魔法少女リリカルなのはStrikers6話感想「進展」ジュエルシード

高町なのは




魔法少女リリカルなのはStreikers6話「進展」の感想です。リインフォースの近況報告から始まり、起動六課の初出動からレリックは中央ラボにて調査中である。ヴィータも訓練に参加してフォワードメンバーを鍛え始めるのだった。

訓練

ヴィータフェイト

ヴィータはスバルと同じポジションでフロントアタッカー。単独で斬り込み最前線で防衛ラインを守るのが役割。受け止めるバリア系。弾いて逸らすシールド系。身にまとって自分を守るフィールド系を解説する。

フェイトは頑丈じゃないエリオとキャロに反応と回避が最重要だと教える。動き回って当たらせず攻撃が当たる位置にいないこと。ガードウイングのエリオはどんな位置からで攻撃とサポートができるように。フルバックのキャロは素早く動いて仲間の支援をできるように。低速で確実にできるようになったらスピードを上げていく。フェイトはブリッツスラッシュで高速移動を見せる。フェイトは優しいお姉さんになった。

高町なのはティアナ

なのはは自分と同じセンターガードのティアナを鍛えまくる。「そうやって動いちゃうと後が続かない。足を止めて視野を広く、射撃型の神髄はあらゆる相手に正確な弾丸をセレクトして命中させる。判断速度と命中精度!チームの中央に立って誰より早く中央距離を制する。それがセンターガードの務めだよ」最初は攻撃を回避していたのだが回避しないで攻撃を相殺させることを学ばせる。なのは厳しいがティアナが分かってくれた時のなのはの笑顔がうれしさに満ちている。

ランチタイム

キャロスバル

午前の訓練が終了しランチタイムになり、はやてはゲンヤ・ナカジマとギンガ・ナカジマ相談があると言うことで出掛ける。一応車の免許を持っているようだ。第97管理外世界地球でなのはとはやての世界でありフェイトも少しだけ暮していたこと、スバルのご先祖も地球出身であるそうだ。エリオが何処出身なのか話を進めると、スバルだけ知らなかったようだが管理局本局の特別保護育ちで8歳まで暮らしていて、その頃からフェイトに世話になっていたのだ。

フェイトは自分の過去のこともあり孤独な子供の面倒を見ていた。「自分も優しくしてくれる温かい手に救ってもらったから」これはもちろん高町なのはのことである。それにしてもパスタの量が何人前なのだろうか?

八神はやてギンガ

陸士108部隊のゲンヤとギンガに会いに来たはやては、密輸ルートのことは本局ではなく地上部隊の方が良く知っているということで捜査を依頼した。起動六課に協力してくれることで新しいデバイスをリインが準備し、フェイトと一緒に仕事ができると聞いてギンガは喜ぶ。空港火災の時の知り合ったこの二人だが、今後どのようなチームワークになるのか楽しみだ。

ジュエルシード

ジュエルシードフェイト

フェイトとシャーリーは前回倒した新型ガジェットⅢの残骸データを見ていた。そこでフェイトは内部に使用されていたのはジュエルシードだと気が付いた。局の保管庫で保管されていたロストロギアが何故使用されているのか?近くにドクタージェイル・スカリエッティと名前が書いてあった。

その人物はロストロギアなどに関わっていた一級捜索指定次元犯罪者で、フェイトが数年前から追っていた。なのはとフェイトがこの事件に関わっていると知っていて、自分の名前を知らせたのは挑発の可能性あり。生命操作や生体改造に異常な技術を持っていてガジェットまで作りレリックを捜し求めるのには大きな事件を起こそうとしていると察するフェイト。

ジュエルシードは高エネルギー魔力の結晶体であり、生き物にも融合し巨大化させたり凶暴化させたりすることができる。大量に発動させることで次元震を発生させ世界が崩壊する可能性がある危険な遺失物。1期のリリカルなのはで、本来ユーノが探していたのだが、なのはと出会いフェイトと取り合いになるのだった。

魔法少女リリカルなのは

なのはとヴィータ

ヴィータ高町なのは

フォワードメンバーは午後の訓練も終了しクタクタに疲れている。訓練は厳しいが普段は優しくしていて、ヴィータとなのはが新人教育を受けた時は歩き方と挨拶まで口うるさかったようだ。

「細かいことで叱ったり怒鳴りつけてる暇があったら、模擬戦で徹底的にうちのめしてあげる方が教えられる側は学ぶことが多いって、強くなりたいって想ってる魔導師たちに今よりハイレベルは技術を教えて導いてあげる」

なのははヴィータも教えてあげることを褒めて頭をナデナデする。身長は全然伸びていないようだが口の聞き方は少し良くなったようだ。フォワードメンバーは自分たちがどれだけ幸せなのか?なのはに守ってもらっている自覚がないようで、気が付くのには少し時間がかかりそうだ。

「あたしはスターズの副隊長だからなお前のことは、あたしが守ってやる!」

この言葉にはどんな想いが詰まっているのだろうか?

次回「ホテル・アグスタ」

魔法少女リリカルなのはStrikerS Blu-ray BOX好評発売中




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)