太陽の勇者ファイバード21話「アメリカを奪還せよ」ガードウイング登場

ファイバード
スポンサーリンク



太陽の勇者ファイバード21話「アメリカを奪還せよ」の感想です。アメリカ国民がドライアスの奴隷とされ宇宙警備隊は退却を余儀なくされた。大量生産されたテシターを相手にどう戦うのか?ケンタがテシターを1体捕獲し弱点を見つけようとする。火鳥は新しい宇宙警備隊の仲間に連絡をするのだった。

デビルの塔

ドライアスドライアス

捕まってしまった佐津田と美子たちは神殿のような建物を作る奴隷として働かされそうとしていた。女性が倒れると高熱で働けるような状況ではなかった。人間共の苦しみがドライアスの喜びで建設しようとしているのはデビルの塔で、マイナスエネルギーを集合させ真の宇宙皇帝となろうとしていた。

「お前たちの苦しみが私のエネルギーとなるのだ」

天野博士はテシターの中枢回路を破壊する方法を見つけだした。強力な太陽エネルギーを浴びせることでオーバーヒートし一気に逆転させる。テシター壊滅光線を開発しているが2時間かかる。壊滅光線をアメリカの上空に設置する計画を立て新しい仲間に協力してもらうことになった。火鳥たち宇宙警備隊は全員で出動しドライアスの足止めをしようと考えた。

ジャンゴの提案で犯行する人間を見せしめに処刑しようと考えた。大統領も含めモモコまで連れてこられてしまった。そこへ宇宙警備隊が駆けつけるが、奴隷になってる人々が人質となり動きを封じられてしまった。宇宙警備隊の仲間ガードウイングが到着するが、ものすごく態度が悪くケンタとハルカと喧嘩になる。自分の意見をはっきり言うハルカにいつも感心する。

「なんだチビ俺になんかようか?ファイバードはどうしたチビ」

「あんた宇宙警備隊なんでしょ?ずいぶん遅かったじゃない?」

「他に片づける仕事があったんでね?」

ジャンゴ

宇宙でテシター壊滅光線発射準備でソーラーパネルにエネルギーが溜まる。テシターが次々に倒れて工場が誘爆する。ジャンゴはモモコに馬乗りにされてボコボコにされる。

ガードウイング

ガードウイングガードウイング

ガードウイングの援護により反撃開始する宇宙警備隊。ファイバードはドライアスと剣を交え、ガードウイングは空中戦を仕掛けシュラのメカをデビルの塔に落下させガーディオン必殺のガードブラスターで破壊する。デビルの塔が崩壊し計画が失敗に終わる。

「残念だったなドライアス。何を企んでいたのかは知らないが貴様の野望はこれで終わりだ!」

「何してんだ?こんな奴さっさと片付けちまえ!」

「ファイバードこの借りは必ず返す」

デビルの塔建設が失敗しテシターも全滅し逆転されてしまった。ゾルが足止めしドライアスはジャンゴは助けて退却する。

「俺が必要な時はいつでも呼んでくれじゃーな!」

ガードウイングはものすごく態度がデカいが飛行能力あり、機動性も攻撃力も重視しているため他のガードチームと比較すると強そうに見える。

次回「ガードウイング危機一髪」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)