけの想いを全力でぶつけるしかない!この世界はあたし達が守る!」

円亜久里相田マナ

マナは亜久里とレジーナを戦わせず解決の方法を見つけようとするのだが、レジーナは涙を流し瞳とリボンの色が変わった。そして槍を持ちパパのために戦おうと決意する。遂にキングジコチューが復活し人間界へと進行するのだった。キングジコチューを止めるためマナ達は最後の変身をする。

次回「キュアハートの決意!まもりたい約束!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)