勇者警察ジェイデッカー39話「マシンの魂」藤堂とガンマックス

藤堂
スポンサーリンク



勇者警察ジェイデッカー39話「マシンの魂」の感想です。放送日11月12日。高級車やスポーツカーを狙った闇の自動車ブローカーが事件を起こしていた。デッカードと勇太はトレーラーを追跡中にコンテナを分離し襲い掛かってきた。ガンマックスはガンバイクを正面から衝突させて破壊に成功するがガンバイクは壊れてしまった。

マシンの魂

ガンマックス

藤堂はガンバイクを簡単に壊してケロっとしているガンマックスを良く思っていなかった。

「おやっさん直すのもいいけどよ、そろそろ新車も卸してくれよ!」

捜査方針を変えるためブレイブポリスが囮になるようにするが、犯人が欲しがる車ではなかった。冴島は藤堂に協力をお願いして囮捜査をすることにした。藤堂は半世紀以上前の車で解隊屋で見つけて修理していた。気まぐれで動かなくなったりする。

「ただの故障じゃないのか?超AIがない車が怒ったりするかよ?」

トレーラーが現れ事故を起こしながら藤堂を捕まえようとする。ジェイデッカーとデュークファイヤーが倒されてしまうが、このロボットはチーフテンよりも強いのか?ガンマックスは銃口を向けるとミサイルの集中砲火を浴びて吹き飛んでしまう。ガンバイクも破壊され藤堂は車ごと捕まってしまった。

スポンサーリンク

円枢寺靖子

円枢寺靖子

藤堂が目を覚ますと昔の高級車がたくさんあり、ボンネットを開けると整備がされていないのがほとんどだった。犯人の靖子は藤堂を人質にブレイブポリスへ高級車と交換するための脅迫メールを送った。声優は勇者特急マイトガインのカトリーヌ・ビトンだ。

デッカードとデュークの修理が進むがガンバイクは前日の修理で予備のパーツを使ってしまっため部品がなかった。犯人の所在地が判明しガンマックスが飛び出す。

藤堂は高級車を修理して動くようにしていると、銃で車を撃つ。

「機械の心が分からねー奴に機械の美しさを語る資格はねー!」

「お客も買っても乗るわけじゃなく飾るだけよ!」

ガンマックス

藤堂は自分の車を撃たれそうになり身を盾にして守る。その姿を見ていたガンマックスが飛び出すとロボットにフルボッコにされる。

「おやっさんアイツを連れて早く逃げろ!」

藤堂は出入り口から逃走しようとするが車がエンストしてしまう。

「逃げたくないのか?お前まさかアイツを助けたいのか?」

車のエンジンが動き藤堂はトレーラーにぶつけようとする。トレーラーは急ハンドルを切り横転する。藤堂の車は壁に激突し破損してしまう。ファイヤージェイデッカーが駆けつけ、ガンバイクの修理も完了した。マックスキャノンで撃破を事件が解決した。

ファイヤージェイデッカー

「お前の息子だ何があろうと必ず直してやる!」

車の修理をして藤堂はガンマックスと共に帰るのだった。

「俺達もあんなふうになれるかな?相棒!」

次回「ブレイブポリス解散」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)